転職活動は突然に

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

突然ですが、水曜日に思い立って転職活動をはじめました。
といっても、転職エージェントに1社登録しただけなのですけれど。
衝動的にやっているように見えますが、実はいろんなきっかけが積み重なっています。

今日は自分のためにも、備忘録的にどんなことがきっかけで転職活動にふみきったか書いてみようと思います。

1、給与明細を見て愕然としたこと

今月から家賃補助の比率が、会社負担が7割→3割に変更されました。
7割負担のうちに転勤があると思っていました。
(もしくは・・・2年の間に結婚して相方と住むと思っていたんだけどな・・・。)
そういうわけで、今月から手元にくる給料が今までより減ることはわかっていました。

わかってはいたのですが、いざ明細書が手元にくると愕然。
過去最低額だったんです。
具体的な数字は避けますが・・・うちのアルバイトリーダーの手取り金額とそれほど変わらなかったのです。

先月は休日出勤もして、残業もしています、それでもです。

確かに家賃補助があることにより、今の賃金ではすめないような快適な環境に住んでいます。
そのことは感謝すべきことなのでしょうけれど、
「どんなにがんばっても、今後これぐらいの給料しか手元に来ない。」という現実はしんどかった。

残業は休日出勤でお金をたくさん稼ぐというのは、本末転倒な話だからしたくない。

しかし、やりたいこと、学びたいこと、ほしいもの、などを考えると絶望的でした。

店長業務とされるところで・・数値管理以外の管理部分はほとんど私がやっているので、店長になればじゃあ、お給料増えるかな?とちょっと考えました。

2、会社のポジションがほとんどあいていかないこと

じゃあ、昇進をめざして給料をあげるという方法はどうか?ということは一度考えました。
うちの店長はオープンな人なので、店長の階級になるとどれぐらいもらえるのか、というのを以前教えてくれました。
仮に店長になったとすると、確かに前職と同じくらいの給料にはなりそうです。

ただ、現実問題どこかの店長に空きがあるのか?また、私が手をあげたらなれるのか?という点を考えました。

この数年で、店から、例えばSVや管理部門などへの異動があったか?と考えると、結構数えるほどしかないのです。
人事異動がないわけではないですが、外部採用に偏っている印象です。

正直SVと店長を行ったり来たりしてる方などもいますし、私より社歴の長い方が何人もいます。

会社の過渡期ではあると思うので、専門的な人材を整えて大きく成長していこうということなのかもしれないけれど、
ポジションの空きが、頭の上でほいほいとやりとりしていて終わる予感。

そんなことを待っている間に、自分の人生いろんなイベント起きたりしたらどうするのかなぁ。

3、結婚して働けるかという点を考えてみた

私も結婚したい相手がいますし、いつかは親になってみたいと思っています。
産休や育休、時短勤務の制度はありますが、管理部門の方が使っている印象。
現場はどうなんだろうと思って、女性の店長で子育てをしている方の様子を情報収集してみました。

で、結論として「時短勤務はOKだから、あとはお店で何とか調整してがんばって。」って感じでした。
例えばお子さんが保育園に預けられるにしても、早朝や深夜はカバーできません。
シフトに入れる時間が限られてきます。
またお子さんが小さいと、風邪ひいたり、熱がでたり、といろいろありますよね。
そうなると、突然休まざるを得ない。

そういうときの周りへの負担が、かなり大きいのですよね。
時短勤務者分、人数が余分に配置されているなんてことはなさそうでした。

産休はともかく、子育てしながら両立で働けるのは、本部の人だけなのでは?という疑惑が打ち消せません。

いや、そもそも子供産むとか、以前に体ががたがただ。

4、体がもたないと感じ始めた。

今年の11月で33歳になります。
現在の仕事は体の片側に、重いものを連日持ち続ける仕事です。
右側がまず、ばね指や腱鞘炎的な感じになりました。
一番ひどい時期に、新店の立ち上げで2~3ヶ月現場を離れたので、少し良くなりましたが、現在は左側に症状が出ています。
腕をまっすぐ伸ばしたまま、足元の洗剤のボトルを指の先でつまむような動作をすると、痛くて持てません。

首、肩、腰が痛いのは日常的。

接客業は嫌いではありません。
前職の接客業はクレーム処理係みたいな側面が多かったけれど、現在はお客様に喜んでもらえるようなサービスや心配りができます。
私に会いに来たと言ってくれる人もいるし、そういう喜びは格別です。

でもあと3年、現場でがんばれますか?っていわれると、ちょっと難しい気がします。
腕や指が死んだらブログはどうやってかけばいいの・・・・
もちろん、現場で私より年上の方で、バリバリ働いている女性の方もいますが・・。

また、非常に連休が多い世の中です。
世の中に連休が増える=現場の負担が増える
ってことなのです。
ゴールデンウイーク、お盆休み、をようやく乗り越えた先に、シルバーウィークと、年末年始があるわけです。
体を休める暇がありません。

5、外の世界を見た時に愕然とする機会が増えた

最近、とあるいきつけの外食チェーンの社員募集広告をみました。
同じ飲食とは思えない月給が提示されていました。

飲食の中で福利厚生が整っているよね、うちの会社・・と思ったけれど、ちょっと愕然とするぐらい金額が違いました。

あと、4の項目でも書きましたが連休が増えてますよね。
各シーズンごとに連休があるわけですが、私2連休ですら、月に1回とれるかとれないかです。
(しかも、名目上休みでも、締め作業だけしに店に行くなんてオプションがついています。)
3連休なんて・・半年に1回もあるかどうか。

大型連休は年に1回だけ。昔は7日とれたところが、現場は今・・5日がやっとです。

こういう言い方をするとチープだし、なんか浅いですけど、あえて言うなら「割に合わない」って気がします。

そして仕事がまわらない、やばい、みたいな感じでケアに走っていると、自分の学びのチャンスがぼろぼろこぼれていく気がします。

6、私はもっと豊かな人生、やりたいことをやってもいいはずだ

そしてなによりも、私、もっと豊かな人生を生きてももいいはずだ、と思ったのです。
お店第一で生きていて、疲弊するなんてもったいない。

ブログというツールに出会い、それを通じてたくさんの方と知り合い、そして学びの情報も手に入れている。
にもかかわらず、「休めなくていけないです。」とか「懇親会いけません。」とか。
一期一会の機会を、お店のためにささげている。

なんか違くね?もったいなくね?

美味しいものを食べたいし、食べに行くためにお金を稼いでいるはずなのに、食べに行く機会を逃したり。

少ない休日に予定を消化するだけで、体を休められないのも違うよね?
家のこともちゃんと大切にするべきじゃないのかな。

そういうわけで、転職活動は突然に

6項目ぐらいできちゃったけど、そういうつもりにつもったことで転職活動をはじめちゃったわけです。
実は来週頭に人事の方とキャリア面談が予定されています。
いい機会なので、今思っていることを率直にお話ししようと思っています。
「割に合わねよ、この仕事!」
という喧嘩腰ではなく
「長期的に見て、自分にとってメリットがあるのかどうかよくわからない。」
ぐらいで行ければと思います。

転職活動を始めるにあたり、こちらの記事をすごく参考にさせていただきました!

私がほしかった情報を、すごくわかりやすくまとめてくださった記事がありますので、ご紹介させていただきます。
私の大好きな、琴市しづかさんのblogです。

転職エージェントはトラウマがありました。
この仕事を決めるにあたり利用した、某大手の転職エージェントの担当の方の対応がかなりひどかったです。
お祝いの言葉を2回言われましたが、一字一句違わなかったり、2ヶ月目を過ぎたころから「お前が悪くね?」みたいな扱いを受けたり。

こういういろんな規模のエージェントさんがあること、メリット、デメリットを理解して利用するべきなのだと知りました。
転職活動を考えている方も、ちょっと興味がある方も、お薦めです!!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
The following two tabs change content below.
蒼(あおい)

蒼(あおい)

【真夜中のブロガー】 ●小さいころから自分が書いた文章で生きていきたいと思う会社員(接客業10年以上) ●実生活では本当の自分をだせず、ネット弁慶だったことから、大好きなblogで当時のファン友達を失うという大失敗を経て、それでもなお、文章で自分を表現すること、人に喜んでもらえるようなものを書きたいと挑戦中!! ●接客業を通しての仕事観、日々の雑感などを中心にほぼ毎日更新中。 ●夢は小さいころから変わらず本を出すこと!「何か語らないときっと後悔する」っていうサブタイトル通り、時代に爪痕を残せる人間になります!よろしくお願いします!! twitter:@yazumi_aoi