ここを渡れば【写真から言葉を紡ぐ】

「ここを渡れば、君の世界へ帰れるよ」

誰かそういってくれないだろうか。
家路につく足取りはいつだって重いままだ。

陸橋の階段を上りきると、いつもつい立ち止まってしまう。

陸橋を渡り切ったそこに、誰かが、そうだな、白いワンピースをきた女の子とかどうだろう。
その子がいってくれるんだ。

「ここを渡れば、君の世界へ帰れるよ」

もう何十回もそういう想像をしながら、この陸橋を渡る。

まばらについたマンションの灯り。
誰かを乗せて走る車のヘッドライトの流線。
あともう少しで沈む地平線の太陽。

あかりがこれほど世界には満ちているのに。
どうして俺はこれほど孤独なのだろう。

これから誰もいない、暗い部屋に帰るからだろうか。

誰かの言葉が恋しくて、つけずにはいられないTV。
何かとつながらずにはいられなくて、開くSNS。
明日が来るのが怖くて眠れない夜。

「ここを渡れば、君の世界へ帰れるよ」

そう、自分が当たり前に幸せな場所はどこなんだろう。

ワクワクして目が覚める朝を最後に迎えたのはいつだ。
自分が心から食べたいと思ったものを食べたのはいつだ。
誰かに愛想笑いをしなかった日はあるのか?

陸橋を渡る足取りが一段と重くなる。
いかん、またこういうことを考えてしまった。

誰も迎えに来やしない。
こんな妄想は何度繰り返しても救われはしないのに。
それでも思わずにはいられないんだ。

それでも思わずにはいられないんだよっ!!
突き上げるような怒りがこみ上げてきた。

なぜなんだ、なぜなんだ、なぜなんだっっっ!!!!
なぜ俺を迎えに来てくれないんだよっっっ!!!

バサッと物が落ちる音がして我に返った。
手に持っていたビニール袋が地面に落ちていた。
慌てて拾い上げて、歩き始める。

何に怒っているんだろう。
残された今日1日の、わずかなエネルギーを無駄に使った。
疲れた。
そう疲れてるんだ。
夢をみている場合じゃなかった。
帰ろう、家へ。

 

 

 

 

歩きだした、男の耳にそっとささやいた。

「ここを渡れば、君の世界へ帰れるよ。」

あぁ、聞こえなくなってしまったみたい。
今日は気が付いてくれそうだったのに。
この人は気づいてくれると思ったのに。

毎日毎日、声をかけ続ける、この陸橋で。
この世界に来てしまった人たちを見つけては声をかけるのに。
全然気づかない。
いろんな世界に迎えに行くけれど、この世界に来てしまった人には届かない。
どうしてだろう、この世界からは誰も戻ってこない。

幸せで戻ってこないのなら、まだあきらめもつく。
白い服の主は暗い顔で、男の背中が去っていった方角をみる。
でも、と浮かぶ疑問が唇からこぼれ出る。

「どうしてこの世界から、誰も戻ってこないの?」

あとがき

この世界じゃない別の世界があると思っている。
毎日生き辛くて、幸せじゃない時に、そう思っていた。
いつか誰かが迎えに来てくれるはずだから、それまで頑張って生きていようと。
小さいころから繰り返し思ってきた。

誰かが迎えに来てくれるはずなんだ。
きっと誰かが迎えに来てくれるはずなんだ。

でも、大人になってその希望すら見ることを忘れてしまっていた。
もうこの世界からでることすらあきらめてしまった。
何も変わるはずのない日常をあきらめて、生きていた。

そういう日々を思い出して書きました。

私にとって夕暮れは、一番心身を病んでいた時の出勤時間でした。
夕飯の香りがして、灯りがともる家をみて浮かんでいたのは絶望でした。
自分にはこういう幸せが訪れることは絶対にないと思いながら、いや、そう思うことすら心にストップをかけて働いていました。

なので、今でも、夕暮れの中で一人でいると、ものすごい孤独に襲われることがあります。
せつなくなるときもあります。
夕暮れって不思議な時間ですよね。

今回も使わせていただいたのも、空気感フォトグラファーの花村貴史さん(なむさん)の写真。noteの継続課金マガジン、「空気感フォト」の中の作品の一つ。
もう「3」まででています。
今回のお写真は大阪の夕暮れの風景だそうです。
月額1000円で購入できます。
みなさんもぜひ!

相方がいてくれてよかった話

昨日、ちょっと心理的にヘビーなやり取りを、メールでしないといけなかった。
その時点で、平気だよ~って自分では思っているし、そのようにふるまってはいたけれど、なにせネガティブ・プロフェッショナル。
ちょっとずつ、「もしも」「いや・・でも・・」というネガティブ発想に侵され始めていた。
そういう文面が次々と送られてきていたし、過去が想起される。
あの時に言われた言葉とか、あのときにされた態度とか、そういうことがちょっとずつ増幅されていた。

そういう全てと縁を切っていきたいと思っていたのに、という悔しさもあった。
うまく事が運んでいかない、とイライラした。
本当に新生活が危機にさらされるぐらいの不安を感じていた。
ネガティブへの想像力無限大が、いかんなく発揮されそうになった。

でも、ある一言で目が覚めたのでした。

“相方がいてくれてよかった話” の続きを読む

共感力を広げるために、ただいま訓練中

フリーランスになって半月と少し。
学びに行ったり、会いたい人に会いに行ったり、準備を進めていったり。
有意義な時間を過ごしている。

お金との関係性や、あり方の勉強も徐々にしているし、なんだかそういうお話を聞く機会も多い。
だから、ちゃんと自分にとって必要なものがアンテナに引っかかっているなって思う。
そして今、自分にとって「お金とは共感力」というキーワードがでてきた。
今の時代に即した感覚を失わずにいくことが大切なんじゃないか、と信じているからだ。

意識してやっていることがある。
それは、「いい!って思ったことを伝える」ということだ。

いろんなSNSで、流れていくコメントでいいなと思うものにはたくさん出会ってきた。
でも、いいねを押すだけで終わらせていることが多かった。
無言でRTのボタンを押して、終わり。
もしくはスクショして、LINEの自分専用名言グループに張り付けておいたり。
自分だけで完結させていた。

今はできるだけ、すごくいいなと思えばコメントをいれて伝えるようにする。
コメントをつけてリツイートやシェアをしてみたり、直接コメントをしてみたり。

「共感したよ!」っていう感覚を磨きたいし、それに対して反射的に「共感の和を広げる」という行動をする。
訓練というと、ちょっと語弊があるかもしれないけれど、習慣化をめざして反射的にできる訓練中。
まずは1日1件から。

小さいことだけれど、進めていきたい。

最悪まで想定したけど、現実はそうでもない!の法則

何かに挑戦するとか、あんまり気乗りしないけれどやらなくてはいけないこと、を前にしたときにあなたはどういう反応をするだろうか?
頭の中で想定した過程を淡々と行いつつ、軌道修正できる人だろうか?
それとも、不安に駆られて動けなくなってしまう人だろうか?

私は後者だ。

“最悪まで想定したけど、現実はそうでもない!の法則” の続きを読む

ある男の思考【写真から言葉を紡ぐ】

景色が流れていく。
広大な湖と、のどかな田んぼ。
ふっと眠りそうになってしまうぐらい、心がゆるんでいくのを感じる。

いかんいかん、眠っていても起きていても景色は流れてしまう。
次に目を開けたら、もう住宅街なんてことになりかねない。
目に焼き付けておかなければ。

小さく、欠伸をする。

あれ、小さいころなんだかそういう内容の歌を聞かなかったっけかな。
結構リアルで毎週どうなるかわからないぐらい、ハラハラして。
かっこいい刑事さんが出ていて、あんなふうになりたかったんじゃなかったっけ。
刑事ドラマ?いや、なにか・・・ヒーローが出ていた気がする。
なんだったかな・・・。
大好きでたまらなかったのに、なぜ思い出せないんだろう。

考え込みながら、走る電車の窓を眺めた。
青空に薄く雲が伸びている。

いったんもめん、みたいだなぁ。
いや、せっかくだから、もっとかっこいいものはどうだろうか?
湖の龍神様が天に昇っていくとか。

思わず苦笑してしまった。

龍神様って。
そんな話、昔話か、2時間サスペンスにでてくるご当地エピソードぐらいしか最近出会わないよ。
大体、いったんもめん、だってアニメのキャラクターじゃないか。

口に運んだ缶ビールがぬるくて、また苦笑いだ。
冷たくないうちに、なんで飲まなかったんだ。

それにしても、ずっと同じ景色だ。
木々で覆い尽くされた山。
どこまで続くんだ、この湖は。

あ、あの山のふもと、湖のぎりぎりにある建物は何だろう。
ホテルか何かだろうか。
陸から行けるんだろうか?
船でしか行けないとか?

そうなると、何か犯罪小説の舞台になりそうだな。
ちらちらと見える、ウインドサーフィンのプレーヤーが殺害現場を目撃とか。

いや湖の犯罪なら、こうして俺が車窓から目撃するのも悪くないな。
おや、車窓から目撃される犯罪の小説がなかったかな。
結構有名なヤツ。
なんだっけなぁ・・・・

ぬるくなったビールを最後まで飲み干す。
だめだ、思い出せない。
帰ったら本屋で探してみるとしよう。

少しずつ家が増えてきた。
田んぼに看板が増えると、街が近い証拠だ。
まだ目的地まで時間がある。
少し寝るとしよう。

あとがき

最近始めた試み第2弾。
写真や画像を見てわいてきたインスピレーションを、言葉にする、という課題。
今回はフィクション。
車窓を眺める男の頭の中。

電車に限らず、バスもそうかもしれないが、車窓から見える景色をみて無心になることがない。
一瞬ですぎさる1軒の家にもドラマがあるのかもしれない。
田んぼの真ん中に山があって、お社がちらりと見えたりするとか。
今も誰かがお参りするんだろうか、と想像する。
誰も通らなそうな道に、乗り捨てられた車があったりもする。

そういうことから、いろんなことが頭の中でぐるぐるとつながって、とんでもなく昔の記憶や言葉がでてきたりする。
でもちゃんと思い出せずに、また次の考えが上書きしていく。

この男も、きっと終点の駅に着くころには、何を考えていたのかも忘れて次のことを考えている。

ストレングスファインダーでいうところの、内省さんの頭の中ってこんな感じじゃなかろうか。
私の頭の中はいつもそんな感じ。
常に何かを考えている。

今回も使わせていただいたのは、空気感フォトグラファーの花村貴史さん(なむさん)の写真。
noteの継続課金マガジン、「空気感フォト」の中の作品の一つ。

フィクションはもう何年も書いていないから、ちょっと違和感がある。
でも、また続けて自分の中に表現が戻ってくるといいなと思っている。

オープンマインドでのお茶会 知ることができる幸せを改めて考えた!

今日はお友達のおうちに、お呼ばれしてきました。
ブログ塾で同じ授業を受けたお友達で、前からずっと「今度お茶を!」というお話をしていました。
これまで残念ながらタイミングがあわず、講座が終わってから1年後に念願のお茶会となりました。

でも、今、というタイミングがとてもよかったと思います!
共通点もいつの間にか増えていて、とても楽しい時間でした。

“オープンマインドでのお茶会 知ることができる幸せを改めて考えた!” の続きを読む

自分の絶望パターンを知っておく ある日の私の絶望パターンを書いてみる。

一昨日ぐらいから、ネガティブ・プロフェッショナルの本領発揮。
とにかく何をやっても楽しくない。
というか、楽しいことが浮かばない。
自分を責めることか、状況に無駄にあせることしか思い浮かばない。

普段なら楽しそうな投稿に、嫉妬を感じたり。
どんな前向きな投稿にも、責められている気持になったり。
頑張って書いてみた記事で、エネルギーが空っぽになってしまったり。

こういうことが月に数回来る。
たぶん女性なので、そういうバイオリズムなのだろうと最近は悟ったけれど。
それでもついつい、平穏にいかず悪いほうに転がしてしまっている。

昨日も6時間ぐらいソファーの上にいて気づいた。
あ、これは「絶望パターンだ!!」って。

大体動くことも嫌になり、ソファーの上に落ち着く。
何かを考えるのも嫌になり、テレビを延々と見る。
というのが、私の絶望パターンだ。
こうなると、何もかもがとまり、流しとか皿が放置されるし、最低限の家事もストップする。

しかもこういう時に、つい何か楽しいことをしようとして、無理なチャレンジをしようとしてプレッシャーをかける。
昨日は「久しぶりに小説の文庫を買おう!」というのをやってしまった。
でかけた先に、大きい本屋があった。
買いたい本があったので、それを手に取っておわらせればよかったのだが、
なぜか「せっかく本屋に来たから、小説買おうかな~。」と、文庫売り場を回り始めてしまった。
何周回っても、これだ!という気持ちにならない。
あせりだすと同時に「やっぱり小説が読めないのか。」と自分を責め始める思考がはじまる。。
「何かを買って帰らなければ!」というよくわからないプレッシャーを自分にかけて、水槽の魚のように本屋を回る。

昨日はそれでも1冊選んで帰ったのだが、家に帰りついたとたん、先述の絶望パターンに落ちてしまったのだ。

ただ、昨日は絶望パターンに入った!と気づくことができたのがよかった。
途中で、「あ、絶望パターンだ。」って。

でも脱出パターンを思いついていない。
思いついていないし、もう無理に何かをする気力もなかった。
なので、こうなったら、とことん絶望パターンをやりきることにした。

6時間ぐらいソファーの上で海外ドラマをみて、シリーズを全部見切ってしまった。
そうすると、ちょっと動こうかと思えて皿を洗う。
ゴミを捨てるまでやって、ようやくちょっとノートに気持ちを書き出してみる。
書いてみても晴れないので、寝る!と決める。

途中相方から連絡が来たので、「今日は絶望パターンなのだ。文庫を買うときに追い詰められた」と話す。
向こうもなれたもんで爆笑して「絶対それじゃん!!」と。
「じゃ、早く寝てしまうんですよ。」といわれる。

そうだ、寝てしまえばいいいのだ。

今のところ、絶望パターンの明確な脱出方法は見つけられていない。
とりあえず、早く寝る!というところに行きつく。
ベッドに入ってしまって1日を終わらせる以外ないんだ。

でも、そういう日があってもいい、と思う。
というか、今はそれしかないのだ。

6時間ソファーの上、絶望パターン。

ネガティブ・プロフェッショナルの蒼です。

絶賛、ネガティブまっしぐらです。
お出かけしてみたけど、本が買えない。
いや、結果的に買ったんですけど。
小説を買えなくなって、久しい。

想像の世界へ文字を通じて入れないんです。

でも、読みたい。
本屋さんにいくとこのジレンマに陥る。

で、買ってみたは買ってみたのですが、、。
それだけで空っぽになってしまい。

家に帰ってきたら無気力でソファーの上です。
ずっと海外ドラマをみてます。

これ、私の絶望パターンです。
わかってるけど、気がついたらそうなってる。

でも、ちゃんと皿洗って、ご飯も作った。
よしとしよう!
今日も早く寝よーー!

みんなも絶望パターンとか有りますか?
こういう時おちこんでるなってとき。

パターンから脱するのはどういう時ですか?

私も見つけようと思います!!

あと、好物を買いました!
鳩サブレ!
それでいいよね!!
via PressSync

『ONE PIECE』のウソップを目指せ?! ネガティブ・プロフェッショナルのキングはウソップだ!

私はネガティブ・プロフェッショナルだ!と気づいたその次に脳裏に浮かんだもの。
それはウソップ。
『ONE PIECE』のウソップだ。
ネガティブ界のキングといっても過言ではない。

発想も発言も、常にネガティブ。
新世界で強くなっても、冒険ときくと「いきたくね~~!!」っていう。
懸賞金の金額があがったら、絶望するし。

なのに、仲間のために、ピンチの時には腹を決める。
大けがしまくっても、立ち上がる。
一本筋が通っているのだ。

“『ONE PIECE』のウソップを目指せ?! ネガティブ・プロフェッショナルのキングはウソップだ!” の続きを読む

私は「ネガティブ・プロフェッショナル」である

昨日自分の肩書を見つけてしまった。

私は「ネガティブ・プロフェッショナル」である。
基本生きてるだけで発想がネガティブなのだ。
自己価値が低いし、自己肯定感も低い。
1年前に比べたら、「怒り!」みたいな感情には振り回されなくなった。
それでも、根幹にある「生きてるだけで発想がネガティブ」は別に変わらない。

え、意味が分からない!!っていう人もいると思う。
でも、たぶん「わかる、めっちゃわかる!!」っていう人もいると思う。

“私は「ネガティブ・プロフェッショナル」である” の続きを読む