あなたが気になっていた、人事の方に言われて心が救われた日

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

今日は転職エージェントと電話で面談、職場では人事の方とキャリア面談でした。

仕事への意識が強かった日でした。

次の仕事のイメージがない

転職エージェントとの電話面談は、結果的に芳しくないものでした。規模の小さい会社だったことと、私の経験とこれからの思考にマッチした求人がなかったのです。

でも気づくことがありました。

仕事にしたいほど好きなことって、会社にあるのかな、、と。
実は新卒で仕事を探していた時からそうでしたが、仕事よりも「仕事で稼いだお金を好きなものにつぎ込みたい!」っていう思いが強かったのでした。

ついた仕事も嫌いではないし、やりがいはある時もあるけれど、何か違う気がしているのです。

なので、転職したいという割に、次がぼんやりしてます。
今の仕事も前の仕事も、実は大学時代のアルバイト経験の延長線上。
お客様と接する難しさ、物を売ることの難しさ、とそれに比例する楽しさ、みたいなものがあるので、やってこれた。

現実、体がしんどい、なんかやりがいないわー、みたいな気持ちが強すぎるのかも知れません。

採用をしてくれた人事の方の言葉に感謝の気持ちがいっぱいになった

エージェントとの芳しくない会話を終えて、店に行くと面談を担当する人事の方が。

私の最終面談に同席し、面談が終わった時に励ましの言葉をくれた女性の方でした。
でも、その方からしたら、私は社員何百人のうちの一人だと思っていました、

開口一番、
「蒼さんの事、気になってて。面談来たかったんですよ、入社は12月でしたね。私が採用に立ち会ったから思い入れもあったし、入社の時から目標が明確だったのが印象深くて!」
と。

約4年前。
必死の思いで、採用されようとした私のアピールをその方はすごく良く覚えていてくださいました。

「やりたいことがあったのに、ずっと同じ環境で4年やってたら不満もあると思う。どうですか?」

と。

うれしかった。
私を気にかけていてくれたのもうれしかった。
4年前の自分の言葉をもう1度その方を通して聞けたことも、うれしかった。

正直に、色々伝えました。

上に行くポジションは頭打ちで、かつ、外部採用も多く順番は回ってこない気がすること、

当時挑戦したかった職は、今人数自体が減っているし難しいのではないか、そして、なかなか心身ハードであるように見ていて思ったこと(あまり会社フォローもない)

店の仕事は嫌いではないが、体も痛いところなどもあり、将来的に続けるのは難しいと感じていること

ただ、これまでの前職を含めての経験だと、体に負担のない仕事を探して行くのが割と難しいと感じていること

仕事量も、社員の数が減ってからは、社会の祝日も増えて休みを回すのが難しいなど、負担が増えていること。

4年目になり新しいことに挑戦はしてみたいが、前回の社内公募のような体力必要みたいな激務ポジションは応募しづらいこと

などなど正直にお伝えしました。

今すぐ私の希望が叶うわけでもないし、
叶うことも約束されていないのに、気持ちが少し軽くなりました。

会社で私を見ている人なんていないと思っていたんです、ずっと。
私は上の人の印象を良くするとか、将来のために必死につくすとか、ものすごく苦手です。

上司のグラスがあくまえに、、次のお酒を聞くんだとか、
タバコの銘柄は覚えていて当たり前で、すぐ買ってこれてなんぼなんだとか、
とある上司にはものすごく叱られたことがあります。

でも、そういうことを無理やりするのも好きではなく、諦めて本流から離れちゃおうと思ってました。

でも、たった一言
「あなたが気になってた。」
だけで、救われる心があるのだと思いました。

そして、、立花さんの次の講座が気になる

そして今日の夜、ブログ塾を受講している立花岳志さんの次回講座の予告が。

会社を辞める講座、、、。

心がびしばし惹かれます。

会社員になろうと生まれた時からいちども思ってないまま、会社員になって10年。

何かの運命か。
受けてみたい。
via PressSync

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で
The following two tabs change content below.
蒼(あおい)

蒼(あおい)

【真夜中のブロガー】 ●小さいころから自分が書いた文章で生きていきたいと思う会社員(接客業10年以上) ●実生活では本当の自分をだせず、ネット弁慶だったことから、大好きなblogで当時のファン友達を失うという大失敗を経て、それでもなお、文章で自分を表現すること、人に喜んでもらえるようなものを書きたいと挑戦中!! ●接客業を通しての仕事観、日々の雑感などを中心にほぼ毎日更新中。 ●夢は小さいころから変わらず本を出すこと!「何か語らないときっと後悔する」っていうサブタイトル通り、時代に爪痕を残せる人間になります!よろしくお願いします!! twitter:@yazumi_aoi