「ほらね、こういう人生なのよ、私」のニュアンスを変えるために

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

この数日でまた転職活動がどどっとすすんで、書類選考通過の連絡が複数きました。
もちろん全部うまくいっているわけではなくて「さようなら」って言われている企業もあります。

現状、「よっしゃ、やったね!」と思う反面「スケジュールが過密すぎてこなせる自信がない。」とか不安が顔を出します。

これがよく私の中で顔を出す「私の人生うまくいくわけない」的な思いなのでしょう。
そっちのほうがなんか私っぽい気がしてしまう。
うまくいかなかったら、いかなかったでものすごく落ち込むのに。
どうやって向き合って進んでいくか、が今回の課題のような気がします。

悪い連鎖が続くと、なんとなく「ほらね。」と思う

今月の頭に面接を受け、返答期限を過ぎても連絡がなくということがありました。
面接の時点で「採用はない」というようなことはいわれていたのに、連絡が来ないのはストレスでありました。
間に入ってくれたエージェントの対応もよくなく、企業側なのかエージェント側なのか、理由はわかりませんが、その対応の悪さに相当うちのめされました。

で、1週間ぐらいたって立ち直ったころ、来たんです、連鎖。
「行きました、この店、すごくよかったです!」
っていうFacebookの投稿が(笑)

「今、一番見たくない!!なんでこのタイミング!!」って思いました。
と同時に、心の中で「ほらね、こういう人生なのよ、私。」って。
そういう悪いことが連鎖して起きて、うまくいかないのが私の人生なのよ、って言い聞かせると淡々と対処できる。
いや、淡々とするために心を殺すのかな?
そんな感じでした。

こういうの、割とよくあります。

嫌なことを呼び込んで、「自分はこういう人生」って見せつけて自分を納得させている節があります。

でも人生を変えたいんだから、「堂々と楽しんで」いこうと決めてみる

これまで通り、「ほら、自分ってうまくいかない人生なのよ」って受け止めていたら、何も変わらないという自覚はあります。
せっかく書類選考を通ったわけですから、このチャンスをつかみ取りたい。
仕事の環境を整えることで、自分の人生もしっかりつかみなおす。
そのために、転職活動を始めた訳ですから。
ここで「ほらうまくいかない」なんてやっていたら、本末転倒なわけです。

思えば、新卒の時の就職活動も、4年前の転職活動も
「え~い、もうどうにでもなれ!堂々と、楽しむ。挑むしか道はないんだ!」
って思ってから道が開けたように思います。

だから、今回は最初からそういう風に挑んでいこうと思います。
「堂々と、楽しむ。」

あと、「どうせ、全部うまくいく!」という言葉を胸に刻んで「バッターボックスに立ちづづけ」ます!

きっとそれが「ほらね、こういう人生なのよ、私」のニュアンスをネガからポジに変えるんだと信じて。

写真は、スタバでお気に入りのほうじ茶のラテをいれた記念。

体メンテナンスをおろそかにしたら、頭の筋肉までこっていた!

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

ここのところ、仕事は休めないし、転職活動もしているしで、いろいろ体のメンテナンスを怠っていました。
気持ちと体をリフレッシュする、ホットヨガには・・最低でも1ケ月はいっていない。
マッサージには1ケ月に1回いっているけれど、足りていない。

休みの日も基本的に転職活動で気を張っています。1日2~3か所回るなんてざら。
そりゃぁ・・・昨日みたいに職場でパニック状態になったりするよなぁ・・自分って思ったり。
職場は職場で、埋まらないシフトを見て、私なりに日々、心を痛めています。
後輩もストレスをためていて、早番だと寝れない寝れない!っていっているし。

最近は出勤して希望シフトに「×」がずら~って並んでいるだけで、気がめいります。見たくないけど、見ずにはいられない・・。

そんな私も今日と明日はお休みです。片付いていない仕事もいったん無視して、全力でお休みです。(転職活動は一部ありますけど)

なので、今日マッサージに行ってきました。

マッサージに今日はいっておかないと、やばい・・と思っていました。

今日起きた時に、体ががちがちで驚きました。痛みで目が覚めたといってもいい。
なので今日は全身の調整だけでなく、リフレクソロジーも追加しました。
肩、腰、むくみの自覚があったからです。

今日はしかし、がちがちすぎて、背中も首も肩も、腰も、かなり強めに押されてたみたいだけれど指が全く入らない。
逆に足は、老廃物たまり過ぎて痛くて痛くて「や、、やさしめで・・」と涙目。
胃腸のあたりのツボのごりごりがひどかったらしいです。

マッサージで思ってもみないところをほぐされた

骨盤や背骨の矯正も含まれているコースなのですが、私の話を聞いた担当の方は、首のコリをほぐした後、すぐに顔周りと頭のマッサージをしはじめました。

あれ?今日ヘッド系のマッサージ頼んだっけ?

そう思って聞いてみたら

「首と肩につながってますから。頭の筋肉が凝ってますからね・・・。これだと頭が呼吸できないですよ~」
とのこと。

「頭が呼吸?!」

詳細な内容は忘れてしまったのですが、頭も呼吸することによって髄液を流しているらしいのです。
それが滞るとよくないとか。
先日ヘッドスパをやってもらったばかりなのに、ほぐれは一瞬で消えてしまったようです、とほほ(´・ω・`)
お風呂に入った時に、湯船で自分でやると効果がありますよ、と教えてもらいました。

最近確かに、ブログも書いてる、ノートも書いてる、転職活動でPCとにらめっこしてる、あれやこれやと思考はとまらない・・・

疲れは取れなくても毎日を過ごさなくてはいけない

終わっては見たものの、正直まだ疲れはとれていません。
時間を見つけて、またいっておきたいです。
なにしろ・・来週は遅番からの早番・・睡眠時間5時間弱で挑むシフトの日もあります。
(自分で作っておいて悲しかったですが・・店長の休みと、後輩の負担解消です)
休みの日はカウンセリングや、セミナーもあります。たぶん・・・選考も入ります。

自分である程度無理しないラインをきめておかないと、また職場でバランスを崩しかねません。
ということで・・・職場の仕事も人に迷惑をかけない程度でやっていこうと思います。

たぶんそれぐらいに思っていても、断れなくて無理するんで・・・言い聞かせておきます。

写真は、今日のご褒美のお寿司。
えんがわ、大好き。
しかし、写真が下手過ぎて・・・餅のようだ・・・。

久しぶりにパニックになりかけた話を記録しておく。

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

もう寝ようと思ったのです。
今日はなんだか体調がすぐれず。
体調というより、心の調子というのでしょうが。

何年かぶりに、職場でパニックになりかけました。

パニックというか、呼吸しづらいというか。
自分が退勤する時間が近づき、バトンタッチして、そこからシフトを作り始めてますます悪化。

本当はシフトなんて投げ出して帰りたい。
今すぐに帰りたい。
このままでは、まずい・・そう思いながら・・PCの前でシフトを作っていました。

アルバイトリーダーが、新人に教える声、
オーダーが入る音、
誰かが来る気配

そういう全てが迫ってくる感じがして、逃げ出したかった。

逃げてもよかったんだろうか。

結局アルバイトリーダーが、一人で締め作業できるかまでを見届ける約束をしていたので、そこから4時間店にいたのですけれど。
帰るころには少し落ち着いていましたが、それでも呼吸のしづらさは今も続いています。
(本当はそのあとも抱えている仕事が1件と、やっておきたい経費精算とかあったけど、それはさすがに捨てました)

何が原因だろう。

仕事のストレスなのか、転職活動も並行していてほとんど休んでない事なのか。
ただの栄養不足か。

それでも、前職にいたころよりはマシなのですけれど。
それこそ、心療内科に通っていたころは手の甲はカッターで傷だらけだった、
(当時はそれを触っていないと、椅子に座っていられなかった。傷ついていると体感しないとだめだった。)

前職をやめる直前は、のどがつまって声もあまり出ないまま、カウンターで接客していたし。
事務所に座っているのすらパニック状態で死ぬかもしれない、と思っていたし。
PCを開いて仕事をしている感じをだしているし、キーボードをたたいているけれど、怖くて怖くて、息ができなかった。

やめてよかったよ・・・・本当に。
やめてから転職活動をするまでに3ヶ月ぐらいかかったしな・・・。

そう考えると、今日のこれはきっと・・・ホルモンバランスのせいか、疲労なんだと思う。
だから、今日は寝て、明日はマッサージに行こうと思います。
マッサージの後は1件エージェント訪問があるけれど、そこはそれほど圧迫感があるわけではない。

だから、大丈夫だと思う。

今日という日を記録して眠ろうと思う。

いつの日か読み返して、大丈夫だったとおもうために。

突然ですが、今、泣きたいです。全然涙でないけど。

みなとみらい

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

突然ですが、今、泣きたいです。
泣きたいなぁと思っているのですが、涙はみじんも出てこないし、すごく淡々とこの文章を書いています。

疲れてしまった。

泣いてしまいたいと思ってるのに、理性が完全に感情に勝っています。

今日は気を張りまくっていました。
だからだと思うのです。

“突然ですが、今、泣きたいです。全然涙でないけど。” の続きを読む

「手招きして呼ばれる=怒られる」の自分方程式を発見して驚いた

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

今日、常連のお客様が帰りがけに私の顔をじっとみて、ちょいちょいと手招きをしたんです。

その時反射的に私が思ったのは「なに?なんかやった?怒られる?」だったのでした。
冷静に考えると、今日はそのお客様にかなり喜んでもらえるような対応をしていたのに。
そしていってみると、やはり「今日はいろいろサービスしてくれてありがとうね。」とお礼をいっていただきました。

なんでそう思ったのかなぁ~と、お見送りした後に不思議に思いました。

みなさんは、ちょいちょいと手招きされるとどう思いますか?

「手招きして呼ばれる=怒られる」の絶対的な方程式

私は仕事関係で、誰かにちょいちょいと手招きされるときは100%警戒しています。
上司に呼ばれれば怒られると思うし、アルバイトの子に呼ばれたら何かよからぬことが起きたと思います。

わざわざ呼ぶ=「アンラッキーなニュースを聞かされる」、「クレームを言われる」、「怒られる」

そういう未来しか想像できないって、ちょっと悲しいですよね。

わざわざ私にお礼を言うお客様なんていない!って思っていると気づいたのは衝撃でした。
もちろん仕事なので、お礼をいわれるために仕事をしているわけではないのですが。
でも、「お礼なんていわれるわけがない私」という自己肯定感の低さがこんなところにもでてきたのです。
心を込めて、「あ、あの人にはこういうサービスのほうがいいよな。」とか、ベストを尽くせるよう考えています。

日々の自分の仕事に、もっと自信と誇りを持ちたいですね。

私にとっての当たり前を、喜んでくださる方もいるわけですから。

手招きされた後、怒られる記憶は母親からきている?

もうちょっと考えてみると、手招きして陰で怒られるって、子供の頃の記憶です。
父方の親戚がいるところや、お客様にいる時に、ちやほやしてもらって、両親ともにニコニコしている。
私、すっごく楽しい~~ってなっているのに、ふと母親に手招きされていってみると、鬼の形相でめっちゃ怒られるみたいな。

さっきまでニコニコしていたのに、実は心中では私のことを悪く思っていた!というあの衝撃。
だったら、その場で怒ってくれよ!!と何度思ったことか。
もちろんやんわりと注意したりしていたでしょうし、立場上そうそう派手に怒れなかったろうと、今では思います。

でも、青天の霹靂。一気に気持ちは天国から地獄へ。

手招きされることへの、恐怖心はここからきているような気がします。

とにかく転職活動は、前に進んでみることにする

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

今日も今日とて、転職活動をしています。
「会社員の自分=成功していない=不幸」という心の方程式を昨日見つけてしまった。
それでも、今日も続けてみるのです。

書類選考に応募する会社を決めていく時に感じる不毛感

エージェントを4社利用していますが、今、それほどワクワクするような会社には出会っていません。
(というか、1社めっちゃわくわくしたところから、ものすごくご縁がない感じで終わったんですよ。)

紹介される一発目の求人が一番、豊富で数が多いのだから、ここから選ぶのよ!という圧力をかけられるわけですから、
一応今、私に提示されているのが「お前にとってベスト」ってことなんだろうと思います。
他人が選んでくれた求人票を前に、「これが選ばれた、ベストの選択なのか・・・」とちょっとため息ついたり。

しかも言われているのです。
「合格率を上げるためには、最低20社ぐらい書類選考に応募してくださいね。」と。

そういわれて、もらった求人票をいろいろみるのですが、「お、これならいいかなぁ。」と思うものだけ選ぶと10社も行かない。
「じゃあまぁ、これもいれとくか。」みたいな感じでなんとなく増やす。

それでもその「なんとなく」という失礼な増やし方をした企業からも「お見送りです」といわれたりすると傷つくんですよね。
前回がそうだったので。
自分のそういうめんどくさいところは、100も承知でやる、このポチポチ。
(冷静に考えると、ほぼ合わないかもと思って応募して、お見送りされたら、お互いにとって幸せなんだけどね)

「あぁ~~~~~不毛!!」って思わなくもない。

それでも転職活動を続けてみる理由

そんな「不毛!!」って思ったり
「シフト作ったりしないといけないのに、暇がない!」
「やりたいこと他にもいっぱいあるのに、なんで転職活動してるんだろう!」
みたいな気持ちになりながらもなんで続けるか。

やっぱり進まないと変わらないからだと思います。
毎日同じ日々をこれからも過ごすことは簡単です。
腕が痛い、腰が痛い、人がいない、つらい、疲れた、つまんない、店長仕事しろ!って毎日7割ぐらい思っている。
それでも時々、常連さんと楽しい会話をしたり、スタッフの成長に目を細めたりがあって、やっていける。

そう、きっとやっていけるんです。
だってそれが今の私の日常だから。
日常はどんなにつまらなくても、安定感がある。
惰性でもこなせるから、実は楽なんですよ。

でも、何も進まないです。
もしかしたら会社から、いつかは「蒼くん、来期はちょっと本部で働いてみないかい。」って異動の打診があるかもしれません。
いつかはね。

でも、いつかは自分では選べないんです。
そして永遠に来ないかもしれないんです。

転職活動は自分で選べます。
「会社変える!」って自分で選べます。
結果的に第1志望に入社できなくても、自分で選んだ会社にひとまず入れます。
自分が選んだ事に少なくとも「挑戦」できます。

もしも「やっぱり転職しない」って選んだとしても、それも自分で選んだことだといえると思うのです。

職務経歴書、数字もっと入れませんか?ってやっぱりいわれて頭をかきむしっている夜に。
ちょっと思ったことを書いてみました。

全社比較してみるとよくないですか?って簡単に言うけど、基本的に現場はそういうことうちの会社はやらないんだよ・・。
やってもいいけど、指標が一般的じゃないから書けないんだよ~。どうすんのさ!!
イライラしつつ、今日はもう寝ます。

そう、イライラしているけれど、結局のところ私が選んだことなので。
転職活動、続けよう。

大塚彩子さんの「男は背負って強くなる」に衝撃を受け過ぎた

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

お風呂に入りながら、Facebookをぼけーっと流し見していたら、大塚彩子さんのブログの記事がシェアされてきました。
私が通っているB塾(ブログ塾)の主催者、立花岳志さんの奥様で、カウンセラーをされています。

実は私、4年前、ちょうど無職の時代に彩さんにセッションをしていただいたことがあります。
なのにいまだに、B塾などでお会いするとうろたえてしまいます。
実は冠婚葬祭以外で、他人の前で号泣したのが初めて、という経験が呼び起されるのです。

話がそれました。

私は彩さんのメルマガも購読しているので、実はこの記事を読むのは2回目なのです。
なのですが、加筆されたブログ記事の破壊力がすさまじくて。
Facebookにシェアするだけじゃ気持ちが収まらず、PCを開いてしまいました。

まずは、彩さんの記事はこちら▼

“大塚彩子さんの「男は背負って強くなる」に衝撃を受け過ぎた” の続きを読む

思考を整理するノート 9/22の頭の中

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。
今日も思考を整理するノートやってみました。
毎週スタバでやるのが、ちょっとしたご褒美も兼ねていていい感じです。

さて、9/22の私の頭の中はどんな感じだったでしょうか。
今回は書いている内容がかなり偏ってます。

今週の気になるキーワード

1、休みたいだけ 自分の時間がほしいだけ 時間ってどうやって生むの?

先週に引き続き、同じキーワード。
それは「時間」。
今週は、21連続出勤を終えて、エージェント会社に提出する書類に追われていたこともありますね。

後は、「自分の時間をもう少しきちんと取りたいんです。」と転職理由をいうたびに、エージェントさんから少し説得されるようなところがあり、気持ちが暗くなっていたこともありました。
「時間がほしいっていうのってだめなの?」
「時間がないのは、やっぱり私のせいなの?」

みたいな。

先週も同じキーワードで書いていましたが、またニュアンスが違うんですよね。
先週は、「時間どうやって作っていこうかな~」という明るいノリ。
今週は、「時間がないのは私のせいなの?」というちょっとした絶望感。

そういう違いを気づけるというのも、このノートタイムのおかげです。

2、とりあえず高速道路を走りたい

なんでこれ書いたんか、本人もさっぱりわからない一文。
私、車運転できないのですが・・・。

でもなんかあるんだな、きっと。

3、自分の知っている世界はせまい

転職活動をしてみて思うのは、30を過ぎると「キャリアチェンジ」が、基本出来ないと、いわれます。
今日はエージェント巡りをしていたので、1日に3回いわれました(笑)
(できないというか、難しいし、したところで給料下がるだけでメリットないという言い方をされます)
そうなってくると、なんか急に自分の世界が狭く感じられたんですね。

私は大学時代のアルバイトから接客しかやったことがないので、もう15年近くやってるんですけど。
その世界しか知ることができないって、つまんないなぁって思ったんです。
もちろん、接客にも幅があるし、50人お客様がくれば50通りといわないまでもいろんなことがあります。
奥深い仕事だから面白味はあると思う。
でも、なんかつまんないなぁ・・・って思った。

特に「キャリアチェンジマップ図」みたいなものをみせられたときに、
「行きやすいのはこれとこれです。」っていわれた、どれもがぴんとこない、どころか、やりたいとすら思わない。

自分の知っている世界はこのまま狭いままなのか?って思って、テンションが下がりました。

・・・やっぱり、会社員やめたいのかしら。

「私は幸せじゃない」という言葉がでてきたので、本当にそうかどうか検証してみた

今日の深掘りワードは「私は幸せじゃない」にしました。
本当に日々幸福感がないんですね。
なので、本当かどうか、やってみるか~って書いてみました。

で、幸せじゃないと思った理由を書き出してみました。

今回時間がなくて、「お金」「時間」「成功」「きれい」までしか深掘りできなかったです。
(今度、残りの「結婚」「やりたいこと」「家汚い」もやるかなぁ・・・)
そのうち、4項目の中で一番ぐさっときてペンがとまったのは「成功」というワードでした。

私にとって成功とは「自分の名前で生きること」。

「自分の名前で生きるということ」とは「自分に価値があること」。

「自分に価値がある」ということは「みんなに必要とされるものを提供できること」。

と書いたところで、完全に手がとまりました。

一番心に刺さったのは「私は今、自分に価値がないと思っているのだ」ということ。
会社員の私は成功してなくて、価値がないと思っているのだということ。

ということは・・・私は会社員として転職しても、永遠に「成功してなくて、価値がない」って思い続けるのか?
少なくとも今の状態では、そういうことですよね。

でも、もしも私の友達が「私、会社員だから全然価値ないんだよね。」っていったら「なにいうてんねん!」っていうと思う。

これは・・・心の問題をちゃんと解決しないといかんなぁ・・と。
とんだ地雷を掘り起こしてしまいました。

3回目の総括は「心身元気じゃないと、やっぱり脳内は暗い」

今回は、体が強烈な時差ボケ状態になっていること、心身にかなり負担がかかっている状態で行いました。
正直ノートの中身で、明るいワードが1個もない。
「旅に出たい」「引っ越したい」って一応書いてるけど、すぐ下に「したいことが即物的」って速攻全否定。

人間はしっかり眠って、食べて、心にゆとりがないとポジティブになれないですね。

来週のノートタイムは、心にゆとりをもって行えるといいなぁ。
スケジュールはしっかり調整していこう。

そんなことにも気づける、ノートタイムおススメです。

真夜中のブロガー、睡魔に負ける

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

今日は5時起きで仕事でした。
真夜中のブロガーが、日の光の下1日働き、美容室で髪を整えてまいりました。
職場の人には「うわ~蒼さんが朝にいるとか、珍しすぎる」といわれ、何か変わったことが起きるたびに「呼び込んでる!」とネタにされました。

美容室ではヘッドスパで眠り込んでは、もったいないと全力で美容師さんとおしゃべりしてしまいました。

そして、なんとかかんとか・・・未完成でもエージェント会社に履歴書とか職務経歴書送りました。
3社とも形式が違うってのは・・・。

明日は書類を送った3社を、1日巡ります。朝は10時から夜は21時ぐらいまで・・・。
都心をうろうろ、うろうろしています。
どんな仕事をしたいのかという、価値観みたいなものをノートで見つけ出したと思います。
心を強く持ちたい・・・。
価値観はわかってもそれが、このままこういう仕事を続けることなのか、違う仕事にキャリアを変えていくことが可能なのかはわかりません。
もちろん明日の3社めぐっただけで人生が決まるわけでもありません。
打たれ弱いので、結構明日はへこみそうですが、ノートをもって、合間に本屋で本を買って1日過ごします。
(どうしてもだめそうなら、いったんカラオケに行って歌う)

書類を書きながら、相変わらず今まで自分がやってきた仕事を人に誇っていいのか・・・わからないという。
典型的な自分OKだせない病が昨日からぜんぜんとれません。

私の普通は世の中でいうどれぐらいなのか・・数値ではかれないことをかけるのか。

昨日Facebookでアドバイスをいただいて、少し見えた気がしました。
「入社3ヶ月ぐらいの子2人と、3人で5時間店を切り盛りしてサービスとか、オペレーションのトレーニングをしている。
 それでも私が担当している時間帯の客数は去年の1.2倍ぐらい増えている。」
みたいな。

うん、みんなでがんばってる。いいことだ。
みんなががんばってくれてるから、ちゃんと客数のびてるんだ。

キーボードをうちながら、あくびが2秒に1回のペースででるので、もう寝ようと思います。

おやすみなさい。

履歴書、職務経歴書を書くのが苦手だという話

帰りの夜空

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

ようやく21日ぶりに完全オフなので、来月の旅行の代金を振り込んだり予定をこなしました。
明後日に控える、「転職エージェント巡り」という一大イベントを前に、もう超憂鬱。

履歴書、職務経歴書が本当に苦手。
特に職務経歴書。

何がしんどいのか・・・ということをいったん書き出して・・・気持ちを切り替えようという作戦です。
いえ・・・ちょとした逃げです。

数値で、客観的に伝わるように書こう!が一番つらい

「売上●●円稼ぎました!」っていう営業さんとかは書けるのだろうか。
「コストを●●円カットしました!」って総務の人は書けるのだろうか。
「人員を●●人採用しました。」って人事の人は書けるのだろうか。

店舗で働いていても、たぶんかけるのだと思う。
「新商品のおススメトークをし、直営平均よりもこれだけ売りました!」みたいな。感じで。

でも・・・どうも胸を張ってかけない。
そんなん別に私だけがやっている成果ではない、と思ってしまう。

みんなでやろう!っていう一言があって主導したら、私の手柄になるのだろうか?
「私が主導し、あれやこれやを工夫したのでうまくいきました!」という発想になればかけるらしいのだが、全然そう思わない。
思ったことがないので、前回も非常に苦労した。

やりたいと言ってくれたことをサポートして、「こうやってくのって楽しいよね!」ってやってきた前職。
「私もこういうのやりたかったからやってみたわ。こういう売り場はどうですか、お客さん?」って感じ。
別にそこで売上アップさせたかったんじゃなくて。
お客さんにこういうの借りてみない?って提案したかっただけ。

今なら、「サイズアップしてお金を稼ごう!」っていうよりも「夏は暑いからサイズアップしたほうがお客様もいいんじゃない?」っていう言い方をしている。

お金を稼ぐとか、施策で売上上げるよりも、今いるお客さんの満足度を上げるほうが大切。
新商品すすめるよりも、いつもの一杯でくつろいでもらったほうがうれしい。

しかし・・・そういう思いは履歴書とか、職務経歴書に書くところがない。

別に普通のことを普通にやっているだけだと思う

うちの会社は現場上がりの人が多いので、基本的にパソコンが使えない人が多い。
なので、「Excelに電卓で計算して数値を入れる」という人が本当にいる。
CSVでダウンロードできるのに、その数値を紙に移して、手計算とか真面目にやっている。

(そのせいか・・いまだに報告とかベタ打ち形式が多い・・・。)

その中で、私は大学時代から使ってきたし、前職ではExcel必須だったから、簡単な関数はできる。
CSVがあるなら、vlookupとかif関数を使えばただシートに張り付けたら、数値を拾えるよなぁって思ってGoogle検索しながら、自力でシートを作ったりしている。

それを見て、
「すごいハッカーだ!」
とかよくわからない評価で社内の人は感心してくれるのだけれど・・・これって割と普通じゃないですか?

パソコンが苦手な人からしたら、すごいことかもしれないけれど、世の中もっといろんなものを駆使している人もいるわけで。
スキルにしては足りないと思う。

そういうなんていうか「え、別に普通じゃないの?」って思うことの中に、実は誇れるものがあるとか、そういうことがわからない。

オペレーション能力も別に秀でているわけでもない。
私より、きれいで、早くて、同時にぱぱぱぱってできる人はたくさんいる。
アルバイトもいる。

ただ私は毎日来る常連さんを1人ずつ覚えて、いらっしゃったら挨拶して、作成して、提供して、ってことを繰り返している。
席とか、好みとかはだんだん覚えていく。

そういう日々の「普通」の積み重ねをやっているだけ。

こういうのって、履歴書にも職務経歴書に、どうやって「数値で具体的に」書けばいいんだろう。

わからない。
こうやって書き続けてきたけど、全然わからない。

普通を当たり前にコツコツやっているだけで、入社の時よりは進歩しているけれど、それも4年もやってれば当たり前だし。

・・・履歴書と職務経歴書の樹海から、全然脱出できません。
誰か・・アドバイスください・・・