心を自閉モードにするのは簡単だよ。戻すの大変だけどね。

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

今日職場が久しぶりに忙しかったです。
人数に合わせてテーブルを動かしたり、片づけたりしてるところに、注文が入って、料理を運ばなくちゃいけなくて、
飲み物も作らなくちゃいけなくて。

そういう時に「これだけはやらないで!」といわれていたことをまたやってしまい、オーダーが立て込んでいる店長に語気強めで注意される。

あとこれもやめて、あれよりもこれをやって!
とそのほかもいろいろ注意されたり、怒られたり。
その間にもお客さん来て、注文受けて、飲み物作って、ってひっきりなし。

でも、誰も助けてくれない。
なぜならフロアには私しかいないから。

途中で、「あぁ、もう働くの嫌だわ。」って気持ちがぷつんと切れた。
でも、ここでやってられねぇよ!ってやっても、店は満席なわけで。
放り出してふてくされたとしても、お客さんどうする・・・って

そこでどうしたかというと、ひたすた唱えた。
「心を自閉モードに。何も感じない。大丈夫、何も感じない。」

自閉モード。
私の大好きな攻殻機動隊にでてくる。
脳がネットにつながっている(電脳という)という利便性の反面、ハッキングされて記憶を書き換えられたりしてしまう。
電脳をネットから話しておくことを、自閉モードという。

私はとりあえず、心を自閉モードにしたかった。
目の前のことを一つ一つ片付けていく。
明るい声と、笑顔は反射的に作れる。
だから、とにかく負の感情をいったん切り離したかった。

実は注意されたことに関しては、やっちゃいけなかったな・・と反省することがある反面、納得のいかないこともあった。
それに対して「なぜこういう注意をしているのか」と説明はちゃんとしてくれるのだけれど、納得がいきそうにない。
たぶん場面に対する理解の背景が違う。
私は別に自分がやっていることが間違っているとも思わなかった。
「あれよりもこれをやってくれ!」といわれた「あれ」のほうが優先順位が高いと思っているからだ。
むしろ「これ」を自分がお客としてされなくても構わないと思っている。
だから説明されても、心底納得できそうになかった。

でも、そんなことをいってても仕方ない。
10秒ぐらいで割り切っていかないと、仕事に差し障る。
そういうルールだと言われればそれに従うより、私には道がない。

ずっとムッとしていたり、内心納得いかないんですよね、とつぶやき続けてもしょうがない。
だったら、とりあえずいったん自閉モードにしてしまおう。
目の前の作業、目の前のお客さんに集中しよう。

自閉モード。
自閉モード。

唱え続けた。
そして、閉店後気づいた。

口のあたりが強張っている。
歯を食いしばったみたいに。
そういう意識はなかったけれど、どうやらお客様に向かっていない時の「無」の時に力が入っていたらしい。
でも「あの事が納得いかない」とか「注意されてむかつく」とか「注文の空気読め!」とかそういうことは一切心に浮かばなかった。
負の感情はなかった。
目の前のことに集中できたし、よしとしよう。
ナイスだ、自閉モード。

しかし、自閉モードの後遺症というか弊害が後々現れた。

おもしろいとか楽しいとか、そういう感情がよくわからなくなった。
いつも通勤電車の中では、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」をコツコツやっているんだけど、そういう楽しいものにふれようという気すら起きなかった。
無の感情のまま、twitterを見てた。Facebook見てた。
タイムラインはどんどん動くけれど、感情はあんまりちゃんと動かなかった。
指だけが情報を流していっていた。

これはいかんなぁとあせりはじめたけれど、家についても1時間ぐらい動かなかった。
さっき、ようやくゲームセンターCXの再放送を見て笑えた。
忍者龍剣伝のエンディングまでみて、ようやく笑った。

そういえば、これってあれじゃないか。

「ごめんなさい、こんな時どんな顔をしたらいいかわからない。」
「笑えばいいと思うよ。」

脳内で一人エヴァンゲリオンができそうだな。

・・・BUMP OF CHICKENの「アルエ」をお風呂で歌ってみようか。

そんな夜更け。

心の反応スイッチもON/OFF自由にできないものか

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

今日はビタミンCを持っていくのを忘れたからか、女性のバイオリズム的に低調だからなのか。
とにかく・・・嫌なことしか起きてないんじゃないか?っていう感じでした。

怒りで震える、ぐらい嫌なことを言われました。
あまり詳しくは書けないけれど、
「他の貧乏人より、3回もきてる業界人の俺が使ってやるんだからいうこときけよ。」
というようなことをお客さんにいわれました。

本当に怒りで震えたし、言葉も出てこなかった。
頭の中で、このお客さんにいいたい罵詈雑言みたいなものがぶわ~~って50倍速の字幕みたいに流れていった。
その時はいつもみたいに「無」であることで、流したのだけれど。
店が全部閉まって片づけをしていたら、突然泣きたくなったのでした。

結局泣きはせず、今も特に泣きもせず。

ただ、怒りだけはずっと消えないで心にいます。

怒りを感じるのは自分の受け止め方次第だとしたら、怒りを感じたのは私のせいなのか?
私の受け止め方が違ったら、気にも留めないでスルー出来たりしたんだろうか。
怒りが二次感情だとしたら、私のこの感情の大本はなんなんだろう?

家に帰るまで頭の中でぐるぐるしていたんですが、結局答えは何もでませんでした。

ただ「あの時こうだったら」といくら考えても無駄だし、
怒りを感じたのは自分のせいと、自分自身を責めるのも違うし。

今ここで笑顔で会話している私は、いったい誰なんだろうか。
心の中の感情と表情が分離している。
(本当は分離してると思っていても、ちゃんと顔に出ていたりするのかもしれないけど、自分の顔を見られないからわからない)

しかし、新卒で入った会社で受けてきた理不尽なクレームなんて、今日を軽く上回っていたなぁ。
殺すとか、死ねとか、かかった時間をどう補償してくれるんだとか。
そういうの日常茶飯事だったし、そんな内容に1時間とか付き合ったりしてたっけ。

あの時は大丈夫で、今は大丈夫じゃない。
あの頃のほうが心のキャパが広かったのだろうか。

自分は接客スイッチのオンオフは得意な方です。
裏で壁にパンチするぐらいイライラしたりしても、笑顔で話すこともできるし、酔っぱらったお客さんの相手もできます。
どれほど裏で無表情でも、フロアに行ったらスイッチちゃんと入ります。

ここまでできるならば、感情も同じぐらいオンオフできたりしないものだろうか。
接客スイッチ入ったら、心の反応スイッチ切れないだろうか。
右から左へ受け流すだけにならないだろうか。

時々なんで笑顔でいられるんだかよくわからない時がある。

言葉に出来ないスキルは、世界にとってはないのと同じ

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

自分の好きなこと、得意なことを、人に伝わるように言葉にできる能力ってすごいなぁと思っています。
そういうふうになりたいなぁ、と思っているのですが・・・なかなかそういう風になれません。

“言葉に出来ないスキルは、世界にとってはないのと同じ” の続きを読む

ピアノも英語も「音」から入ると、抵抗がないと気づいた日

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

今日で友人のちかちゃんの、英語コンサルが終わりました。
3回に分けて、私の得意なところを伸ばしてくれたし、よりよくしていくためのポイントも教えてもらいました。

完全にオーダーメードでプログラムを作ってくれるし、よりそってくれます。
苦手意識はあるけど、英語と仲良くなりたい!という人は、ぜひぜひちかちゃんのコンサルやセミナーを受けることをオススメします!

ちかちゃんのブログはこちら▼

英語のコンサルを受けて、今日はっきりと「そっか、私は音から入る人だったわ!」ってことを認識しました。
それは私がピアノを習っていた時からそうだった、と今日突然思い出したのです。

私は楽譜を見ても、初見で弾けない人でした。
最初に「音」が必要だったのです。
そしてそれが英語の学習もどうやら同じじゃないか!と気づいたのが、今日の大発見!

“ピアノも英語も「音」から入ると、抵抗がないと気づいた日” の続きを読む

私が料理好きな人にいわれてしんどいことTOP3

帰りの夜空

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

私は料理が嫌いです。
料理が好きな人に「私、料理は嫌いですし、できないです。」という話をうっかりすると、大概しんどい思いをします。

今日は私が料理を好きな人にいわれてストレスを感じることをまとめてみました。

私が料理好きな人にいわれてしんどいことTOP3

1、楽しいし、簡単だ!といわれる

当たり前かもしれませんが、話している相手は料理が大好きなわけで。
自分が大好きなものを嫌いである、ということを理解するのは難しいですよね。

例えば私はあんこが大好きですが、相方は食べられません。
「なんで・・・こんなにおいしいのに!!」って毎回いってしまうのですが、
無理やり食べさせてみたところで「ぐはっ、めっちゃあんこ!!」ってもだえ苦しむだけ。
好きになるわけではありませんし、まずかった・・嫌い・・という感情が積み重なるだけです。

料理が嫌いということも同じで、別に回数を重ねるから好きになるわけではありません。
私は前職ではキッチンもやっていたので、仕事や作業としてやる分には回数を重ねてできるようになりましたが、好きになることはありませんでした。
4年間やって好きにならなかったし、楽しいということもありませんでした。
ランナーズハイみたいになって、時間内にオーダーをさばけたときは、やったね!みたいなのはありますが、サンドイッチ作るの楽しい!とかにはなりませんでした。

「やってみたら案外簡単だよ!」
「いやいや、餃子とか2人で包みながら、今日会ったこととか話すと楽しいよ?!作りなよ!」
「食材もこれぐらいしかいらないし、10分ぐらいでできるよ!」

料理が好きで得意な人が、親切心から一生懸命いってくれるのはわかるのですが・・

「簡単とかじゃなくやりたくないし、料理の好きなあなたの簡単と私の簡単って違うから。」
「餃子を包むぐらいなら買ってきて、ご飯食べながら話してて十分楽しいから」
「10分を料理にかけたくない」

という思いにしかなりません、ごめんなさい。

2、調べたら簡単に作れるよ!といわれる

「今どきネットで簡単にレシピ調べられるし、こんな簡単な手順で!っていうのもあるから、作れるよ!」
という励ましをもらうことがあります。

そもそも調べません。
なぜなら「おぉ、これを家で作れるかなぁ~」っていう発想になることは、まずないからです。
というか「これ食べたい!」って思うこともほとんどないです。

「いきなりステーキでヒレステーキ食べたい!」とか
「最近花月でラーメン食べてないから、行こうかな」とか。
食べたいと思う時には、お店のメニューで思い浮かびます。

「家でヒレステーキを美味しく焼きたい」とか
「花月の私の好きなラーメンを家で再現したい」とか
全く思いません。

思わないので、検索することがないです。

料理が好きで、得意な人は、「これって家で作れるんじゃね?」って思うみたいです。
そして調べてみて、実際に作ってみる。
足りないものはなんとなく、なんとかして、再現できるといわれたことも。

・・料理の嫌いな私からしたら、超アメイジング。

私が検索して実際に作ったことがあるものは、ピーマンの肉詰めぐらいです。
外食で食べるのが難しいので・・。
無色で暇な時に、突然食べたくなって作りました。

3、料理できた方が絶対にいいよ!といわれる

料理できた方が絶対にいい。
よくいわれます。
本当によく言われます。

「男は絶対に料理ができる女がいい、できるようにならないと結婚できない!」とパワハラ上司にいわれたこともありました。
まぁ、それはどうでもいいですが。

「自炊すると、お金やっぱりたまるよね」
「栄養も考えると外食より自炊がいい」
と生活のアドバイスでいっていただくこともあります。

この2点については、そうなんだろうなぁ~と思います。
異論はありません。
自分でコントロールできる部分だということも理解できます。

理解できますが、嫌いなんです。

「節約するために、休みの日に作り置きおかず!」
そんな特集を見て私が思うこと。

「貴重な休みに、なぜ料理をしなくてはならんのだ!!」

それにつきます。

だからごめんなさい、料理ができたほうがいろいろいいとわかってます。
わかってるけど、ごめんなさい。
嫌いなんです。

私たち、きっとわかりあえません。

本当に善意で一生懸命説明してくれているのはわかります。
私のためを思ってくれていることもわかります。

でも、頼むから、私を説得しようとしないで。

私たちはきっと住んでいる次元が違うんです。
決して相容れることがない、運命なのです。

私たち、きっとわかりあえません。
根本が違うから。
好きと嫌いは相いれません。

だから、他のことで共通の話題を探しましょう。
話題はほかにもあるはずです。

今日も定期を忘れた

こんにちは。真夜中のブロガー、蒼です。

今日は出かけるのですが、定期を使える路線にお出かけでした。
会社の新年会にも行かなくちゃいけないので。

なのに、定期を忘れました。
駅の改札で、あ、やっちまった(´;ω;`)って。

これは実は3回目ぐらい。

通勤用のリュックに、定期入れを固定してるので、通勤には便利なんですけど、こうやって出かける時に忘れちゃう、、、。

定期使わない路線は、スマホで乗ってるので余計に出かける時思いつかないみたい。

原因はひとつ。
前日の夜に出かける準備してないからだと。
明日乗る電車を調べた時に、定期を取り出してスマホのケースに入れておけば、、問題なかったはず。

って前回も思ってたような気がするのに、あっという間に忘れたので、、今回は反省を込めて電車でモブログしました。
via PressSync

今のままでいい、何も変わらなくてもいい

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

最近アウトプットがめんどくさくなっています。
「嘘つけ、どんだけFacebookとtwitterに投稿してるんだよ!」
と思われるかもしれませんが・・あれは私にとってはアウトプットには入りません・・。
それこそ、つぶやきとか、思いついたことを書くだけなので。

ブログを書くとか、ノートに考えを書くとか、自分の頭の中のものを咀嚼してまとめていく、ということに気が向かいません。
先日3記事書いたりしてますが、あの日はたまたま行けそうな感じになったんですよね。
そのうち一つは買い物メモみたいな感じだし。

ブログ筋力が衰えているからだよ、という意見ももっともで・・・リハビリのためにもっと書いたほうがいいのかもしれない。
思いついたこともブログにするとか。
Facebookじゃなく、モブロクして記事を増やすとか。

・・・・とか、いろいろ考えないこともないのだけれど・・・。

気持ちが乗りません。

いや・・・建設的なこと、自分が進歩するために必要なことを全てしたくない気分。
原因はよくわからない。

何も考えずに、どうぶつの森をポチポチしていたいです。
ぼーっと海外ドラマをみていたいです。
本じゃなくてマンガ読んで終わりにしたい。
ソファーで動かずにぼーっとして1日を終わらせたい。
自分から何かしたくもないし、とりあえず、一人でぼーっとしていたい。

そういう季節なんだろうか。
冬だし、寒いし、そういう気分に左右されちゃってるのかもしれないなぁ、と思う。
もしくは1ヶ月経っても、まだ仕事に割くエネルギーが大きいのかなぁ。

でも、本当は原因とかあんまりなくて。
単に自分がやりたくないだけのような気がします。
建設的なことをしたくないだけ。
進歩したくないだけ。

新しいこととか知りたくないし、気づきたくもない。
今のままでいい、何も変わらなくてもいい。

世界が広くならなくてもいい。
新しい人と知り合わなくてもいい。

そして、そういう波は割とやってきて。
いつかその沈んだ気持ちにあきたり、突然思いもよらないスイッチが入って浮上する。

んで、世界を広くしたくなって、いろんなところに出かけて、いろんな人と会って、いろんな本読んでとか。

だから・・・無理しないことにします。
今月も記事の量産は目指さないし、建設的な記事も書かないし、誰かのためにも書かない。
自分の人生がつまらないから、つまらない記事になるのもよしとします。
書かなくてもいいし、書いてもいいし。

いいの、今、そういう自分だから。

そういうことにして、相方とDVDでも見て過ごそうと思います。
夜のおやつに、Douのどらやき買ったしね。

バシバシ買い物してるので、買ったものをただ記録しておく

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

今日なんと3記事目。
7blogsとか出ない限り、こんなに書かないよ。

最近、立て続けに買い物をしています。

高いものからそうでないものまで。
基本的には本が多いですが、高いものもポンと買ったりしてます。

今日はただ記録しておこうと思います。

“バシバシ買い物してるので、買ったものをただ記録しておく” の続きを読む

2018年をどうしたいかは、これから考えるよ

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

2017年の振り返りを先日しました。
こんな感じ。

せっかくふりかえったので、2018年のことを考えようと思ったのですが、特に何もでてきませんでした。
したいこととかも、意外に何もでてこないのですよねぇ。

“2018年をどうしたいかは、これから考えるよ” の続きを読む

思考を整理するノート術 1/11の頭の中

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

約1ヶ月ぶりにノート術を実施。
ほんとはできたと思うんです、ちょいちょい早起きしてたので。
でもこの1ヶ月は、文字を書く、文章を書くとか、全てがめんどくさくて。
海外ドラマのNCIS:LAを見るだけが楽しみでした。

今日もそんなに本調子ではなく、予定と予定の間に50分ぐらい時間があったのでやってみました、ノート的な感じ。
いつものように時間を計ってとか、そういうことはせず、なんとなく書き出してみるだけ。

今週の気になるワード

1、頭の中にある、対語をたくさん書き出した感じになりました。

前向きと後ろ向き
ブレーキとアクセル
インプットとアウトプット
適当と真剣
絶望と希望
闇と光

自分の中にある「変わりたい」と「変わりたくない」がせめぎあっている1ヶ月のような気がします。

12月に仕事を変えたことで、環境を強制的に変えました。
研修先も3か所あって、それぞれが全く違う。
店の席配置も違うし、メニューも違うし、略語も違うし、客層も違うし。返事の仕方すら違う。
「あいよ」とある日はいい、「OK!」ってある日は言うし。
・・・時々なんて返事していいかわからなくて言葉に詰まる(苦笑)

その変化にどーんって繁忙期にとびこんだから、結構大変。
やっていることはもちろん「接客」だから、全くできないことはない。
だから、仕事しての作業とかオペレーションは、割と早い段階で覚えた気はしている。
ポカミスとかはしますけどね・・。

でも、これまでと同じマインドではいられないんですよね。
接客といっても求められているものが違うので、自分がよしとしてきたいいものが、今回は違うとかが繰り返されることもある。

もしつらいとか、ストレスを感じるとかがあるなら、そこなんじゃないかなぁと思う。
「え、そんなの受け入れられない」と思うようなお客様の対応をたまにすることもあるし
「あの人とこの人と指示が違うんだけど!」と3人ぐらいからいっぺんに指示受けてパニックになったりするし、
「言われたとおりにしたのに・・なぜ怒られる」っていうこともあるし。

そんなん今までもよくあって、そういうのを笑顔でさらりと流せる年齢にもなったと思う。
自分のそういう負の感情がわきあがってくると、「なおのこと朗らかに」「ゆったりと」みたいな言動にスイッチしていく。
「なかったことにする」という得意技が発動する。
(これ以上すすむと、人の前では笑顔、それ以外は無表情に進む)

でも心の中では全然なかったことにはなっていない。

2、虚無、空虚

最近のもう一つのキーワード。
負の感情、特に怒りとかを得意技で「なかったことにする」のを続けると、どんどん自分の中が空っぽになっている気がする。

空っぽにして何かを受け入れる状態が整っているなら、万々歳なのだけれど。
そうではない。
エネルギーが枯渇している感じ。
アウトプットしたいものがない。

いや、一つだけアウトプットされ続けているものがあった。

自分への不信感だったり、
自分の過去を憎んだり、
自分の空虚さに絶望したり。

心の中でなかったことにしていたものが、心の中で悪い方向で熟成されて(というか腐った)どーんってでたのが年末年始。
年末年始は元日をはさんで、6連勤、1休み、7連勤みたいな勤務だったから疲労も来てたのかもしれない。

一昨日と、今日と休みの感覚が近くてリフレッシュしたところはある。
いきなりステーキで肉を食べたのがよかったのだろうか。なんか芯が元気になった気がする。

しかし、私の中のそういう空虚から来る爆発的なダークサイド的なものは、まだ胸の中に眠っている。
超根深いと思う。

スターウォーズの世界にいたら、ファーストオーダーからスカウトされるんじゃないか。
フォース持ってないけど。