別れに涙、したことがない。

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。
なかなかブログが書けません。
PCの前に座ることも億劫です。

今日はハードルを超下げて、ただ書いてみようと思います。
人に読ませようとかじゃなくて、ただ書く。

あと2日で、この仕事も終わりです。
毎日何かしらが「人生で最後かもしれないなぁ~今」とか思っています。
大げさかもしれないけれど、取るに足らないようなことでも、最後だと思うとしみじみする。

毎日誰かしらと「お世話になりました」と言い合っている。
職場を去る、というのは異動も含めればこれで何回目だろうか。
私は職場を去るとか、少し歴史をさかのぼると「学校を卒業する」とかいう場面で悲しいと思ったことがない。
寂しいとは思うけれど、こみ上げる思いとかない。
なんでみんな泣いてるんだろう・・とか不思議に思うタイプだ。
割と涙もろいほうで、映画とかテレビとかで泣いちゃうタイプなのに、実生活の別れという場面では泣いたことがない。

・・・ないのか、ないようにしているのか、と今日一人で自分の引き出しの整理をしながら思った。
心がフリーズしているのだろうか?
それとも単に「別にまた会えるじゃん」と思っているからだろうか。
それともそんなに親しみを感じていない・・ビジネスフレンドリーなんだろうか。

いつもと本当に変わらない感じで、おつかれさま~って感じの私。
それでいいのかなぁ。
それが私なのかなぁ。

前の職場の人達と、また会っているかというと、本当に一握り。
(前回病んでいるときに、傷つけてしまって相方は仲良くしているけれど、私はもう一切接触でいないひともいる)

いや、ほとんどが連絡もとってない。
そもそも、職場の人たちと連絡先を交換すること基本的にはしない。
別れのタイミングでも交換することもないから、9割方出会うこともない。

去った職場を訪ねることもほとんどしない。
物理的に距離が遠くなることもあるし、心理的な距離感がある職場も多かった。
2店舗はフランチャイズに譲渡されて、なんかもう・・なことになったのもしっていて、悲しくなるだけだからいかないことにしている。

「またすぐ来てくださいね」とありがたいことに、今の職場はみんながいってくれてるけれど、
自分がいなくなってチームワークができつつあるところに、波風起こすのもよくない。
特にうちの店は、店長とスタッフの信頼関係が微妙なのだ。
そして、後輩も来月の半ばにはいなくなるといっているから、今でもてんやわんやなのに、もっと修羅場だろう。
いくとしても、鍵と制服の返却のみで終わりだろうと思う。

笑顔で別れたいとか、そういうことをモットーにしているわけではなく、ただいつも通り仕事をして、バイバイするだけ。
最初のほうにも書いたけれど、それは私の心がフリーズしているからなのか、それでもいいのか。

なんか、もやもやしている。

別れに涙、したことがない。
それでいいのか。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
The following two tabs change content below.
蒼(あおい)

蒼(あおい)

【真夜中のブロガー】 ●小さいころから自分が書いた文章で生きていきたいと思う会社員(接客業10年以上) ●実生活では本当の自分をだせず、ネット弁慶だったことから、大好きなblogで当時のファン友達を失うという大失敗を経て、それでもなお、文章で自分を表現すること、人に喜んでもらえるようなものを書きたいと挑戦中!! ●接客業を通しての仕事観、日々の雑感などを中心にほぼ毎日更新中。 ●夢は小さいころから変わらず本を出すこと!「何か語らないときっと後悔する」っていうサブタイトル通り、時代に爪痕を残せる人間になります!よろしくお願いします!! twitter:@yazumi_aoi