ネコにゃふとTくん

旧居の鍵を返却した帰り道

半年住んだ街には、思った以上に思い入れがなかった。
仕事に忙殺されてて、街を楽しむゆとりがなかったからだろう。
(部屋にも思い入れがなく、最後の写真とか撮る気もおきなかった)

その街で唯一の思い出。

それは近くのセブンイレブンにある。

ネコにゃふ

そこに夜中だけ現れる野良猫、ネコにゃふ。
(ネコにゃふ、と私が勝手に呼んでた)
半年かけて信頼関係を構築し、最後はお腹を見せてあそんでくれるぐらいになった。
野良猫に餌付けをするのは、私のポリシーに反するのでしなかったけど、たくさんナデナデした。

毎晩今日はいるかな?とコンビニをみて、いたラ必ず会いにいった。

最後の晩に別れを告げながらナデナデしてると、不覚にも涙が、、、。
ネコにゃふに二度と会えない、何よりも悲しかった。連れていきたい!と思わず思ったが、誇り高い野良猫ネコにゃふがついてくる訳もなく。

私はこんなに好きだけど、ネコにゃふにとってはよってくる人間の1人なんだろうなー。

Tくん

セブンイレブンの深夜バイトのTくんは、めちゃくちゃ物腰の柔らかい人だった。
お金の受け渡しは両手だ。
そして私の心がキュンとしたのは、必ず商品を手渡しながら
「お気をつけください」
といってくれること。

コンビニはやっぱり人を裁く方が優先される接客がメインだと思うので、そんな中Tくんは際立って見えた。

私は勝手に「私のアイドル」と呼んでいつもいるかどうかチェックして買い物をしていた。

最後の夜、Tくんから買い物をした。
いつもと変わらぬ、「お気をつけください」を聞いてセブンイレブンを後にした。

ネコにゃふ、Tくん、
殺伐としていた半年間を支えてくれてありがとう!!

via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で
The following two tabs change content below.
蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】 ●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました! ●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。 twitter:@yazumi_aoi