シフト作成のポイントは人のスキルバランスである。

今日のシフトはやばかった。
人が少ないとか、込みすぎててやばい、とかいうことではない。
シフトの作り手が何も考えていないことが露骨に見えてしまうシフトだった。

こういうシフトが続くと、信頼が失われる。
今回の失敗ポイントはこの一言に尽きる。

シフトの計画人数と実際のシフトの人数しか考えていない。

ちょっと一緒に考えてほしい。

モデルシフトを守れば正解か?

店舗を運営するところは、大概がシフト制だと思う。
そしてそのシフトには大体「モデルシフト」というものが存在する。

店舗には1日の流れみたいなものがあって、簡単にいうと混雑する時間と、そうでない時間がある。
混雑する時間には人数を割き、そうでない時間は少人数体制で運営する。
人件費も考えて、大体この売上であれば、この人数で乗り切れるはずだ、という時間数が組まれている。

基本的には、このモデルシフトに近づけていけば失敗しない。
例えば、9-10時を運営するのに、モデルシフトでは4人必要だ、となっていれば、4人以上そろえておけばいい。
じゃあ、5人いれば安心だな、となどと考えていく。

ただ、この考え方には落とし穴がある。
「モデルシフト通りの人数そろえてればOK」とそれっぽいシフトを組んで終わってしまいがちなのである。
なんとなく人がいるから、大丈夫?そんなことは本当にあるだろうか?

モデルシフトの数だけそろえてみたけど、悲惨な結末になる例

例えば先ほどと同じ、9-10時、モデルシフトでは4人で運営する時間と仮定しよう。
こんなメンバー4人で組まれていたらどうだろうか?

A:新人。入って2日目。指示がないと動けない。オーダーも1品しか運べない。
B:新人。ようやくハンディを使ってオーダーがとれるが、時間がかかる。レジは打てない。
C:中堅。フロアの業務は一通りできるが、キッチン業務は一切できない。
D:ベテラン。フロアもキッチン業務もでき、クレーム対応などもこなせる時間帯責任者。

何もトラブルがおきず、猛烈に暇であればこのメンバーでも運営できるだろう。

だが、連続して4人のグループが、5~6組来店なんてことになれば、崩壊する。
キッチンがこなせる人間が1人しかいないということは、オーダーが大量に入ったらキャパオーバーする。
だが、誰もDを手伝えない。
フロアはフロアで、指示がないと動けない新人Aはパニックになり、大概目の前で気づいたことだけやりだすので、チームワークが乱れだす。
中堅のCが踏ん張ろうにもレジを打てるのは自分しかいないので、その場から動けない。AやBに目が行き届かなくなる。
まちがえて商品を提供してしまうかもしれない。
いや、すべての食事がそろうのに30分以上かかってしまうかもしれない。

きっとクレームがそこかしこでおきて、ベテランのDが謝罪に歩くことになるだろう。
そして、その間キッチン業務は完全に止まり、さらに遅延する。

一言でいうと・・・地獄絵図。

運営力を、数値にして表現してみた。

ベテランの力を10としたら、中堅が5。新人さんは1とする。

モデルシフト(中堅2名+ベテラン2名と仮定する):
→5+5+10+10=30
A~Dで組まれたシフト:
→1+1+5+10=17

モデルシフトが想定した運営力の約50%しかない。
同じ4名でもこれだけの力の差がある。

これでは運営できないので、もう1名スタッフを追加してみよう。

E:中堅。フロア業務はすべてできる。また、ドリンクだけは作成できる。

A~Eで組まれたシフト:
→1+1+5+10+5=22

これでもまだもモデルの運営力が足りないが、想定の70%ぐらい。
地獄絵図にまではいかないだろう。

人のスキルバランスも整ってこそ、真のシフト

休憩時間の配分やモデルシフトに対しての人数は、シフトを作成したら、誰もがすると思う。
(フリーターの連勤チェックも意外と大事だ。うっかりすると・・・週をまたいで10連勤)

でもここで、「スキルバランスはどうなのか?」ということを、念入りにチェックしたほうがいい。
働く人のスキルが足りていないのであれば、それを補える人をいれなくてはならない。

人数だけいるけれど、ちっともお店が運営できないというのは、お客様には多大な迷惑をかけるだけでなく、働いているスタッフにも過剰なストレスを与える。新人はフォローされず、ミスを重ねる。中堅やベテランには負担がのしかかる。誰も幸せにならないシフトで・・不満がたまり退職者が大量発生したりする。

ただ人数だけ守ればいいわけではない。
シフトを作り始めたばかりの人は特に注意してもらいたい。
そして・・・こういうスキルバランスのセンスがない人というのは、
必ずいるので、みんなでフォローしよう。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
The following two tabs change content below.
蒼(あおい)

蒼(あおい)

【真夜中のブロガー】 ●小さいころから自分が書いた文章で生きていきたいと思う会社員(接客業10年以上) ●実生活では本当の自分をだせず、ネット弁慶だったことから、大好きなblogで当時のファン友達を失うという大失敗を経て、それでもなお、文章で自分を表現すること、人に喜んでもらえるようなものを書きたいと挑戦中!! ●接客業を通しての仕事観、日々の雑感などを中心にほぼ毎日更新中。 ●夢は小さいころから変わらず本を出すこと!「何か語らないときっと後悔する」っていうサブタイトル通り、時代に爪痕を残せる人間になります!よろしくお願いします!! twitter:@yazumi_aoi