立花Be・ブログ・ブランディング塾 受講記2 我は何者か

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

今日は先日参加した、立花Be・ブログ・ブランディング塾中級2講の内容について振り返りたいと思います。
たちさんのB塾の素晴らしいところは、「やり方」と「あり方」の両方を学ぶことができること。

今回も前半は「人気ブログの作り方」というやり方を、後半は「我は何者か?」というあり方を取り上げてくださいました。

多くの受講生の方が、受講後にブログに書いていたのも「我は何者か」について。
私もやっぱり考えてしまいます。

人生で何を成し遂げたいのか、
ブログを通じて何をしていきたいのか、

立花さんから、何回もこのお話を聞いていてもまだわかっていないのが現実です。
200記事にも到達していない私はわからなくてもいいのかもしれないけれど、知っているのと知らないのとでは違うんだと思います。
“立花Be・ブログ・ブランディング塾 受講記2 我は何者か” の続きを読む

立花Be・ブログ・ブランディング塾 受講記1 講座参加は堂々と

今日は「立花Be・ブログ・ブランディング塾」中級第2講 平日コースに参加した。
振替の方も数名いて、今日は第1講よりも大人数。

先に書いておくと、この記事は講義の内容ではなくて、私が思う受講の心構えの話です。
また受講の内容は別にしようと思っています。

前回は学びが多かったけれど、自分の心が整ってなくて周りの方とコミュニケーションがとれなかった。
「私のようなものが場違いすぎる場所に・・・」と存在を消したいぐらいの状態だった。
なので、こそこそとお菓子をたべて、紅茶の種類を全制覇しにきただけの人だったと思う。

たぶん意味もなく、圧倒されていた。
場の空気が・・とかその時は相方に泣きついていたが、そんなもん私の受け取り方しだいだ。
こんなところでも、相対評価を自分にしていたというのが悲しい。

この1ケ月でいろいろ突き抜けちゃったので、なんの気負いもなかった。
PVも多い人に比べたら底辺だし、誇れるような記事数でもない。
でも、しょうがないのよ、それが現実。

でもだからといって、圧倒されることはなかった。
いろんな方とお話しできているし、場の空気もフレンドリーだった。

前回、懇親会についても同じような記事を書いている。
相手がどう受け取ろうと、伝えたいこと(特に感謝)を伝えに行けばいい。
そう思っていた。

今回も同じだ。
中級といえども、その中のレベルは何段階もある。
ブログをどういうものとして認識しているかも違うし、どういう風に使いたいかも違う。

何の結果をもとに成功とするかも、人それぞれだと思う。

そういうことすら、前回は気づけなかった。
気づけなくて、ただ一人でおろおろして、悲観していた。

今回は自然体だった。
それでよい気がしたし、1ケ月の結果の共有も後ろめたい気持ちにもならなかった。

それでいい気がした。

堂々といこう。
大切なことでもう一度書く。
堂々といこう。

講座の最前列で、堂々とのんびりしているソルちゃんを見習いたい。

ネガティブなことに向き合うのも、私の人生だ

1週間前、こんなブログを書きました。

この記事の気持ちに嘘偽りはなく、本当にネガティブなことばかりインターネットに発信するのはやめたいと思っている。
どうせ読んでもらえるならば、

「あぁ、蒼さんってこういうこと考えている人なんだな」
「こういう記事も書く人なんだな。」
「読んでなんかよかったな~」

と思ってもらいたい。

だからその記事を書いた後、1週間ぐらいはがんばってポジティブなネタを書くようにしていた。
多少ネガティブなことも、書き方を変えてみたり。
テンションを明るめに書いたり。

でも時を同じくて、まるで試練のように、お店の崩壊スピードが加速していった。
愚痴、不満、やめたい、あの人が嫌い、店長の言動がもう我慢できない!!マイナスな思いの渦にいることになった。
冷静に対処すべく、上の人に報告をしてみたり、休みだけどLINEで不満をぶちまけられたら時間を割くようにしたり。
私が考えうる限りの手は全部打ったと思う。

それでも昨日は、「それでも最長8月のお盆前に辞めたい。」というLINEに打ちのめされてしまった。

“ネガティブなことに向き合うのも、私の人生だ” の続きを読む

メアリと魔女の花 やはり宮崎駿監督ってすごいと痛感した。

今日は「メアリと魔女の花」を見てきました。
予告編が気になっていたので相方と一緒に見に行ってきました。

なるべく考えないようにしていたけれど、やはり「ジブリ作品」と比較してしまいました。
見方がどうしても辛口になってしまう。

“メアリと魔女の花 やはり宮崎駿監督ってすごいと痛感した。” の続きを読む

Nintendo Switchを買ったら、お肌の調子が良くなりました

昨日ふと気づきました。

「なんか、ファンデーションがすっと肌になじむ!!」

そろそろ肌の調子は良くない周期に入るにもかかわらず。
肌がしっとりしている。

お手入れを変えた訳ではない。
仕事前はニベアの青缶、夜寝る前は無印良品の敏感肌用の化粧水と乳液を、時々オイルも塗っているだけだ。

それでも前は、すぐに顎の周りにニキビができていたし、肌もなんだかざらざらしていた。

なんでだ?
なんでだ?

昨日一晩考えてわかりました。

Nintendo Switch買ってからなんです、お肌の調子がよくなったのは!!
買ってからゲームをしたくて、気が付いたら悪い習慣がなくなったんです!!

Nintendo Switchを買う前の過ごし方

深夜2時ごろ帰宅。
帰りにコンビニによって買ってきたご飯を食べながら、録画してあったドラマをダラダラみる。
PCを開きながら、スナック菓子(orチョコレート)を食べながら、1時間ぐらいかけて更新。
更新が終わったら、Facebook等を見ながらダラダラ。
4時頃、お風呂に入って就寝。

Nintendo Switchを買ってからの過ごし方

深夜2時ごろ帰宅。
帰りにコンビニによって買ってきたご飯を食べている間だけ、テレビを見る。
PCを開いて、ブログを更新。集中して1時間以内に更新する。
更新が終わったら、ソファーに座って、Nintendo Switchを起動。
ゼルダの伝説を1~2時間。
5時頃、お風呂に入って就寝。

深夜にお菓子を食べる習慣がなくなった

例えばドラマを見る時は、完全に受身なのでポテトチップスなんかを食べてました。
ブログを書く時も考えながらかくので、その片手間にポテトチップスを、はしでつまんでいたり。
一袋を一晩で食べるなんてザラでした。

ところが、ゲームをしていると手はコントローラから離せない。
すごくすごく集中しているんです。
つまり、お菓子を買ってきても食べている暇がない。

そういえば・・・起きて早々の体のだるさとか、胃の痛みもなくなったような気が。
Nintendo Switchの力、恐るべし。

これを機に、深夜のお菓子卒業するぞ!!!

ただ、別の悪い習慣は身についたんだけどね(汗)

ゲームに集中してしまうため、6時とか7時とかに寝ることが多くなってしまいました。
昼夜逆転生活がどんどん悪化しています。
いくらお昼の3時から仕事とはいえ・・・これではあまりにもひどすぎます。

ここはぐっとこらえて・・ゲームを出勤前に持っていけばいいのではないか。

ゲームしてから出勤ってどうなんかな。

生活改善は、またブログでご報告します!!

洗濯が好きなのは、祖父のおかげ

私は基本的に、家事が嫌いである。
料理も掃除もやらなくていいなら、やりたくない。

私にとって、家事はしぶしぶやるものである。
あ、ほこり・・・って思うとようやくちょっとクイックルワイパーで嫌々掃除する。
正直、ちょっとやそっと床とか汚くても、気にならない。
別に死ぬわけじゃない。
嫌いなことに時間さくぐらいなら、休みの日は好きなことをしていたい。
どうせ人も来ない家である。

そんな私が唯一好きな家事がある。

洗濯だ。

“洗濯が好きなのは、祖父のおかげ” の続きを読む

ブログ仲間が支えてくれるから、私は今日もがんばれる

帰りの夜空

3日連続で職場に出勤すると、ついその狭い人間関係にとらわれてしまう。
特に今は、お店崩壊の危機で、あっちゃこっちゃでやめる!!許せない!!とかそんな話ばかり。
それに気づかず、燃料を投下してさらに炎上させる店長。

今日は出勤してから、すごくすごくネガティブだったんです。
スタッフから聞こえる話はネガティブな噂話ばかりだし、お店も回転が悪く、入り口は人であふれかえる。
加えて、わがまま放題なお客さんがくるわ、トラブルはあるわ。
「あぁ、もう仕事やめてしまいたい!!」
と思わず、口走ってしまいました。

“ブログ仲間が支えてくれるから、私は今日もがんばれる” の続きを読む

こんなことしてるなんて、私の時間と脳みそがもったいない!

昨日突然思いました。
「こんなことしてるなんて、私の時間と脳みそがもったいない!」

夜中の2時。
主婦さん二人にやめる!!とぶちまけられ、後輩すら半年以内にやめようと思ってます~といいだした夜。
1人でPCの前でカタカタしてました。
お店崩壊の事態収拾のために、ありとあらゆることを考えて、手を打ってました。

なんか突然思いました。
「こんなことしてるなんて、私の時間と脳みそがもったいない!」

この1年、私は仕事を「マイナスの状態からなんとか0に持っていこう」としていた。
人のケアにしてもそうだし、取り組みについてもそうだった。
0からプラスに、っていうことよりも常になんとかマイナスを回避ししようとしてた。

これまでそれが仕事であり、私の義務だと思って、必死にやってきたけど。
本当にそうなんだろうか?

マイナスを0にするための1年間ってなんなんだろう。
人をやめないようにケアして、人件費が削られてルーティンワークを時間内にやることは不可能で、サービス残業の日々。

これって、どうなんだ?
私の人生にとってどうなんだ。

そして今、私は自分の時間を削って対処しているこの問題はなんだろう。
なんかデジャブ。よく考えたら1年前も同じ事やってた。

怒りがこみあげてきました。
なにこれ、私、なにやってんの?
もっとやりたいことあるじゃん。
ブログも書きたいし、ゲームもやりたいし、家の片付けもしたいし、コンビニ弁当じゃなくて、せめてスーパーの煮物を買いたい。
やりたいことこんなにあるのに、私はなぜこんなことしてるんだ!!

こんなんやってられっか~~~!!

なので、もう今回を最後にしようと決めました。

私は私の人生を歩いていくと決めたんです。
人のしりぬぐいのために、貴重な時間と脳みそを使っている場合ではないのです。
そして人に振り回されている場合でもない。

だから、もう自分の時間と脳みそを犠牲にするのはやめます。

今日はその宣言の記事です。
いつも大切な記事の時は、大切な場所、みなとみらいの写真をアイキャッチにしています。
「超ウルトラ8兄弟」の映画の舞台で、私のパワースポットです。

日曜日に休んだら、お店が崩壊してました

「先週の日曜日どうしていなかったんですか!!蒼さんがいたら、あんな事絶対にさせなかったのに!!」
と出勤してそうそう、パートさんにつかまった。
「私、もう耐えられない。やめてもいいけど・・・とにかくちょっともう耐えられないので、日曜日に入らなくていいですか!!」
腕をつかまれて、もう!!なんで休みだったんですか!!とせまられる。
「・・・ご、、ごめん。先週は、セミナーに出てて。」
パートさん、急にばっと腕をはなした。ちょっと表情も引き気味。
「え、蒼さん・・・宗教か何かをはじめたんですか?」
「そうそう、壺とかね買っちゃったり・・・って違うわ!!」

日曜日に休んだら、お店が崩壊してました

昨日堂々と、もうネガティブなこと書かないんだ~って書いておいて恥ずかしいですが。
今日はちょっと話題がネガティブです。

いや~困ってしまったなぁ~。
どうやったら、この問題解決できるんだろう。
久々の・・・というか、書かなかっただけでずっと続いていた、店長問題が炎上中なのです。
今日は出勤したら、冒頭に書いたパートさんに日曜のシフトにはもう入らない!といわれ、
有給休暇申請したら、その分シフトが削られました!と別のパートさんにもつかまる、
なんなら・・後輩もやめるめどができているので、最長でこれぐらいでやめようかと思います・・とかいいだす。

先週ブログのセミナーでて、すごく心が前向きになってました。
しかも一昨日から久しぶりの2連休。

気分一新リフレッシュ!!!

それが、頭をもう何十トンのハンマーで殴られたの?ってぐらいの衝撃。

なんだ、何が起きてるんだ。
青天の霹靂。

お店壊滅の危機が現実になりつつある。

冷静に思考と向き合うことができた

以前だったら感情的になっていた。

あいつなんなんだ!!責任感持って仕事しろよ!と怒ったと思う。
日曜日に休んだ自分が悪いんじゃないかと考えて、落ち込んだりもしたと思う。
スタッフさんがやめるといいだしたのは私のせいだと責任を感じたと思う。

でも、今回はちょっと違う。

「まぁ、お店の問題として対応策考えないといけないけど、私が傷つくことじゃないなよなぁ。」
「私が休んだから起きた訳ではなく、休んだことをきっかけに表面化しただけなんだなぁ~~。」

なんか前よりも冷静になりました。

それもこれも、先月カウンセリングを受けたからだと思う。

よかった。

私は少しずつ前向きに人生を歩んでいる。

ネガティブな発信をして、悲劇の主人公になりたい?

今日書く話は、私の大きな失敗の話だ。
この失敗をリカバリーできるのはいつになるのかわからない。
過去の私から、現在の、そして未来の私への戒めの記事だ。

あなたはネガティブな発信をして、悲劇の主人公になりたい?

これまでの私は少なくとも、ずっとそうしてきた気がする。

愚痴、悪口、嘆き、を書くのが楽しいのは、同情してもらえるからだ

仕事の愚痴、上司の悪口、自分の人間関係の不運。
こういうのを書けるの、
mixiしか、twitterしか、Facebookしか、ブログしかないんです。
ということを言い訳に、ものすごい数書いてきたと思う。
ブログ歴=ネガティブ発信歴みたいな気がする。

書きたいなら家のノートにひっそりと書いておけばいいのに、それを人の目にふれるところに書きたい理由。

同情してもらえるからだ。
心配してもらえるからだ。
大切にしてもらえるからだ。

「大変ですね」
「そんなことがおきるなんて・・・」
「がんばってください。」
「大丈夫?応援しています。」

いや、コメントがなくてもいい。
いいね、を押されるだけでもいい。

それだけで気持ちがおさまる。
ほらね、私って大変なんだよね。
私ってかわそうじゃない?
私悪くないよね。

悲劇の主人公気分が大きく満たされる。
そのまま特に変化をすることもなく、明日もきっと同じ内容の発信を続けるだろう。

悲劇の主人公なので、幸せを一切目にしたくない

毎日同情してもらえて悲劇の主人公になってくると、人の幸せな話題に勝手に傷つくようになる。

私の場合は年齢的にも、結婚、出産、子育ての話題に一番傷ついた。
自分の人生が失敗なんじゃないか、と思えてきて、そういう幸せを目にしたくなくなる。
ひどいときは、ゴールデンウイークやお正月の長期休みの海外旅行の話題にすら傷ついた。
私はそういう休みの取れない仕事をしているので、勝手に不幸だと思った。

・・・ミュート、フォロー外す、ともだちやめる、とにかく目をそむけるようになる。

自分のネットの中には同じように不幸な人か、自分に優しくしてくれる人が残る。優しくしてくれる人には本当に迷惑な存在であった・・謝りたい。
居心地はいいが、自分の人生は変わらず、悪いことが置き続けている。

だから今日もネガティブなことを書く。
その繰り返し。

「自分の人生を取り返そう!」と思ってポジティブな発信を意識するようになった

2017年。
私は自分の人生を取り返そう、と思った。
立花岳志さんのB塾に通って、ブログを通じて自分を変えていこうと思って気分一新。
ドメインをとってこのブログをはじめた。

でも最初の頃は、というか、ついこの間まで、私はやはり8割がたブログにネガティブな発信を続けていた。
考え方はなかなか変わらなくて、仕事の不満とか、人への怒りばかりがネタになった。

しかし、Facebookで新しくつながることができた方、コミュニティで出会った方の発信にふれていくうちに変わってきた。
「ネガティブなことばかり書いていると、そういことをひきよせてしまうから、楽しいことをかくといいよ。」
とアドバイスしてもらえたことも大きかった。

そして自分の気持ちも変わろうと思っているからだろうか。
環境の変化にとびこんでいく話題、たゆまぬ努力がつづられる記事。
そもそも別世界過ぎる、社会的地位の方の世界。
新鮮でどんどん読みたくなった。

曇天の空から差し込む光のごとく、降り注ぐポジティブなパワー。
そうだ、私もそちら側に行きたい。

書くようになってきたポジティブな話題。
たくさんの人に見てほしい。
私が見上げる光の先にいる人にも、読んでもらいたい。

そんな時にふと気づいた。
あれ、もしかして私の発信って、読んでもらえてない?

これまでのネガティブ発信のツケ噴出

Facebookは友達申請は受理するが、自分のタイムラインに表示させるかさせないかをフォローで選ぶことができる。
なので、お友達としての関係は残っているけれど、一切投稿を読まない、ということができるのだ。

ネガティブ発信一辺倒だった私の記事は、読んでもらいたい人の目には触れなくなっているようだった。
もちろん、本当にそうなっているかどうかはわからない。
でも、なんとなくそうなったんじゃないかな~ということが薄々わかった。

これまでのツケが一気に噴出。

ポジティブな世界にいる人たちは、みんな自分が人生の主人公だと知っている。
主人公として、自分や周りの世界を幸せにするべく生きている人たちばかりだ。

悲劇の主人公を気取っている人に、かまっている場合ではないのだ。

最近しみじみと、昔の自分を反省しながら発信を続けている。

いつかまた、読んでもらえるように。

自分が変わっていくために。

余談 アイキャッチの写真の理由

アイキャッチに、エナジードリンク「モンスター」を選んだのにも理由がある。

もう一つの私のネガティブ要素。カフェイン中毒時代にも戻るつもりはない、という宣言である。