思考を整理するノート術 11/3の頭の中

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。
思考を整理するノート術、ブログにあげるのは1カ月ぶりです。
最近は休みが取れなかったこともあり、家のソファーで書きなぐって終わり、みたいな感じでした。
それだけをやりに出かけて集中するのが、このノートをやるにはいい気がします。

今日は祝日で、スタバは超満員。たまたま空いていたカウンターを抑えて、じっくりやりました。
(うっかりデカフェにするのを忘れて、ラテをグランデサイズで飲んでしまったことは内緒)

“思考を整理するノート術 11/3の頭の中” の続きを読む

お部屋探しが苦痛なのは自分に自信がないから

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。
今日、ようやく次の部屋が決まりました。
会社が契約するので、決めるだけ決めて、後の手続きよろしくお願いします~って感じです。

って書くと、なんか楽々決めた感じがしますが、実際は・・・疲労困憊。
正直途中で、「都内に引っ越すぐらいなら、転職やめとけばよかった~」って思うぐらい(笑)

どの部屋も一長一短があって、決めきれないところがありました。
不動産屋さんに「ファーストインプレッションが大事ですよ?」って言われてしまったぐらい決めきれませんでした。
100%満足して、後悔しない部屋を探したかったんです。
本当はそんな100%満足なんて、存在しないはずなのに。

自分に自信がないからじゃないか、って部屋を決めた日に振り返ってみようと思います。

部屋を探すのに苦痛だった4つのこと

1、どのぐらいの距離に住むのが正解か?

会社が都内にあるのですが、「まぁ、近いほうがいいと思うけど、どこに住んでもいいよ?」といわれていました。

それをいわれて、困ってしまった。

実はこれまで「職場に近いところ」というのが絶対条件だったからです。
特に先日退職した会社は営業時間が早朝から深夜までだったため、基本的に公共交通機関は使えなかったですね。
「店から徒歩15分」以内で常に探していました。

それが、今回は現場研修の期間は除いて、初めての会社勤め。
「通勤可能範囲」とはふつうどれぐらいの時間や距離を言うのかもわかりませんでした。

2、どこに住むのが正解か?

会社がJRと地下鉄と二路線使えるため、最初はJRに住もうとしてみました。
今まで何度か遊びに行って住んでみたいところあたりを狙ってみるも・・・家賃が高い。
昔は都内や横浜で1Rに住んでいて、その時代だけだったら都心にも住めたかもしれません。
しかし、さいたまに引っ越してからは1LDKの広すぎる部屋に家具も買って住んでました。
JR沿いでは相当奥のほうにいかないと、私の考える予算では住めないことが判明。

いや、都心だから仕方ないと思って、なんとか予算内の部屋を見つけて下見をしてみるも、
「え、この建物にこの家賃?!」っていう感じで、全然テンション上がらない。
家と家の感覚も狭く、窓から日が差し込むとは思えない。
何軒か内見にもいったけれど、
「いくら部屋がきれいたって、古い建物過ぎて天井低すぎ・・」とか。
「目の前・・・荒れ果てた空き地じゃん・・・。緑豊かとかのレベルちゃうやん」とか。

・・・耐えられない(-_-)

地下鉄のほうにうつしてみて、ようやく予算が折り合うようになった。
しかし不動産屋さんに紹介してもらったところが、間取りはいいとしても

「隣が今にも倒れそうなぼろ屋で、部屋の窓あけたらそれ絶対見える!」とか、
「・・・暗い・・・とにかく全体的に暗い。」
「悪くないけど、予算が高すぎる・・・これを家賃補助なしで借りるには生活が厳しすぎないか・・」とか。

これまたぴんと来ないまま、最終出勤までの怒涛の休みなし期間に突入。

3、どの条件なら正解か

今の部屋はめちゃくちゃいいのです。
1LDKでバストイレ別、追いだき、温水洗浄便座、独立洗面台、そして収納が家で全部で7個ぐらいある。
家賃補助があったからこそ、住めてたんですけどね。
こんないい部屋は正直・・・なかったのです。

都心で私の予算では論外だった模様で、
「バストイレ別、追いだき、温水洗浄便座、室内洗濯機置き場、2階以上」って条件にいれただけで何千件がわずか20数件にまで減る有様。
そこから、せまい!とか、「駅から車で30分ってなに?」とか「いやいや風呂が・・バランス釜?!」とか、やっていったら
もはや・・選べなるものすらない。

私はインドア派なので、部屋でゲームしたり、テレビを見たり、本を読んだりして過ごすのが好き。
お風呂で1時間ぐらいのんびりするのもリラックス。
そのリラックスを満たすために、部屋の条件を付けたらだめなのだろうか。

4、私はただのぜいたく野郎でわがままなのか

不動産屋さんでは3、で書いた条件以前に「え、一人暮らしなのに1LDKか2DKがいいんですか?」という反応。
それがつらかった。

そのたびに、しゅんとしてしまって・・不動産屋さんにいくのがつらくてしょうがなかった。

4件ほど不動産屋を回りましたが、3件でいわれました。
そのあとに、3であげたような条件をいわれると、もう全員首をひねる勢い。
「1階だったらねぇ・・」とか
「この予算だと古い建物が多くなって、洗濯機はベランダか外ですよ。」とか、
「追いだきって普通需要ないですよ?」とか。

内見に行く物件を決める前に、もう心が折れちゃってることが多かったです。

私はぜいたく野郎なんでしょうか?
わがままなんでしょうか?

正直、この疑問は今でも頭から離れませんね。

自分の「決断」が正解か自信がなかった

これまで3部屋に住んできました。すべて自分で決めました。
直感が「ここだ!」と働いた。

でも、今回はちっとも働きませんでした。
「あっちの部屋にはこれが足りない」
「こっちの部屋は思ったよりいいけど・・なんかちょっと微妙」
とか、頭が拒否する。

今日決めた部屋も正直、最後の絞り込みで迷ってしまいました。
3部屋に絞ったのですが、予算も部屋の大きさも、間取りもほぼ一緒。
決めきれませんでした。

「ファーストインプレッションが大事ですよ?」と不動産屋さんに諭され、
仕事前の時間を全部使ってついてきてくれた相方には「この部屋の逆にどこが不満なの?」って聞かれるぐらい、悩みました。

自分のこの決断が正解か自信がなかった。
100%住んでから満足できるか自信がなかった。

自分で決めても、会社の決済があったりする。
部屋を見て「こいつ、何ぜいたくしてるんだ、こんなやつで大丈夫か?」って思われるんじゃないか、とか考えたりもしました。

全部、自分に自信がないからだろうなぁ、って振り返ってみて思いました。

今までだって100%正解じゃなかった

1部屋目は隣の部屋の人のいびきが聞こえてきたり、最後の年には台風で外装が破損したらしく、
クローゼットが雨漏りがしてびしょびしょに。

古い電熱のガスコンロ1個だし、洗濯機置き場は旧式の形で、洗濯機を買う時に、母と洗濯機の足幅をはいつくばって測った。

2部屋目は北向き。
寝るところをロフトにしたけれど、階段の真上にロフトがあったから冬は底冷えで死にかけた。
バルコニーがなかったから、洗濯物を干すのはちょっとした大冒険。
いつか落ちるんじゃないかとひやひやした。
台所と部屋の境にはドアがなく、暖房も冷房も効きが悪かった。

3部屋目、つまり今。
お風呂の排水溝周りが髪の毛がめちゃくちゃ絡むような仕様になっていて、掃除が大変し、正直ブラシも届かないぐらい。
そして何より、スーパーがない。
業務スーパーができたけれど、夜8時に閉まってしまう。
これまで24時間スーパーが近くにあったので、料理が苦手な割に自炊を心掛けていたけれど、完璧に自炊を放棄。
片道15分のスーパーなんて、近くもなんともない。コンビニ生活になった。

そして水がまずい・・。水道水が初めて飲めなかったぐらい、まずい。

これまでの部屋も100%の満足はなかった。
でも「住めば都」に自分がしてきた。
いびきが聞こえてきても、寝れるようになったし、
底冷えするならと、電気毛布をかった。
水は通販で買った。

足りなくても工夫して、暮らしやすいようにしてきた。

「住んで間違いなかった」って思ってきたから、自信を持とう

なのにたかだか数人の不動産屋さんに、「え?」っていう態度を取られただけで、わからなくなるなんて。
自分が住む部屋だし、決して安い出費ではない。
ならば、こだわったってよかった。
いや、むしろこだわってよかったんだよ。

自分の直感が働かなかったのは、残念かなとは思っている。
「ここだ!」という確信はほしかった。
「私が住むべき場所はこれだ!」っていう思い。

でも、これも遅くないと思う。
「ここに住んで間違いなかった!」って思うことはできるから。

これからお引越しをされる方がいるなら、私から一言。

お部屋探しは体力よりも気力勝負。
海千山千の不動産屋さんに翻弄されないように!
自分の価値観に自信をもって!!

アイキャッチは、今日のご褒美に出前を撮った「うなぎ」(*^-^*)

無事に最終出勤日を終えました!

こんにちは。真夜中のブロガー、蒼です。
昨日で、無事に最終出勤日を終えました。
今日から1か月間、お休みです。
最後の2週間は4連勤(初日が17時間勤務)、1日休み、6連勤(初日が15時間勤務)で、怒涛でした。
休憩もほとんどない状態で、よく働ききったなぁ・・としみじみです。

“無事に最終出勤日を終えました!” の続きを読む

自分が忘れていた事にも、相手が感謝をしてくれていたことを知る幸せな夜

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。
日付が変わって、今日、いよいよ最終出勤日になりました。

昨日も書きましたが、毎日、スタッフとお別れをしていく感じです。
そのことを昨日はちょっともやもやしながら書きました。
でも、今日は心が温まる話を聞いたので、未来の自分のために書いておこうと思います。
いつか自分が落ち込むときのために。

自分が忘れていた事にも、相手が感謝をしてくれていたことを知ることができたのです。

“自分が忘れていた事にも、相手が感謝をしてくれていたことを知る幸せな夜” の続きを読む

別れに涙、したことがない。

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。
なかなかブログが書けません。
PCの前に座ることも億劫です。

今日はハードルを超下げて、ただ書いてみようと思います。
人に読ませようとかじゃなくて、ただ書く。

あと2日で、この仕事も終わりです。
毎日何かしらが「人生で最後かもしれないなぁ~今」とか思っています。
大げさかもしれないけれど、取るに足らないようなことでも、最後だと思うとしみじみする。

毎日誰かしらと「お世話になりました」と言い合っている。
職場を去る、というのは異動も含めればこれで何回目だろうか。
私は職場を去るとか、少し歴史をさかのぼると「学校を卒業する」とかいう場面で悲しいと思ったことがない。
寂しいとは思うけれど、こみ上げる思いとかない。
なんでみんな泣いてるんだろう・・とか不思議に思うタイプだ。
割と涙もろいほうで、映画とかテレビとかで泣いちゃうタイプなのに、実生活の別れという場面では泣いたことがない。

・・・ないのか、ないようにしているのか、と今日一人で自分の引き出しの整理をしながら思った。
心がフリーズしているのだろうか?
それとも単に「別にまた会えるじゃん」と思っているからだろうか。
それともそんなに親しみを感じていない・・ビジネスフレンドリーなんだろうか。

いつもと本当に変わらない感じで、おつかれさま~って感じの私。
それでいいのかなぁ。
それが私なのかなぁ。

前の職場の人達と、また会っているかというと、本当に一握り。
(前回病んでいるときに、傷つけてしまって相方は仲良くしているけれど、私はもう一切接触でいないひともいる)

いや、ほとんどが連絡もとってない。
そもそも、職場の人たちと連絡先を交換すること基本的にはしない。
別れのタイミングでも交換することもないから、9割方出会うこともない。

去った職場を訪ねることもほとんどしない。
物理的に距離が遠くなることもあるし、心理的な距離感がある職場も多かった。
2店舗はフランチャイズに譲渡されて、なんかもう・・なことになったのもしっていて、悲しくなるだけだからいかないことにしている。

「またすぐ来てくださいね」とありがたいことに、今の職場はみんながいってくれてるけれど、
自分がいなくなってチームワークができつつあるところに、波風起こすのもよくない。
特にうちの店は、店長とスタッフの信頼関係が微妙なのだ。
そして、後輩も来月の半ばにはいなくなるといっているから、今でもてんやわんやなのに、もっと修羅場だろう。
いくとしても、鍵と制服の返却のみで終わりだろうと思う。

笑顔で別れたいとか、そういうことをモットーにしているわけではなく、ただいつも通り仕事をして、バイバイするだけ。
最初のほうにも書いたけれど、それは私の心がフリーズしているからなのか、それでもいいのか。

なんか、もやもやしている。

別れに涙、したことがない。
それでいいのか。

退職関係のことが、思った以上につらい

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

だいぶお久しぶりです。
退職関係のことで最近、つらいです。
もう文章を書きたいとか、全く思えない状況。

そんな日常を少し書いておこうと思います。

退職交渉で何が大変って「慰留」攻撃がすごかった

転職エージェントさんに「内定をもらってからが大変なんですよ」といわれてはいたものの。
それはもう・・・大変でした。
というか、「やめます!」って宣言するのは簡単だったんだけど、こんなに引き留められるとは・・という感じでした。
前職やめる時は全然止められなかったからなぁ~。ちょっと病みかけてたからかなぁ。
だから、正直なめてました。
別に「次が決まってるなら・・仕方ないな。」って言われるのかなぁ~と思っていたけれど、そんなことはなく。
退職交渉の記事はまた別に書こうと思っているので、簡単に・・。

まず、店長のすぐ上のSVから、電話で面談、来店して面談。ガチの慰留をされました。
「いえ、どういうポジションを用意されようがなにしようが、やめます」と言い続けるのは案外しんどいものですね。
私の意思が固いと示したにもかかわらず、もう一つ上の上司を面談に連れてくるから!といわれてしまいました。
(ただ、Svはフェアな人で、法律上引き留められないこともきちんと認識していて、退職届を面談前にだしていいといってくれました)

退職届は提出後、店長がさくっとハンコを押しました。
そういや、店長には一度も引き留められませんでした(笑)

5連休が終わって出勤したら、なんと部長が来店するということになっていました。
統括SVみたいな人がくるとおもっていたのに、なんと部長が。
しかも初対面かと思ったら、私がこの会社の最終面接でお会いした方で。
「きみとは、入社と退社で会うことになって残念だなぁ・・・」
なんていわれてしまい気まずい思いをしました。
(しかも、この役員の方と面談したことをいわれるまで覚えてもいなかったのです)

この面談が終わった10/24でようやく退職が確定。10/7に意思を表明してから、17日後でした。

しんどかったのは面談だけではありません。
この会社で過去に2人の店長の下で働いたのですが、SVとの面談が終わってから
1人目の店長から電話がかかってくる、2人目の店長から話を聞いてあげるとLINEがくる、
さらには、どこで聞いたのか、以前の同僚からLINEがくるなどが連日あり、正直参りました

引き留め工作で呼ばれたのか、純粋に心配をしてくれたのかはわからないのですが、こちらは疑心暗鬼で、ちゃんとした挨拶すらできませんでした。

スタッフへの告知が1週間前になって、店への衝撃が大きいことを目の当たりにしている

退職が確定したのが24日。
31日が最終出勤日となるので、いきなり「1週間後に私、いなくなります!」といわねばならなかったのもつらいです。
こちらは現在進行形で、連絡ノートに手紙という形でお知らせと、会うスタッフには口頭であいさつをしたり。

来週も当たり前に会えると思っていたところに、いきなり「今日で一緒に働くのは最後だね。」って。
特にうちのお店は、店長への不信感がMAXまで高まっているところなので・・・スタッフの動揺がこちらにも伝わってきます。

「え・・・急に決めたんじゃないですよね?」
「実は・・僕も・・そろそろやめようと思ってるんですよ。」
「みんな連鎖でやめるんじゃないっすか?」
「だんだん通うのが大変になって。家の近くにできるホームセンターで働きたいから、年内でやめようと思ってるんです。」
「・・蒼さんいなくなったら、店・・どうなるんですか?ショック。」
「・・エイプリルフールの冗談ですか?」
「次が決まってたならよかったじゃないですか。長くは続けられない仕事だもの。」
「ばかやろ~!死んでやる!遺書に蒼さんのせいだって、名前書いてやる!」

会うスタッフ、会うスタッフにいろんなことをいわれるのを受け止めるのもパワーがいります。
みんなに何かを言われたからって、決断は変わりません。
こういう反応が来ることもある程度想定してきました。
でも、向かい合うとつらいものがあります。

店長問題がいろいろあってからは、私がお店の主柱になろうとおもっていました。
いろんな調整に走り回ったし、スタッフの話もきいたし、最終的にはシフトも私が作っていた。
その柱が「わたしやめるね、あとよろしく!」みたいな感じで抜けたら、どうなるんだろう・・。
私がオープンから育ててきたこのお店は・・どうなるんだろう。
お客様をがっかりさせたりしないだろうか。
私が信頼関係を築いてきたお客様を失ってしまわないだろうか。

スタッフから声を投げかけられるたびに、「逃げるのか?」「見捨てるのか?」という思いが浮かび上がっても来ます。
自分を責めたくもなります。

逆に「私の幸せを祈ってよ!」ってつらい言葉をいってくるスタッフにはいいたくもなる。
2年間、お店のために働いてきたし、特に店長が変わってからは、自分が店長じゃないかと思うぐらい店につくしまくった。

もうそれをやめて、次に行ってもいいじゃないか。
私はお店のためにいるんじゃないんだよ。

思った以上につらいけれど、もう後戻りはできない

いろいろ辛いけれど、後戻りはもうできません。
ただ最終日まで、悔いのない仕事をやっていくだけ。
何を言われても、進んでいくことが残りの自分のミッションです。

アイキャッチは雨のアベノハルカス。

今の私の心のよう・・・

走り続ける5日間

おはようございます、真夜中のブロガー、蒼です。

ただいま、満員電車の中。
家の内見に向かっています。

この5連休は体を1日も休めてないぐらい充実。
でも、元気です。

ストレスないからだよね。
仕事にいかないだけで、これほどの前向きさ。
体は疲れるけれど、心の疲労からくるだるさとか、起き上がれなさとかはない。
それだけで、毎日は生きやすいと体感してます。

ま、それも今日までで(><)
明日から仕事なんですけどね。
仕事がいかにストレスになっていたか、すごくわかるなーって、思いました。

一緒にいたい人といて、
会いたい人に会って、
自分がやりたいことをやる。

そういうことの輪郭みたいなものがつかめたきがします。
via PressSync

大阪は今日も雨

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

旅行で大阪に来ています。
移動日と市内見物。
雨女の本領発揮で、激しい雨でした、、、。

写真がアップできないので、帰ったらまた更新しますね

明日は早朝からUSJです!

楽しみます!

via PressSync

会社で唯一のチャンス!5日間の連休をとります!!

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

明日から5連休。
有給休暇を使う予定です。
明日から1泊2日で大阪旅行。
大阪観光とUSJにいってきます。

その他は会いたい人にあったり、家を探す候補地を見に行ったり。

いろいろします。

存分に楽しまなくてはなりません!
ブログに書かなくてはですね!!

この会社に入って、大型の連休は年に、このたった1回だけ。
羽を伸ばして来ようと思います。
戻ったら、また週1日しか休めない状態に突入するので・・公休すら消化できない・・・

ちょっとだけ退職関係の話・・・

この5連休を有給に出来るかどうかで・・私の残ったままやめる有給の数が確定するわけです。
「有給休暇を捨ててもいい。」と思って退職交渉に挑んだわけですが、消える数が2桁こえるとなるとちょっと違うかな、と思っています。

ってか、結構残ってるし・・なんなら今日からもう退職日までこなくていいぐらい(笑)

まぁそうはうまくいかないんだろうなぁ。後輩も明日11月末日でやっぱりやめます!って慰留を振り切るらしいので。社員3人中2人やめる・・残るのは店長だけ。

しかし・・・いつ頃スタッフにカミングアウトしたらいいのか迷っている間に連休になってしまいました。
ちょっと心が痛みます。

写真をいっぱいとって、記事にしよう!

それでは、明日は移動と大阪観光で体力を使うので今日は早めに寝ますね!

真夜中のブロガーも、旅行の前は早寝です。
おやすみなさい!

(写真はこの間の休みに食べたパンケーキです。)

第3期立花B塾中級平日コースを卒業しました

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

昨日、とうとう立花B塾中級平日コースが終わりました。
1回も休むことなく、卒業することができました。

3講ぐらいから、おや・・・私にはまだまだ早いんじゃないか?と思い出してきたのですが、
昨日の4講目は、雲の上のような話で・・・「そこにいる自分、想像できる?」って自分に聞いてしまいました。

いつも置いてあるお菓子ですが、ラムネが常備されているのかとてもうれしかったです。
大好きなのですが、普段なかなか食べる機会がなく、休憩のたびに山盛りにして受講していました。

ブログのその先の未来が、まだ描けていない私

今回は実習もなく、ブログのその先に見える未来のお話でした。
イベントについてだったり、出版の話だったり。
そして「プロフェッショナル」について。

まだ毎日ブログを書くことだけを考えている私にとっては、食べてるラムネを噛むことすら忘れる別世界の話。
確かに、前回中級コースに出ていた方の中には、イベントや講座を主催されていたりする。
それは確かに自分のメディア=ブログがあるからできていることなんだろうなぁ、と感じる。

講座をやるべくしてやる人、ってブログを見ていてもわかったりするからだ。
この人の話なら聞く価値がある、ということがブログでわかる。
本当にわかる。

・・・え、私のブログからなにかそういうものありますか?
そういう思いがあるから、「イベントを考えてみよう」という宿題も結局最後まで具体的にイメージできなかった。
他の人の発表には、それはもう説得力があり「あぁ、そうだよね、こういうこと書いてるもんね!」みたいな。

ということは、私はまだブランディングの柱がきっと見えないのだと思う。
(「蒼さんのブログ=仕事=店長の記事」、みたいなブランディングとしては成功していると思う・・・)

もっと熱くなってもいい私

主催の立花岳志さん(たちさん)もいっていたが、たちさんのセミナーには変にギラギラしている人がいない。
「損か得か」とか「今すぐに儲けたい」とかそういう方はいない。
みんな人生にきちんと向き合って、「我は何者か」を問い続けている人ばかりだ。

ギラギラしている人を感知するセンサーは割と強いほうで、そういう人からは全力で遠ざけたい私としては、居心地がいい。

でも、その一方で懇親会でたちさんが「みんなもっとやりたいことに熱くなっていいんだけどね。」とぽろっといっていたのが気にかかった。(一字一句同じってわけじゃなくて、そういうことをおっしゃってい、ということ)

たちさんは、真剣に「ブログを通じて自分を発信して、自分のやりたいことで生きていく人を育てたい」って本気で思って講座を開いてくださっているわけだが、私はそれに本気で向き合ったかなぁ・・・って。

B塾に通ったことにより、考え方とか挑戦の幅広がって、この度転職するわけで、人生は変わってきていると思う。

でも、たちさんの本気に受身だったかもしれないなぁ・・・と。

もっともっと熱く、がつがつやってもいいのかもしれない。
どこかでまだ、失敗しないラインを狙っている気がする。

というか、「自分の名前で食べていきたい」とか言ってるわりに「プロ」としての考え方をしていないのだと思う。
改めてプロフェッショナル論を聞いて、反省した。

私は「蒼」という名前で、プロフェッショナルなる

蒼という名前は、中学2年生に自分でつけたHNだ。
自分の平凡な名前が嫌いだった。
誰もが読め、変換もほぼ一発。
工夫が足りない名前だと思って、あの時ほど漢和辞典を引いたことはない。

自分の名前は昔ほど嫌いではないが、蒼という名前は特別だ。
あの日自分にあげた「もう一人の自分」だから。
「もう一人の自分=理想の自分」だから。

だから私は蒼でプロになろと思う。
何のプロかは見えてないくせに、口だけっぽいけれど、そういう風に思っている。

おまけ:修了証を受け取る私

修了証がまさかの一番目で、うろたえて髪の毛がいまいちのままだなぁ・・って思っている。
しかも急に寒くなったのでありあわせのカーディガン、体調がいまいちでカーディアンにあわないゆるっとしたズボン。
似合うファッションを見つけに行こう。