『レディー・プレイヤー1』を見た休日の話

実は『レディ・プレイヤー1』を見に行くつもりはなかった。
メカゴジラvsガンダムにテンションは上がったけれど、「メカゴジラ、ちょっと違うやん!!」っていう違和感が強すぎた。
(いや機龍っぽいといわれたら、そうなんだけどね。)
だから、そりゃ夢みたいな映画だけれど・・・と重い腰があがらなかったのだ。

ちょうど公開時期の時に、仕事を辞めるとか、家を探すとかで、わ~ってなっていたから、もうレンタルでいいや!と思った。

その意識が変わったのは、とある地下鉄での出来事だった。
仕事に疲れて電車に乗っていた時、新宿からだろうか、スーツ姿の男女が近くに座った。
最近見た映画について話していたのだけれど、そこで女性が熱弁をふるったのだ。
「レディ・プレイヤー1がすごくよかったんですよ!!アニメとか特撮とか大好きなら、絶対に見るべきです!!」
お姉さんの何にそんなに刺さったんだろう!!
すごく気になってしまいました。

相方と映画を観ようという話になって、「あぁ、『レディ・プレイヤー1』をみれなかったなぁ。。」ってつぶやいたら調べてくれた。
そしたら、夜遅くなるけれどやっているとわかった。

それで見に行ってきた。
詳しい感想は明日かくけれど、いい映画を見たと思う。
「普通の男の子がヒーローになっていく話」だもの、良い話だ。

でもそれよりも何よりも、私が大好きになるストーリーだった。

惜しむらくは・・映画館の環境である。

映画館の空調が切られていて、暑かった。
スポーツジムで運動した人?並に汗だくだった。
でもそんな環境でも集中していて、気づいたのはエンドロールになってからだったけど。

それぐらいいい映画だったんだ、『レディ・プレイヤー1』

今日のアイキャッチはブロンコビリーで食べたランチ。
牛100%のハンバーグが激うま!!

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で
The following two tabs change content below.
蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】 ●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました! ●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。 twitter:@yazumi_aoi