AmazonMusicで70~90年代の洋楽ききまくりの日々

こんにちは、蒼です。今日こそは、Amazonプライム会員になって、これがよかったぜ、というお話を書こうと思います。

聞き放題は世界が広がる!

Amazonプライム会員だから、AmazonMusicの音楽聞き放題なんです。最初は特撮見たくて入ったので、音楽とかはそんなにこだわってなくて、ついでにiPhoneのアプリにいれておけばぐらいだったのですが、今は「blog書くときに」「お風呂入る時に」とかにかかせません。
何にはまったか!

1、おまかせで好きなジャンルをかけてくれる

AmazonMusicには、「プライムラジオ」や「プレイリスト」がありテーマに沿った音楽を流してくれます。前職は日がな1日にヒットチャートが流れているところでしたので、なんとなく耳で気になった音楽は聞いていたのですが、今の職場は音楽に無縁。普段音楽番組も見ないので、レンタルショップに行っても借りたいものがない。5枚で1000円とか、昔なら即チョイスだったけど・・・今3枚ぐらいで「あと2枚ないんだよ!!」って頭をかかえてしまう。

でも今は「ポップス90年代」なんて選ぶとその時代の音楽が流れてきます。「お、この曲知ってるわ!!」ってアーテイストや曲名をチェックするのが楽しいです。洋楽好きな学生時代を過ごしたので、70~90年代の洋楽を聞くことができるのは、まさに至福の瞬間。
カントリーとか、ソウルなんて、普段意識して聞かないジャンルにも手を出せるのが楽しいです。

ただ、日本の音楽やアニメとかは、著しく弱いな~と思うので、洋楽とか聞かない・・という方には不向きだと思います。
仮面ライダーの主題歌とかきけないかなっておもったけど、謎の着メロにつかえそうな、ピコピコしたやつしかでてきませんでした・・
J-POPの枠をかけたら、ヒットソングとは程遠いラインナップで、それはそれで斬新でした。猿岩石って!!!

2、14歳の私に聞かせてあげたい、70~80年代POP

小6ぐらいで、親にNHKラジオの「基礎英語」をとりあえず聞けといわれて、ラジオの前に座らされていたのですが唯一の楽しみが、洋楽が流れることでした。基礎英語1は、童謡的なのが多かったのですが、基礎英語2は70年代ぐらいの洋楽がかかりました。
同じくらいに、NHKで「青春のポップス」という番組が始まりました。実力派の歌手の方が70~80年代の洋楽をカバーして歌う番組だったのですが、どハマリ。中学時代のJ-POPは全く知らないぐらい、そちらにのめりこみました。
でも、好きとはいえ昔は今ほどコンピレーションアルバムなどがあったわけではないので、番組で知った曲を自分の手元におくのもなかなか大変でした。Yahooがすげぇ、ぐらいな時代だったけれど、インターネットも自由に使えなかったし、きっと検索して情報を仕入れるなんて、当時の私は思わなかったんだろうなぁ・・・。
どうしても手に入らないものは、ビデオに録画していたので、カセットデッキをスピーカーに着けて、家族に音を立てるな!!といって、青春のポップスを録音してました(笑)背景に母親の歩くスリッパの音とか入ってるの・・・

だから、AmazonMusicの何に感動したって「70~80年代POPS」というプライムラジオをつけたら、あ、これ知ってる!!これ好きだった!とかいう曲にたくさん出会えたことでした。流れる曲すべてにテンションがあがる!!

本当に、14歳の私に使わせてあげたいよ。泣いて喜ぶんだろうな・・・。あ、でも歌詞も知りたいんだったかな・・・当時の私。
当時は歌詞をコピーするお金がなかったので、英語のノートを専用に買ってきて、アルバムの歌詞カードをかきうつしまくっていました。
意味わからないけど、とりあえず書き写してましたね。リスニング力と、単語はわからないのになんとなくこんな感じだろう、の推察能力が割と高まったのがよかったです。

このまま英語が好きになると思いきや、高校の英語がつまらなすぎて・・・一気にやる気をなくしました。
この話はまた、別の時に。

今は、90年代の洋楽を書きながらblog書いてました。
それでは・・・仕事に行ってきます!

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で
The following two tabs change content below.
蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】 ●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました! ●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。 twitter:@yazumi_aoi