予選から見てこそ、オリンピックは真に楽しめる

平昌五輪を見ている。
全部見られたらいいけど、時間は限られてるので、種目を選んでみている。

アルペン競技の種目
スノーボードクロス、ハーフパイプ
フィギュアスケート

私が見る上でこだわるのは、予選が見られること。もしくは参加者が全員参加して見られること。
ダイジェストではダメだ。

そんなのは、わたしにとってオリンピックではない。
そう心に刻み込まれたオリンピックがある。

長野オリンピックのアルペン競技での、ある出来事をみたからだ。

その時、きっとヘルマン・マイヤー選手が見たくてアルペンを見ていたのだ思う。それまでその種目を意識したことすらなかった。
(滑降なのか、回転系だったのかはもう覚えていない。)

何人もの選手が滑って、時には激しい転倒があって、ドキドキしてみていた。

もうどの国の選手かも覚えていない。
ただ、冬のオリンピックに珍しい国だったことはぼんやり覚えている。

その選手は旗門を通り過ぎてしまった。
結構な急斜面だった。

あ、やっぱりダメなんだ、、。

と思った矢先に、その選手は斜面を登り始めた。
スキー板を斜面に垂直に保ちながら、1歩、1歩登っていって、通り過ぎた旗門まで戻ってやり直した。

解説が次の旗門を通過していなければ、やり直しは可能だと教えてくれた。

私はその選手に最後まで釘付けだった。
やり直しているから、タイムはトップからは絶望的なほど離れていた。

でも滑りきったその選手の、誇らしげな様子に胸を打たれたことは、はっきりと覚えている。

その試合はやり直す選手が他にも何人かいて、みんな無事にゴールできたことを、とても喜んでいた。
そしてその度にゴールでは温かな拍手と声援が送られていた。

そうか、これがオリンピックなのか!!

あの時、心に刻まれた。

参加することに意義がある

それは真実だと。

ニュースやダイジェストでトップレベルの選手や、自国の選手の結果を知ってるだけの、オリンピックは、真のオリンピックではないのだ。
メダルの数とか、色とか、そんな情報だけじゃダメなんだ!

だからこそ、今回の平昌五輪で自分が見ようと決めた競技はできる限り全部見るときめた。
放映されないものもあったし、ネットで忠敬されていても仕事で見られないなど、物理的に無理なものもあった。

でも、きっとニュースやダイジェストでは見られない選手をたくさん見ることが出来た。

フィギュアスケート男子のショートプログラムは、第2グループにでたマレーシアのジージエ選手はステキだった。表現力が私の好きな選手だった。

残念ながらショートプログラムで彼のオリンピックは終わってしまったけれど、すばらしかった。

彼がオリンピックにでることで、彼のあとに続く選手が生まれることが、わかる。
そういう選手を知ることができる。

オリンピックにでることは、自分の国に道を切り開くことなのだ。

メダルを取ることは言うまでもなく、すばらしい事だと思う。
そこに切磋琢磨する輝きは、圧倒させられる。

メダルの輝きが、太陽のように眩しくて圧倒するものだとしたら、
わたしが長野オリンピックでみたアルペンの選手や、フィギュアにでたジージエ選手は北極星みたいな輝きだと思う。
未来の選手の道標になる光だ。

オリンピックにはそういう側面がある。
そういうことも忘れずにいたい。

via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で
The following two tabs change content below.
蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】 ●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました! ●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。 twitter:@yazumi_aoi