ここのところ、体調がイマイチなので、今日1日グータラすると決めた

微妙に調子が悪い。
アレルギーがとまらない感じだ。

気温の寒暖差に元々弱いので、最近の梅雨模様にやられているらしい。

ここは体にいいものを!と思った方がいいかもしれないが、部屋から出る気持ちになれない。

ブログを2記事書いたら息切れ。

疲れてるみたい。
がんばるエンジンが間違ってるみたい。

そう思って、ダラダラすることにした。
体に悪そうなものを沢山食べて、NCIS:ニューオリンズをみてソファーでダラダラ。

今日はダラダラしまくります。
そして早く寝ます。
via PressSync

夜型に戻りつつある原因とは。1日の満足度をあげて幸せに眠ることを目指そう!

仕事を辞めてから、徐々に朝起きるように生活をシフトしています。
前職では帰宅が深夜1時半、寝るのは大体朝の5時(夜勤明けだと、8時過ぎ)だったんです。

もともと夜型人間なのですが、徐々に前倒しにしていました。
11時→10時半→10時→9時半と進んでいて、最近では深夜0時になると眠くなっていました。

ところが、生活がまた乱れ始めています。
起きる時間が遅くなると、ブログをこうして書いているだけで夕方。

原因を探ってみました。

夜更かしの原因を考えたら4つあった

1、夜にブログを書いている

1日3記事書くのが目標なのですが、最近手が止まることが多かったです。
最後の一つがかけないといって、夜にもちこしていました。
寝る前にもかかわらず、熱いブログを書いてしまうと頭がフル回転しています。
当然興奮して寝れません・・。

昨日なんて「レディー・プレイヤー1」書いて興奮して、祖父の思い出と向き合って泣いて。
脳みそがめちゃくちゃバーニン。

2、眠れないのでついつい動画を見てしまう

youtubeなどでつい動画を見てしまいます。
名シーンとか、お笑いとかみるとついつい次も見たくなってしまう。
一番ダメなパターン。
この間はついつい、超新塾さんのコントをみてしまい、夜中にベッドで爆笑。

3、最近寒いので紅茶をがぶ飲み。

温かいものが飲みたくて、家にあるお茶を飲んでいるのですが、紅茶でした。
カフェイン断ちしていたはずなのに、紅茶で過剰にカフェインとってます。
そりゃ眠くなりません。
お白湯、お昼以降はノンカフェインのお茶を飲みましょう!!

4、相方との時間差

夜相方と電話をするのが日課なのですが、相方は基本的に深夜まで仕事をしています。
だから、眠くなったけれど1時近くに電話がある。
そこで一回目が覚める・・っていうのは良くない気がします。
(とはいえ・・・毎日の電話は今誰とも話さない私にとっては至福の時)

あとは相方の休みの日は、ついついあわせて昼過ぎまで寝ていたり、夜が遅くなったり。
自分は自分で起きればいいのでしょうけれど、私が起きると相方も無理して起きてくる時がある。
そうすると、ちょっと申し訳ないのです。
相方は「せっかく朝方にしようとしているから。」と一生懸命あわせてくれようとしています。
でも、相方の休みは週に1回。しっかり寝かせてあげたい・・・。

単純に1日の満足度が低いんじゃないか、と思えてきた今

そもそも4つ原因をあげてみて思ったけれど、単純に自己肯定が低いのと、単純に1日の満足度が低いんじゃないかと思えてきた。
紅茶がぶ飲みはともかくとして、「動画を見ている」なんて最たる例。
相方と時間がずれているのは、「今日は早く起きるけど寝てていいからね。」っていえばいいだけ。

もともと自己肯定感、自己価値も低いし、なにかにつけてネガティブ。
今日はこれをしよう、というタスクリストを達成しても、「達成して当然じゃないの。」みたいな感じになる。
できなかったら、できなかったで「なんでできなかった」と落ち込む。

できてもできなくても結果が全部ネガティブに向かっていく。
ネガティブ・プロフェッショナル蒼、の本領発揮か、これは。

でも1日の満足度が低いと、「なんか楽しかった!と思って眠りたい!」みたいになって、寝るのが遅くなるんですよね。
これは会社員をしている時にはかなり顕著にありました。

せっかく自分でスケジュールを握って生きているのだから、満足度も自分であげられるはず。

満足度をあげるために、まずこれに取り組んでみます!
最近読んでいる「先延ばしは1冊のノートでなくなる」のノート方法を参考にしてみます。
3分の習慣でできると、のことなので、早速やってみようと思います!!

ネガティブ・プロフェッショナルの蒼が少しでも変わるかどうか、こうご期待!

(昨日、教えてもらった画像編集アプリにハマっております。)

蒼が最近読んでいる本はこちら▼

お金との関係性を改めて見直した日 立花B塾レベル2にアシスタントとして参加してきました

昨日はブログの師匠である立花岳志さん(たちさん)が主催されているブログ塾 立花B塾のレベル2にアシスタントとして参加してきました。
私が参加した時とカリキュラムと大幅に変わっていて、受講生として参加している気持で、しっかりと受講してきました!
最終講だけの参加になったのですが、心の分野に関しても深まっていて「え、これってブログの塾なんだよね?」ってびっくりしてしまいました。

私に今必要な「お金との関係性」についても、聞くことができて大満足な1日でした

“お金との関係性を改めて見直した日 立花B塾レベル2にアシスタントとして参加してきました” の続きを読む

ある夏休みの祖父と私の大冒険【写真から言葉を紡ぐ】

昔、小さかった頃、元気だった祖父と一緒に買い物に行った。
歩いて10分もかからないスーパーへ。

家から数分行くと、田んぼばかり。
目新しくて田んぼに駆け寄っていく、やんちゃざかりの孫たちに
「こら、危ないそ!」「気を付けれ!」と声をかけながら、祖父は一番後ろをゆっくりと歩いていた。
祖父は出かけるのが嫌いなので、孫たちを連れて遠出をするのは祖母の担当だった。

でもそんな祖父と一度だけ、遠出をしたことがある。

お墓を見に行ったのだ。
祖父が建てたもので、まだ誰も入っていないお墓。
何で見に行くことになったのかわからない。
最初で最後の祖父との2人だけの大冒険だった。

あの頃の私はいくつぐらいだったろうか。
10歳かそこらだろうか。
2人でただ、お墓を見に行くために往復歩いた。
どこか知らない遠くの山までいったのだ、という思い出が深く刻まれている。
長い坂道をのぼっていると、電車が自分より下を走っていて、ワクワクした。

“ある夏休みの祖父と私の大冒険【写真から言葉を紡ぐ】” の続きを読む

『レディー・プレイヤー1』 世界に応える自分でありたい 世界に呼びかける自分でありたい

先日、相方と一緒に『レディー・プレイヤー1』を見てきた。
本当は上映開始と同時に見に行きたかったけれど、前職を退職する、家を探す、などを長時間労働をしながら行っていて精根尽き果てたのだ。レンタルしてみればいいや、ってあきらめた。

でも、とある出来事があったので、なんとしても映画館でみたかった。
とある出来事にふれた記事はこちら▼

そして今週の水曜日、映画館にようやく見に行くことができた。
ガンダムがメカゴジラと戦う予告編にもわくわくしていたが、本当にありとあらゆるキャラクターがでてきたのには驚いた。
どれほどの交渉が積み重なって、出来上がった映画なのだろうか。

『レディー・プレイヤー1』は、実はストーリー的にはそれほど目新しいことはやっていない。
ものすごく王道の作品だと思う。
きっとちょっと引いた目でみたら、「はいはい、どうせ正義が勝つんでしょ?」みたいな感じになるかもしれない。
でも、最後に終わるまで私はものすごく集中して引き込まれてみていた。
映画館の空調が止まっていたから、全身汗でびっしょりだとエンドロールがでるまで気が付かないくらいに。

王道の作品だから見てほしい、そう思う作品だ。
そして見たら、絶対に心が熱くなる。
特にクライマックス近くに起きる戦いは胸が熱くなる。
予告編でやったメカゴジラvsガンダムも熱いが、それよりももっと感動するシーンがあるのだ。
世界は「善」であふれてる!!って。 “『レディー・プレイヤー1』 世界に応える自分でありたい 世界に呼びかける自分でありたい” の続きを読む

「言葉ありき」からの脱出

ブログを1日3つ書くと決めた。
大体今日で1週間である。

昨日ぐらいから、急に脳みその「書くこと!」というフォルダが空になってきた。

書きたいことはあるが、なんというか、降りてこないのだ。
このテーマでいけるぜ!みたいな。
書き出すとキーボードで指が踊る、みたいな。

そういう感覚が。

私は文字派の人間で、写真は苦手だ。
イメージを映像で捉えることもできない。
(未来をありありとその場にあるように想像してみよう、はまずできない。)

ブログも「言葉ありき」だ。
心から頭へ、思いが言葉になって行く流れが無意識にある。

だから3つずつ書いていったら、どこかでその「降りてくる」感が途切れるよなーと思っていた。

それがいつなのか確かめたいと思っていた。
はやい、1週間で途切れるとは。

でも限界があるなら、全然違う方法も考えていかねばならない。

「言葉ありき」から、幅を広げていく時だ。
時間は沢山ある。
向き合って、武器を増やしてこう。

アイキャッチは今日教えてもらったアプリで、
加工したソルちゃん。
(注)ソルちゃんは、私のブログの師匠のたちさんの家のネコさんです。
via PressSync

「魔法の質問体験会 第2回 お客様は誰?」に参加して、自分をよく知ることが大切だと学んだ

今日は先日受けた「魔法の質問体験会」の第2回でした。
前回のメンバー、新しいメンバーも加わり、刺激がありつつも温かい雰囲気に包まれた会でした。
これも主催のメンタルコーチの雅子さん(矢作雅子さん)の魅力なんだろうな、と思いました。

第1回目の内容はこちら▼

体験会で得たことは「自分をよく知ること」

「自分にとってのお客様は誰か。」ということをずっと掘り下げています。
でも最初から考えることが、ずっと自分に寄ってしまう。
それ以外の世界を考えられないんです。

ファッションが好きで、メイクも常に研究している、という人の趣味や気になることなんて想像もできません。
常に体を鍛えていて、筋肉を愛でる人の思考回路もわかりません。

質問が重なっても、私の中からしか答えがでてこない。

“「魔法の質問体験会 第2回 お客様は誰?」に参加して、自分をよく知ることが大切だと学んだ” の続きを読む

ウォーキング日誌 私は豊かであると歩きながら気づいたこと

ウォーキング日誌は4日目で連続記録終了。
昨日は相方がお休みだったので、1日お出かけをしていました。
でもお出かけ先で1駅分しっかり歩いて、お店を巡ったりしたのでいつも以上に歩いたかもしれません。

今日はお昼間にZoomで体験会があったので、夕方に歩きました。
18時ぐらい。小雨がふりはじめてしまいましたが、それも気持ちよかったです。

今日の結果

距離は2.2km。
歩く距離は変わらないけれど、少し速足で歩いてみました。

靴がまだ足にちょっとあわないのです。
アーチが崩れていて、偏平足になりつつあるのかもしれませんが、両方の足の小指に対して圧迫感があります。
足の健康についても考えていかないといけないですね

今日のインカンテーション

「私はどんどん豊かになる」

今日も最初はこれを唱えていました。
自動思考で違うことを考えないように、速足で考えに集中。
コーチに「つい頭で違うことを考えてしまう。」という相談をしたところ、
「インカンテーションの中身をイメージしてみたら。」というアドバイスをいただきました。
なるほど、とおもって、いろいろ想像してみました。

途中からふと「私は豊かだ!」なんじゃないか?と思えてきました。
家があって、ご飯も食べられて、友人がいて、やりたいことをやっている。
学びたいことにお金もかけているし、心は満たされている。
めっちゃ豊かなんじゃない?

そこからでてきたのが「私が豊かになる時は、私の友達もみんな豊かで幸せになっている、まちがいない!」ってこと。
なんだかそのことに気づいたら、ちょっとニヤニヤしてしまいました。

明日から天気が崩れるので、無理せず歩きたいと思います。

noteもやってます!

こんにちは。
蒼です。

今日はちょっと宣伝の投稿です。

私はブログ以外にも、noteという媒体で文章を書いています。

私のページはこちら▼

始めた当初は、このブログをやっておらず雑記という形でいろいろ書いていました。
今は、ちょっとブログでは書きにくいこと、伝えたいメッセージなどを書いています。

昔の自分へのアドバイスをこめた話▼

相方との話▼

などを書いています。

なんで、ブログとnoteの2つをやるのか?

noteの最大の特徴は何といっても「課金が可能」ということです。
ブログというメディアは無料のメディアです。
もちろん広告収入や、アフリエイトからの収入は可能です。
そのためにはブログを見に来てくれる人、毎日読んでくれる人、を増やしていく必要があります。

でも自分のコンテンツに値段をつけることができません。
そこにちょっとしたもやもやがあります。
記事とは全然関係ないものが表示されたりもします。
自分の世界に異質なものが混入している気分です。

noteは一記事単位で値段を設定することが可能です。
なので、少しずつ自分のコンテンツの価値を高めていくためにもnoteでの課金に挑戦していこうと思っています。
最低金額は100円から設定が可能。
自分のコンテンツはいったいいくらなのか、いくらで読んでもらえるものなのか。
自己肯定感が高いほうではないので、これをやるだけでも結構プレッシャーであり、挑戦です。

でも、私の夢は「文章で生きていくこと。」「文章で誰かの迷いの闇を照らすこと」。
だから、自分の作品に自分で値段をつけることにも、向き合っていく必要があります。

なんでブログとnoteをこれまで連動させてこなかった理由

実はこれまで、noteとブログは連動させてきませんでした。
noteは実生活の知り合いも知らない、ということがメリットであり、どうしてもその空間が必要だったからです。
仕事関係の人が私のSNS、ブログをかなり頻繁にチェックしている状況があり、ブログを自由に書くことができなかったのです。

でも今はその必要もない。
むしろ分けることにメリットを感じない。

今後は、noteの更新情報もブログにのせていきます。
noteのアカウント設定をよく見たら、noteに登録していない人でも記事の購入ができる設定が選べました。
なので、「noteのアカウント作るのが面倒」という方でも購入できるよう、noteユーザー以外も購入が可能になっています。

記事以外にも、作者をサポートできる機能もあり、記事とは関係なく応援もいただけます。
応援いただけると、自分の制作環境への投資、スキルアップへの読書への投資などに使わせていただきます。

どうぞ、これからも、蒼のことをよろしくお願いいたします。

noteのアカウントをお持ちの方は、アカウントへのフォローや、記事に対してのスキ!をお待ちしております。

最後にもう一度、私のページはこちら

私のページはこちら▼

『レディー・プレイヤー1』を見た休日の話

実は『レディ・プレイヤー1』を見に行くつもりはなかった。
メカゴジラvsガンダムにテンションは上がったけれど、「メカゴジラ、ちょっと違うやん!!」っていう違和感が強すぎた。
(いや機龍っぽいといわれたら、そうなんだけどね。)
だから、そりゃ夢みたいな映画だけれど・・・と重い腰があがらなかったのだ。

ちょうど公開時期の時に、仕事を辞めるとか、家を探すとかで、わ~ってなっていたから、もうレンタルでいいや!と思った。

その意識が変わったのは、とある地下鉄での出来事だった。
仕事に疲れて電車に乗っていた時、新宿からだろうか、スーツ姿の男女が近くに座った。
最近見た映画について話していたのだけれど、そこで女性が熱弁をふるったのだ。
「レディ・プレイヤー1がすごくよかったんですよ!!アニメとか特撮とか大好きなら、絶対に見るべきです!!」
お姉さんの何にそんなに刺さったんだろう!!
すごく気になってしまいました。

相方と映画を観ようという話になって、「あぁ、『レディ・プレイヤー1』をみれなかったなぁ。。」ってつぶやいたら調べてくれた。
そしたら、夜遅くなるけれどやっているとわかった。

それで見に行ってきた。
詳しい感想は明日かくけれど、いい映画を見たと思う。
「普通の男の子がヒーローになっていく話」だもの、良い話だ。

でもそれよりも何よりも、私が大好きになるストーリーだった。

惜しむらくは・・映画館の環境である。

映画館の空調が切られていて、暑かった。
スポーツジムで運動した人?並に汗だくだった。
でもそんな環境でも集中していて、気づいたのはエンドロールになってからだったけど。

それぐらいいい映画だったんだ、『レディ・プレイヤー1』

今日のアイキャッチはブロンコビリーで食べたランチ。
牛100%のハンバーグが激うま!!