お前のためにブログがあるんじゃねぇ、ブログのためにお前がいるんだ

昨日はブログを休んだ。
今の私の状態はこんな感じ。
「お前のためにブログがあるんじゃねぇ、ブログのためにお前がいるんだ」

私も大好きな、国民的バスケマンガ、『SLUM DUNK』のセリフ。
そのセリフのチームという言葉をブログに置き換えた。
名セリフとして名高い安西先生の言葉だったはずなのに。

今回はそんな話を書こうと思う。

私の生活はブログに支配されている

昼過ぎに起きる。コンサルをお願いしていた記事にアドバイスが来ている。
ベッドから起きて、PCのスイッチを入れる。
出勤するまでの短い時間で、アドバイスを元に記事を直す。
時間がなければ、何かを食べながらPCに向かう。

深夜に帰ってくる。どこかによっているとブログを書く暇がなくなってしまうから、コンビニでご飯を仕入れてくる。
そのコンビニご飯を、PCの脇に置きながら、「記事」と「ライフログ」を書く。
2時間ぐらいかかる。
投稿して、Facebookの各グループにリンクを張って歩く。
日が昇ったころ、ようやく眠る。

これを毎日繰り返している。

昨日は、私のブログに理解のある相方が
「最近ブログばっかり~~」
と怒った。
2時間残業して、ようやく深夜にご飯を食べに出かけられて、一緒に過ごせると思ったら
私は必死の形相で
「ブログ、ブログ書かないと!」
と2時間PCに明け方まで張り付いている。
その間黙って、ゲームをして待つ相方。
そこまでは我慢できた相方も、起きてもなお私が
「ブログ、ブログ直さないとまずい。」
といって、また1時間ぐらいPCの前から動かない。
一生懸命スケジュールの調整をして、やってきても、私は話半分でPCに向かって鬼みたいな顔でブログを書いている。
むっとされても当然だ。

私はこんなに必死になって・・PCの前で何をしているのだろう。
ブログを書くために、ごはんすら片手間に食べている日々。
こんな風になるために、ブログを始めたのだったか?

習慣化のための習慣化だけを、目的にし始めていた

ブログを書く力を取り戻すために、毎日更新を続けてきた。
日記メインだった自分のブログを進化させるために「一つのテーマで書き続ける」という課題を設けて、ライフログを書き始めた。
それだけじゃ足りない。
「人に読ませるブログの書き方」も書けるようにならないと。
もう1本のブログは自分の文章を捨てて書くつもりでやらなくちゃ。
それも習慣で書けるぐらいやらないと。

自分の励みにするべく、4月の2週目から「GOOD Habits」とうiPhoneアプリをいれた。
日々数字が増えていくのは楽しかった。
「数字が切れてしまう」と考えるともったいないので、なんとしても更新しようという気力が生まれた。サボってなんていられない。だから続けられた。

でも気が付いたら
「ブログを続けるために、習慣化しよう」

「習慣がとぎれたらだめだ、ブログを書かないと。」
になっていた。

ブログは私の人生を豊かにするためにある

ブログは私の人生を豊かにするためにある、と私は思っている。
自分の人生を豊かにし、そしてそれが誰かの人生を豊かにする。
そんな未来を信じて書いている。

今の私の生活はどうだろうか?
私の人生は豊かだろうか?
誰かの人生を豊かにしているだろうか?

少なくとも私にとっては、このブログの習慣化は失敗だ。
習慣づけには成功したけれど、豊かにはほど遠い。
「お前のためにブログがあるんじゃねぇ、ブログのためにお前がいるんだ」の状態では、
今後続けていけないし、続けていけたとしても、よい付き合い方はできないだろうと思う。

やり方を変える時が、またやってきたのだ。

あなたのブログは、あなたを豊かにしていますか?

あなたとブログの関係はどうですか?

「お前のためにブログがあるんじゃねぇ、ブログのためにお前がいるんだ」
ですか?

それとも
「ブログのためにお前がいるんじゃねぇ、お前のためにブログがあるんだ」
ですか?

もし悩んでいるとしたら、原因の一つはこんなことかもしれません。

The following two tabs change content below.
蒼(あおい)

蒼(あおい)

【真夜中のブロガー】 ●小さいころから自分が書いた文章で生きていきたいと思う会社員(接客業10年以上) ●実生活では本当の自分をだせず、ネット弁慶だったことから、大好きなblogで当時のファン友達を失うという大失敗を経て、それでもなお、文章で自分を表現すること、人に喜んでもらえるようなものを書きたいと挑戦中!! ●接客業を通しての仕事観、日々の雑感などを中心にほぼ毎日更新中。 ●夢は小さいころから変わらず本を出すこと!「何か語らないときっと後悔する」っていうサブタイトル通り、時代に爪痕を残せる人間になります!よろしくお願いします!! twitter:@yazumi_aoi