妹に教えたい世界のしくみ、という本をニヤニヤしながら読んでいる

久しぶりにヴィレッジヴァンガードで、本を買った。
普段は変なものを買おうとすると、節約家の相方がとめてくる。
だが、今日は違った。

「これ、なんかすごい読みたい。ちょっと買ってくる!」
といったら、一緒に立ち読みをしていた相方が
「いいじゃない?!」
と即答。

こうして無事に手元にある。
それがこの本である。

普段、こんな妹押しの本は買わない私が、なぜこれを買ったのか。

ちょっと説明してみたいと思う。

超知りたかった、というベスト3に目が釘付け

ぱらぱらとみてみると、最初の数ページは結構真面目である。

・日本政府のしくみ
・アメリカ政府のしくみ
・中国政府のしくみ
・江戸幕府のしくみ

あぁ、そうなんだ、的な感じでそこは流す。

私が仕組みを知ってテンションがあがったのは、次の3つ。。

1、アメリカの警察組織のしくみ
海外ドラマの犯罪物が大好きである。
特に「クリミナルマインド」が好きなのだが、各地からの要請がないとFBIは動けないという。
その時の要請元が、シェリフだったり、群警察だったり、よくわからない。
行政の基本から説明してくれるから、めっちゃわかりやすい!
謎は解けた!

2、裏社会のしくみ
昨今話題になる・・・裏社会。分裂だとか、なんだとか。
気になっていた。
若頭とか、ほら、やくざ映画みればなんとなくわかるんですけれど。
なかなか図式化してみることもないので、かなりくぎ付け。
このページにはちなみに、中国、アメリカ、シチリア、ロシアのしくみもある。
(あるんだけど・・・なんか一部かすれているのですが・・・乱丁?)

3、軍隊のしくみ
シンゴジラを見たばかりである。
いやというか、昔から軍隊の組織図とかたまらなく好きなのである。
小隊がどういうふうになりたってるのかなんて、考えたことなかった。
こんなふうになってたのか!!
超くぎ付けである。

え、これ必要?という図解にニヤニヤ

それ・・・必要なの?と思いつつ、思わずにやにやしてしまった。
いや、載せる意味すらわからない、というのが野暮なのか?というようなぶっ飛んだ内容もある。

これはぜひ、本を買って読んでもらいたい。

1、大仁田のカリスマのしくみ
2、時代劇の判別のしかた
3、七曲署刑事在籍年表

特に時代劇の判別の仕方は秀逸すぎる。
いちいち、判別する分岐が面白すぎるし、欄外にも細かくいろいろ書いてあるので、時代劇にさらに興味がわく。
ちなみに私は「暴れん坊将軍」と「必殺仕舞人」がめちゃくちゃ好きです。

まだまだ気になるので、ゆっくり読もうと思います!

今日買ったばかりで、つまみ食いしながらページを繰っています。
まだまだおもしろい図解がたくさん。
旧約聖書の家系図とか、すごいの一言です。

みなさんも、出会ったらぜひ、手に入れてみましょう~。

 

THIS IS IT[何度も繰り返し見る映画]

マイケル・ジャクソンは好きではなかった。
私が彼を知った時は、スキャンダルにつぐスキャンダルのニュースしかない時代だったからだ。
すごい人なのだ、と語る人がいても、さっぱりわからなかった。
なにしろ、歌って踊るところは見たことがない。
ジャクソン5のマイケルと、ワイドショーに出ているマイケル・ジャクソンが同一人物だと理解できなかった。

マイケル・ジャクソンがすごいかもしれない、と知ったのは彼が死んでからだった。
大ヒットした「THIS IS IT」を見に行った。
あまりに話題になるから、一度見に行ったほうがいいんじゃないかと思った。
公開からずいぶん経った平日の昼間にいった。
満席だった。

“THIS IS IT[何度も繰り返し見る映画]” の続きを読む

平均的にできるって、どういうことなんだろうな

昨日家に帰って、カバンからPCを取り出すことすら億劫だった。
習慣化のための習慣化なのだから、といいきかせても、もう全然憂鬱すぎた。
「シンゴジラ」をひたすら見て過ごした。

正直なところ、6月が始まる前ぐらいから・・気持ちが低空飛行時期に入ってしまっている。
毎日がただ、しんどいなぁ・・・とおもって過ぎて行く。
達成感とかもないし・・・満足感もないし。
それは仕事でも、ブログでも同じことだったりして。

“平均的にできるって、どういうことなんだろうな” の続きを読む

今日も相方がブログに厳しい

筆が重い。

PCで書いている場合、筆が重いとか、のらないとか、そういう表現があっているかはさておき。

今、書きたいことがないんですよ(-_-)

とんでもなくえらい作家さんになったら、そういう言い訳もできるんでしょうけれど(苦笑)
こちとら、一介のぱんぴー。

そんなことをいっている場合ではない。
と、今日久しぶりにB塾にきて痛感している。
更新頻度とかどうしたよ、蒼。

“今日も相方がブログに厳しい” の続きを読む

ブログが私らしくない

先日、昔書いた記事を読んだ。
ほんの2~3ヶ月前の記事だが、文章の書き方が変わっていた。

特に変わったのは文章の長さ。
短くなった。
昔の話すようなリズムで書く文章ではなくなった。

短くなったことにより生まれたリズムもあれば、失われたものもある。

「らしさ」がなくなったように思う。
これはたぶん他の人からは、え、そんなことなの?と思われるようなことだと思う。

昔の記事を読んで、まず思ったことがそれ。

確かに今の文章の書き方のほうが短いし、端的。
1行が短いので読みやすいほうに進化したかもしれない。
(内容の読みやすさ、とはまた違うところが残念)

でも、書き手としての私らしさは、断然過去にあった。
あ、私の文章だ!と思えるパワーがにじみでている。

文章を短く端的にまとめようと意識してきた結果ではあるので、結果オーライではある。
でも、なんだか最近つまらない。
なんか、らしくない。
なんか、っぽくない。

おそらく他の人からみたら、「え、そうなの?」というような問題には違いない。
でも書き手の私からすると、深刻な問題だ。
だって、書いても書いてもなんか自分の文章じゃないなんて、おもしろくない。

言葉が生きていないってことじゃないか。

言葉で思いを表現するのがブログなのに。

それが私らしくないんじゃ、つまらないじゃないか。

怒りでもいい、心を揺さぶられるような何かがほしい。

帰りの夜空

心を揺さぶられるような、何かがない。

そんな言葉が心の中から浮かび上がってきた。

「いや、今自分的に落ち込んでる時期だからじゃない?」
繰り返し起きる、ハイとロウな日常を知っているもう一人の私が冷めたセリフを投げてくる。
「そのうち、またなんかハイになって、人生楽しいみたいになるでしょ。」

否定できないけど・・・否定できないけどさぁ。
それでもなお、心を揺さぶられるような何かがないって、悲しくないか。
私は考える。

心を揺さぶられるような何かがないんじゃなくて、心が動かない可能性だってある。
何事も淡々と受け止め、淡々と流していく、そういう習慣がみについているのではないか。

違うと思えば、違うと切り込んでいく怒りのエネルギーみたいなものが、若いころは常にあった。
ゆえに、気に入らない相手とは真っ向から対立し、大概との上の人とはもめた。
高校を卒業してからネットで日記を書き始めた。
ブログに移行する前から、そういう正義の怒りみたいなものが、ふつふつとあった。
ブログ以前のものはもうないが、初期のブログはまだ残っているのでたまに読む。
恥ずかしけど、おもしろい。
私から失われたパワーみたいなものが、びしびしと伝わってくる。

好きな言葉があって。
いまは国民的なドラマになってしまいつつある「相棒」の主人公、杉下右京さんの言葉。
確か・・SEASON2の時。
右京さんが、当時の相棒の薫ちゃんに自分は本来争いを好まない人間なのだ、と前置きをしていう。

「売られた喧嘩は買います。そして、必ず勝ちます!」

オリジナルのセリフはちょっと違うかもしれない。
このセリフが昔座右の銘みたいになってた時がある。

理不尽なこと、納得いかないことは、勝つまでやめるものかと、歯を食いしばっていた。
ただ接客業だったので、お客さん相手には・・・やりませんでしたよ、もちろん。
あ、1回あったかな。
「刑務所入ってたんだから、追加料金払えるか!殺しに行くぞ!」
と電話で言われた時。
「結構です。お越しください。ただお越しいただいても、こちらの電話でお話したとおりのお話をさせていただくと思います。」
死ぬ可能性よりも、怒りが上回るって恐ろしいもんだ・・・。
結局その人は来店しなくて、私は今日も生きている。

話がずれたが、怒りがパワーで文章を書いていた時代があった。
その頃が100%素晴らしいとはさすがに思わない。
でも、あの時と同じぐらいのパワーは自分の中にもうないのだろうか?と探す日々が続いている。

怒りでもいい、心を揺さぶられるような何かがほしい。

毎日、限界という言葉がよぎる

あれ、今日って何か書くことあるかしら?と思ってしまう最近。
行動がなくても、考えていることがあったはずなんだけど、初期の頃。
気が付いたら、思考も止まっている。

一足先に開催された、立花岳志さんのB塾中級、休日コースの方のテンションが高く・・・ハラハラしている。
参加メンバーのみなさんの、熱量がすごい熱いのですが・・。
大丈夫ですか・・・私・・・。
もはや、更新頻度から遠ざかりつつある( ゚Д゚)
いや、ここは気合を入れなおしてもらう意味でも、金曜日は挑んでこよう。

えっと・・・リハビリリハビリ。

さて、ここからは無理やりにでも書いてみよう。

最近はですね・・・限界、という言葉が頭をよぎっています。

先日もこんな記事を書いたのですが・・・。

とりあえず体に限界が来ています。
腕が限界。
朝目が覚めた時から、両腕が痛い、腫れぼったいみたいな・・そんな感覚です。
この仕事は長くはできない、と痛感しています。
今の体制になって1年過ぎましたが、精神的に瀬戸際。

「方針が明確じゃない」「何がやりたいかわからない」という体制。
1年保ててるのは奇跡。お店愛が強い人だけが踏みとどまっている状態になりつつある。
でも、もう限界じゃないかなぁ・・。

いい意味で、悪いチーム作りの中にいる。
反面教師・・・時代。

体限界でも、心が元気なら乗り切れるのですが、乗り切れない感じ。

そのうち・・・キャリア面談がやってくるのですが・・・どうしよう。
仕事辞めるにしても・・・今、私は何がしたいのかとか、何が好きなのかとか、何が得意なのかもわからない。
思考も指向も大渋滞です。

先ほどのブログに後輩が対店長ストレスが限界という話も書きました。
ちょうどSVが来店していて、後輩が「もうやめてやる!」といってないかどうか・・ハラハラしていると。

ドキドキしながら、その日出勤したところSVの姿はもうなく。
「どうだった、いったの?」
と聞いたところ、
「いいました!もう耐えられません!って」
と。

数々の仕打ちを訴えたところ、SVが一応の対応策を提示してくれたらしく。
少し待つ気持ちになったらしい。
何かあったらすぐに電話をかけてきてくれ、といってくれたのも気持ちが楽になったみたいで、私は安心。

いや・・・今週、後輩とは日曜日まですれ違いであわない。
何も起きなければいいなと祈ってます。

写真は関係ないですが、明るい気持ちになりたく。
・・・今日頑張って作った、ピーマンの肉詰め。
1~2年ぶりぐらい・・らしいです。
相方の好物です。

私の限界、後輩の限界[日々の記録が私を変える]

帰りの夜空

残業が続いている。
明け方3時過ぎに帰ってきてから、前はブログを書いていたのだけれど・・・最近はすぐに眠る。
体が・・・もたなくなっているんです。
右腕が痛かった3ヶ月前、今は左腕がいたく、軽いものをもつときにひねる動作が少しでも入ると痛い。
(ネットで調べると・・・どうやらテニスひじに近い症状)
痛い、と思っても左で重いものを持たないと仕事にならない。
あぁ、痛いな。痛いな。痛いな。と思って働く毎日。
脚も、腰も、痛い。
体が限界なのだろうなぁ・・。

限界といえば、職場の後輩も限界

後輩の対店長ストレスが、爆発寸前である。
いや、土曜日にすごい怒ってたし、日曜日には泣いたから、もう爆発してるのかな。
ちなみに・・・これを書いている今、本部のSVが来ているらしい。
店で後輩が「もう耐えられない、やめます!」とぶち上げている気がして、ハラハラが止まらない。(次に来たらいう!っていってたからな、昨日)

・・・機嫌悪くなって当たる相手が・・・後輩に向いてるんだろうなぁ・・と思う。
後輩はいつも笑顔で、怒ってるとか顔に出さない人。
店長は気づいていないのだろうなぁ、実はすごいストレスたまってることを。

かける言葉ってすごく大切。
例えばだけど。
みんなで元気よくいらっしゃいませ!というのは接客の基本だし、社員は率先垂範するべきところだ。
でも人間なので、ちょっと違うところに集中していてタイミングを逃したり、耳に入っていないこともある。

いらっしゃいませ!といわなかったことはよくない。
その人がどんな状況かは、お客様には少なくとも関係ない。
出来なかった行動には「いま、いえてなかったよ!」と注意することは必要だと思う。

でもその注意するときにかける言葉は選ばないといけない。

いつもは絶対に言う人が言わないのだったら
「いま、お客様来たじゃん!ちゃんといおうよ!元気ないの?大丈夫?」
なんて心配する方向からアプローチする必要があるのかもしれない。

「いらっしゃいませいえよ!やるきねぇなら、帰れ!」
っていうセリフを投げるとしたら、それはもう同じことを何回も繰り返すか、態度が悪い人だけにしてほしい。

やる気があるかないかなんて、1回の行動じゃわからない。

むしろ投げかけたセリフが、やる気を失わせていたら意味がない。

相手にかける言葉は・・自分の感情に飲み込まれて行ってはいけない。

という・・・反面教師的な例として肝に銘じているわけだけど・・・
後輩・・・やめるって・・・いっちゃったかなぁ・・・心配だよ。

ベッドから出たくない[日々の記録が私を変える]

珍しく昼間に記事を書いている。
なぜなら・・・今日ぱっちりと目が覚めてしまった。
仕事のLNEをうっかりみてしまって、いつもよりイラッとした気持ちで目覚めてしまった。

みなきゃいいんだが・・睡眠アプリをとるのに枕元にスマホをおいている。
時計を見るついでに、新着が目に入ってしまう。
よくない・・。

あぁ・・・・起きてしまったなぁ・・・。
もう1回寝る?ベッドであと2時間過ごす?
・・・ゴロゴロしながら、スマホをいじっていた。

私は休みの日以外は基本的にベッドからでたくない。
なるべくぎりぎりまでベッドにいたい。
仕事に行く現実を、本当にぎりぎりになるまで回避したい。

と、毎日毎日思っているのでふと、
「今日起きて何しよう!」
ってワクワクしたのいつが最後だっけ?と考えてしまった。

今日は早起きして出かけようとか、ディズニーランドに行く日だ!と思うと
ワクワクして眠れない割には、ばちっと目が覚める。
そういうハレの日はワクワクする。

でもごく普通の日、起きて仕事に行って帰ってきて眠る。
そういう日常の中で、ワクワクして目が覚めることってあった?
そういうことはしばらくない。

ワクワクする何かを自分で用意してあげないといけないのだろうけれど。

私・・・何にワクワクします?

そんな風に誰かに聞きたくなるぐらい、ワクワクもわからない午後。

アイキャッチの画像は、先日食べた天丼。
マイタケの天ぷらが食べたくて、頼んだのになぜか入っていなかった。
エビがそんなに好きじゃないので、マイタケとかかぼちゃとか、野菜の天ぷらが食べたいときに食べる。
これでもかと大きい春菊の天ぷらの歯ごたえがよかった。

でもこれを食べている私の視界の先には、午後のロードショーでやっていた、ワニパニック映画が、。
人がこれでもかとワニに食べられ、血がばしゃーって飛ぶ。
・・・・テレビ東京は・・・のどかな番組だけではないと、店の人に訴えたかった・・・。

体メンテナンスが終了したから次は・・[日々の記録が私を変える]

月末業務で、遅くなったので今日は短めに。

今日、歯医者の治療が終わりました。
次は半年後に、定期健診にいきます。予約も済ませました。

これで体メンテナンスは終了です。

胃カメラ、大腸内視鏡、虫歯、親知らず抜歯、歯ぎしり対策のマウスピース作成。

この2ヶ月、休みの大半を病院通いに費やしたため、ヨガやマッサージなどにいけなかったりなど弊害も。
でも、ここでしっかり片づけておきたかったのです。
今年を最後に、今の仕事をやめたいなぁ・・と思っているので。
勝手に思っているだけで、次は何をしたいのかとかは何も思いついてない。
健康をしっかり確保しておきたい。

次は心メンテナンスかなぁ・・・と思っています。
6月からブログ塾も始まりますし、新しいことを始めるために落ち着いた心を持ちたい。

・・・心メンテナンスのほうが・・・体より長いし大変な気がするけれど。
やらずには進まない気がする。

お気に入りのネコさんを・・・
・・・いつの日にかネコさんと暮らす夢をあきらめないために。