私が意識した退職交渉の3つのポイント

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。
今日は立花岳志さんがの呼びかけで「1日で7つブログを書こう #7blogs」のイベントの日です。
なので、昼からガンガン書きますよ。

今日は久しぶりに転職活動ネタです。
前にこの記事▼を書いたところ、twitterで共感のコメントをいただきました。

前回書いた記事から、「退職交渉」に光をあてて書いてみようと思います。

私が意識したポイントは、3つ。

1、「退職を伝える順番」を乱さない事
2、退職理由は「事実だけ正直に」伝える
3、慰留されて心がぶれそうになったら「ここにいて自分が幸せなのか?」と問いかける

1、「退職を伝える順番」を乱さない事

私の場合、直属の上司である店長と関係がうまくいっていませんでした。
(店長に対しての出来事はこのブログにもたくさん書いたので、今回は割愛しますね。)
店長の上のSVとは連絡を密に取り合っていたので、正直SVに伝えてもいいかな~と思ったりもしました。
正直なところ、店長を信頼していないので、こういうデリケートな部分を預けるのは嫌だなという気持ちが強かったです。

しかしながら、最後だからこそ「退職を伝える順番」を乱さない事にしました。
あくまで私は会社という組織に所属しています。
どれほど信頼していないにしても、私の直属の上司は店長です。
ならば店長に報告し、店長がSVに報告し、SVが人事へという会社のルールを守ろうと思いました。
店長の顔をつぶさないというよりは、会社のルールを順守する自分でありたいと思ったのです。
店長に対して円満退職は無理なので、会社に対しては誠意を見せる姿勢でいたほうが、自分にとってもよいと判断しました。

2、退職理由は「事実だけ正直に」伝える

退職を表明すると多方面から、理由を聞かれます。
転職エージェントなどからは「退職理由に会社の不満を言わない」などとアドバイスをされます。
円満退職をめざすなら「個人的理由にすること」など。

でも、転職をする人が、その理由に「会社の不満が0」の人ってあんまりいないと思います。
だから、「会社に不満はないんです」というのはうさんくさい。

私の場合は、2社退職をしていますが「ある程度正直」に答えました。
自分にデメリットになるところまではいいません。なので、ポイントは「ある程度」。

例えば私の今回の退職理由を「本音の退職理由」と、「会社に伝えた退職理由」を比較して書いてみました。

本音の退職理由

2年近く店長が巻き起こす人間関係の後始末を続けて、もういい加減うんざりだ!
その影響もあって、人はどんどん減っていって長時間労働、休日出勤の連続。
社会に連休も増えていて、体がもうもたないぐらい疲弊している。
店のスタッフとお客様は大好きだが、それでも気持ちがもう続かない。
転職したときには「トレーナーポジションをやるために現場の仕事を覚えろ」という話だったはず。
でも現状、トレーナーポジションは直で転職してきた人間がうめていくし、店から上に上がる人間も限られている。
もう後2年店で働けるか?無理だ。
そして、会社の方針にもなんとなく違和感を感じてきたところだし。
自分のやりたい仕事にも目を向けて、転職活動を行ったところ希望の会社に転職が決まった。
転職をする!

会社に伝えた退職理由

・現場は好きだが、体力的にもう1年働けるかと自分に聞いたら、無理だと考えた
・トレーナーのポジションになれるかというと、空きはないように思う。
・やりたい仕事をさせてもらう会社に転職が決まったので、転職をするためにやめたい。

感情的な部分はそぎ落として「事実だけ正直に」というところがポイントです。
もともと会社にとってマイナスな面談なので、そこで感情的な不満をぶつけるのは得策ではない気がします。
退職理由を伝えたところからが、「退職交渉」なので、デメリットは避けたいです。

SVと所属している部長と、2度面談をしましたが、この会社に伝えた理由を一度もぶらしませんでした。
もともと定期面談の時点でSVとは、会社の方針への不満は伝えていたこともあり、「理由に矛盾もないし、しょうがないね。」という感じでした。

3、慰留されて心がぶれそうになったら「ここにいて自分が幸せなのか?」と問いかける

慰留はされるものとして想定します。
そして、どんな条件でも一切妥協はしません。

私の場合は、私がやめるとお店にどれほどの穴が開くかは想定していました。
下手したら週7日で、9時間以上全ポジションをこなせる人材が消えます。
人が少なくても、教育をしながらそれなりの水準のサービスも維持できます。
シフトも作れるし、発注もできるし、棚卸もできます。
お店のOPEN/CLOSE作業も1人でできます。
クレームやトラブルが起きてもある程度解決できます。

お店にとって、いや、会社にとっては大損害です。

私の場合はさらにオープンからいたお店でしたから、スタッフからの私に対する信頼もあります。
やめるということは、その信頼を裏切ることにもなります。
「蒼さんがいるから!」
「蒼さんのために!」
という理由でシフトにやりくりして入ってくれる子もいました。

それも全部捨てる覚悟がいります。

捨てるものの大きさと、個人の思い入れの大きさが心を揺らします。
揺らす部分を、「退職交渉」で会社はついてきます。

「お店のスタッフさんが困ってしまうと思うんだ・・なんとかあと2ヶ月はいてくれないか。」

とかね。

辛いところだと思います。
自分も心を砕いて、頑張ってきたところです。
スタッフも大好きです、心がすごく痛みました。

でも、ここで妥協したら交渉は負けです。

ストレングスファインダーで「調和性」資質が高い私としては、妥協しないで交渉するのは、かなりのパワーがいります。
相手を失望されるしかゴール=自分の夢をかなえるゴールだとわかっていても、思わず心がくじけそうになります。

でも、「私は幸せではないんです。」ときっぱりいいきりました。
全てを捨てても惜しくないほど「ここにいることが幸せではない=妥協はしない」という姿勢をくずさないこと。

心が折れそうになったら、自分に聞くのがいいです。
「じゃあ、ここにいて自分が幸せなのか?」
みんなが満足しているからいい、とかじゃなくて「自分が幸せと感じるか」ってこと。

そこに立ち返れば、乗り越えられるはず。
私はできました。

退職交渉に「円満」はないと考える

「そうかそうか、転職だね!わかった!」
とかいわれること・・・はあんまりないですよね。

自分の条件を相手が飲んでくれたとしても、心の中に「円満」感はありません。
円満退社をめざせ、とか転職エージェントの資料なんかに会っても、それは無理だと思うべきです。
会社自体が円満に送り出してくれることなんてないです。
自分の穴を埋めるために誰かが死ぬほど働くだろうし、迷惑はかかるものです。
会社の準備ができたらやめる、は不可能です。
そんなことしていたら、自分がやめられない。

「円満」なんてありません。

ただ、自分が信頼する人に「がんばって」「今までありがとう」っていわれたら最高。
それだけでいいのです。

アイキャッチは、改めてスタッフさんにもらった送別の品を。
感謝を込めてのせます。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
The following two tabs change content below.
蒼(あおい)

蒼(あおい)

【真夜中のブロガー】 ●小さいころから自分が書いた文章で生きていきたいと思う会社員(接客業10年以上) ●実生活では本当の自分をだせず、ネット弁慶だったことから、大好きなblogで当時のファン友達を失うという大失敗を経て、それでもなお、文章で自分を表現すること、人に喜んでもらえるようなものを書きたいと挑戦中!! ●接客業を通しての仕事観、日々の雑感などを中心にほぼ毎日更新中。 ●夢は小さいころから変わらず本を出すこと!「何か語らないときっと後悔する」っていうサブタイトル通り、時代に爪痕を残せる人間になります!よろしくお願いします!! twitter:@yazumi_aoi