自分が忘れていた事にも、相手が感謝をしてくれていたことを知る幸せな夜

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。
日付が変わって、今日、いよいよ最終出勤日になりました。

昨日も書きましたが、毎日、スタッフとお別れをしていく感じです。
そのことを昨日はちょっともやもやしながら書きました。
でも、今日は心が温まる話を聞いたので、未来の自分のために書いておこうと思います。
いつか自分が落ち込むときのために。

自分が忘れていた事にも、相手が感謝をしてくれていたことを知ることができたのです。


恩義があるといわれてびっくり

1人のパートさんが、
「私は蒼さんに恩義があって、ちょっと嫌なことが続いても仕事を続けてたんですよ!」
というのです。

え、恩義?!

恩義なんていわれるほど、彼女にしたことがあったかしら?
いわれてびっくりしてしまった。

むしろ、彼女には感謝しかない。

週末の忙しい時間を抜群の笑顔とトークでお客様とコミュニケーションをとる。
え、知り合いの人?って思うぐらいお客様と笑顔で話せるのは彼女しかいない。

しかも週末の一番忙しい時間帯に働いてくれている。

週末に彼女がいないだけで、あぁ、フロアがいつもなら回るのに~~ってひーひーいってるぐらい。

それだけでなく、常に前向きで明るく笑顔を絶やさない性格で、みんなを楽しく働ける雰囲気を自然に作ってくれていた。

その彼女が私に恩義があるという。

何回思い返しても、「恩義なんて、そんなすごいことを言われるようなことをした覚えがない。

今日そのエピソードを教えてもらった

そのパートさんが今日、休みなのに私のためにわざわざ餞別のプレゼントを持ってきてくれた。
その時に、「恩義を感じた」というエピソードを聞くことができた。

「私がオープン前トレーニングで、別の子とちょっとニヤニヤしてる感じになっていて、トレーナーの方にすごい剣幕で怒られたんですよ。
その時に、蒼さんが間に入ってくれて、
『この二人は笑顔がステキだからお客様にもいい接客をしてくれると思います!』
ってかばってくれたんです。そのことをすごく感謝していて、嫌なことがあってやめようかな、って思っても蒼さんが困るだろうから、
って思って続けてきたんですよ!」

・・・・・全く覚えていない。
そのすごい剣幕で怒ったトレーナーの人、についても全く怒らない人で穏やかでいい人だなぁ~と思っていたくらいだ。
私の記憶にすらないことが、仕事を続ける理由になっていたとは。

あの日の私、グッジョブ!!
ありがとう!!
その行動が2年間、私を支えてくれる大切なパートさんを得ることができたんだよ!!

自分に心の底から感謝した。

未来の自分へ、自分を信じてこれからも、人と向き合っていこう

自分の言動が相手にどういう影響を与えるかなんて、わからない。
良かれと思って嫌われたりもするし、
今回のように記憶にもないような出来事に、相手が心を動かされることもある。

社会人経験10年、相手に好かれようとして無理を重ねてばかりいた。
顔色を窺って、好かれようとしまくったけどちっともうまくいかなかった。
心をすりへらして、心療内科に通ったこともあった。

でも、この話は私をとても励ましてくれた。
記憶にない、ということは、私は当たり前にそれをやったんじゃないか、と思うのだ。

その時の私が何を思って間に入って、彼女たちを擁護したのかはわからない。
やめられたら困ると思ってあせっただけかもしれないし、
本当に彼女たちがいい接客をしてくれると感じていたからかもしれないし。

理由はわからないけれど、当たり前にそうしたほうがいいと思ったんじゃないか。
だとしたら、もしかしたら私はそういうエピソードをたくさん積み重ねてるんじゃないか。

この数日、卒業していったスタッフが何人もきてくれた。
1人は得意のシフォンケーキを焼いて持ってきてくれた。
もう1人はお子さんを連れてきてくれた。

今働いてくれているスタッフたちも、「お世話になりました。」とみんな別れを惜しんでくれる。
他にも連絡先を交換したり、来月にディズニーにいくとか、ご飯を食べに行く約束をしたり。

いろんなお店にいたけれど、たくさん惜しんでもらえている。
幸せなことだ。
それは自分が当たり前だと思って接してきたことへの、大きなご褒美じゃないかと思う。

自分が忘れていた事にも、相手が感謝をしてくれていたことを知る夜。
こんな幸せな夜はない。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
The following two tabs change content below.
蒼(あおい)

蒼(あおい)

【真夜中のブロガー】 ●小さいころから自分が書いた文章で生きていきたいと思う会社員(接客業10年以上) ●実生活では本当の自分をだせず、ネット弁慶だったことから、大好きなblogで当時のファン友達を失うという大失敗を経て、それでもなお、文章で自分を表現すること、人に喜んでもらえるようなものを書きたいと挑戦中!! ●接客業を通しての仕事観、日々の雑感などを中心にほぼ毎日更新中。 ●夢は小さいころから変わらず本を出すこと!「何か語らないときっと後悔する」っていうサブタイトル通り、時代に爪痕を残せる人間になります!よろしくお願いします!! twitter:@yazumi_aoi