鎧を脱いで、自分の体を気体にしていこう

最近ブログに書くことが遠ざかっている。
ちょっと諸事情で、この場所に書きにくい気持ちになっている。
たぶん、いずれは脱すると思うのだけれど。
それまではほかの場所を使いながら、やっていきたいと思う。

それでも何かしらを毎日発信している。
書いている。

今日はおもしろいことをいわれたので、それを記録しておこうと思って、ブログのページを開いた。
思い立って、マッサージに行った。
いつも予約してからいくのだけれど、今日は前を通り過ぎたら「すぐご案内できます!」という看板があったので、とびこんだ。

そこで1時間ほどやってもらったあとに、担当してくれた方にいわれたのだ。
「左肩があがっちゃってますが、ストレスとかありますか?」
即答した。
「そりゃあ、もう!!!」
担当の人は苦笑して、こういった。
「そうですか・・・体がストレスでガチガチにかたまっちゃうってこともあるので、旅行とかにいって、ちょっとリラックスするといいかもしれませんね。」

マッサージに行ったのだから、アドバイスは呼吸とか、ストレッチとかだろうとおもった。
だけれど、担当の人がいったのは心のアドバイスだった。

日常から離れてリラックスするといいんじゃないでしょうか?

マッサージでは到底取り切れない、体の硬さがあることを嘆きそうになった。
けれど、同時にそれだけ自分は常に、体を硬くして生きているんだなぁと思った。

ブログの師匠である、立花岳志さん(普段はたちさんと呼んでいる)が、最近「人間は気体である」とnoteの有料マガジンに書いていた。
ゆえに波長の高い場所や人に会うと、共鳴、共振することができると。

私の体は今、到底気体ではないだろう。
共鳴も、共振もするものか!と鎧を着ている。
投げつけられる矢を刺さらないようにして、自分の柔らかい部分をガードしている。

私も時期が来たら、鎧を抜いて、気体になったほうがいいのかもしれない。

そんなことをマッサージをしてくれた方を通して、またアドバイスされた気がした。

気体になれるように、生きていこう。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
The following two tabs change content below.
蒼(あおい)

蒼(あおい)

【真夜中のブロガー】 ●小さいころから自分が書いた文章で生きていきたいと思う会社員(接客業10年以上) ●実生活では本当の自分をだせず、ネット弁慶だったことから、大好きなblogで当時のファン友達を失うという大失敗を経て、それでもなお、文章で自分を表現すること、人に喜んでもらえるようなものを書きたいと挑戦中!! ●接客業を通しての仕事観、日々の雑感などを中心にほぼ毎日更新中。 ●夢は小さいころから変わらず本を出すこと!「何か語らないときっと後悔する」っていうサブタイトル通り、時代に爪痕を残せる人間になります!よろしくお願いします!! twitter:@yazumi_aoi