ココロのタイヤが空回り。

3:41。これは克服したと思う、ココロフリーズ状態が降臨しかかっている気がする。
なぜなら・・・本当に・・・楽しくないからだ、何もかも。
これはあれだろうか、朝から3回にわたって、宅配便、郵便、宅急便のピンポンで眠りを中断させられたからだろうか・・・。
それとも・・もう何もかも嫌だ・・コーヒー飲んじゃえ!!とか思ったからだろうか。

ココロフリーズ、原因はわからないけど・・ひとつはっきりしていること。

なんというか、仕事が楽しくないのである。

これまで特に苦にならなかった日々の繰り返しが・・・ものすごく苦痛なのである。
・・・たぶん新店として、一からがんばってきたオープニングスタッフがいなくなってしまたったことと
(チーム遅番!として、私の右腕、左腕、いやお店の中核を担っていた・・)大きく関係があるかもしれない。
自分のチームがなくなって(まだ残っている人たちも・・環境がかわって・ほとんどシフトに入れない)
私はアウェイ感に苛まれているのだろうか。というか、喪失感?
お店は店長が長なので、店長のチームとして成り立っていくほうがいいに決まっているのだけれど、
なにか・・・そっちの空気やノリは・・・違うんじゃない?と思う私は必然的にひいてしまう。
1年弱経ってきて、店長の運営方法とか・・・そういうところへの不満もたまってきているんだろうなぁ。
ノリとか、価値観が違うから・・・なんでそんな少ない時間で運営できると思ってるの?1年経ってるのにまだわかんないの?とか、
小さいところで、信頼感がどんどん減っているからかなぁ・・・。
採用する新人さんの方向性とかも疑問を抱く今日この頃。
採用条件を反故にする人がいるわ(閉店まで働けますのはずが・・・全然2時間前までしか無理とか)
いやむしろ・・・採用して辞めていく人が半数を超える・・・この採用は・・・見る目に問題があるんでは・・・とか疑う。

でも・・・これは私の側にも問題があるかもしれなくて・・・受け身体制の人にすごく厳しい気がする。
教えたけれど、指示がないとできない人に対して・・・最近ものすごく冷たい。
「一度教えたことにチャレンジしない人をさっさと見切る」という自分の中にできつつある価値観と、戦いながら教えているので・・・
私が・・新人さんをつぶしているんじゃないか・・・・あんまりかかわらないほうがいいんじゃないか・・とすら最近思える。
なので・・・できれば・・・新人さんをトレーニング出来る人と一緒に働きたい。その人たちに教えてもらえるように距離をおきたい。
トレーニングできる人を増やしたいというのもあるけど・・・私・・・身を引いてたほうがいい気がするんだ。

また、新人さんが多いということで・・・・必然的にキッチンに入ることが多くなってしまい、
夜の大切な常連さんをフロアでおもてなししたり、お話をすることができなくなっている・・ということもあるかもしれない。
私はお客さんと接するのが好きだ。よくお話をする人、しない人、いろいろいらっしゃるけれど、
自分でサービスしてきちんとおもてなしをしていきたい。
でも・・・今は遅番の人出が圧倒的に少なく・・・おもてなしはおろか、教育中でサービスとかちゃんとできているのか・・・・
私の目が届いていないことが増えている。レジで見送るたびに、不安になる。
今は来てくれている。
2か月後、3か月後・・・お客さんがもう来てくれなかったら・・・と思うような、人数、運営スタイル・・・。
そして、自分の力のなさが・・・それを助長している無力感。
私のお客様たちが・・・本当に来てくれなくなってしまったら・・・仕事を続けていけない気がする。

・・・私はどうしたら・・・仕事をもう一度やりがいをもって、楽しく取り組めるんだろうか。
なんでもかんでも、店長のせいにしたらすごく気持ちが楽なんだけど・・(苦笑)そういうわけでもないだろう。
逆に私の中のこの・・・すごいドライで冷たい感性をどうしたら・・・なくせるんだろうか・・・とかも思う。

今たぶん全力で
「仕事がつまらない・・・できれば何にもしたくない」というブレーキ踏みながら
「みんながいい店で楽しく働けて、お客様にも毎日でもきたい!くるのが楽しみというお店でいなくちゃ!」というアクセルを踏んでる。

私の中のタイヤが全力で空回りしている。
空回り、それは・・進んでない。心を削りまくっているだけだ。

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で
The following two tabs change content below.
蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】 ●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました! ●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。 twitter:@yazumi_aoi