もしアドラーが上司だったらを読んで、「怒る役」に思いをはせる

3:39。昨日で研修生はお店を去り、先日やめます!と突然言い放ったパートさんも、昨日でお店をさり・・。(さらなる爆弾行動を投下して去っていった。)
平和なはずなのに、私はなんでこんなに仕事にやる気がないんでしょうか。
これまで繰り返してきた仕事に、やりがいを見いだせなくなっています。

「もしアドラーが上司だったら」の4章にもひっかかるわ、というブログを以前書いたのですが、今日はちょっとだけその話を書こうかと思います。
ちょっとだけというのは・・・自分の中で答えがでてないんです。

4章のお話しをざっとまとめてみる。(すごくざっとなので、本当にこの本を読んでいただきたい!!)

毎日のやることリストを前にして、気が重いリョウくんとハヤト先輩。
そんな二人に課長のドラさんは「そんなにやりたくないなら、やらなければいい」と声をかける。
え、じゃあ代わりにドラさんが?というと、そういうわけでもない。
「じゃあ・・・・やらないといけないじゃないですか・・・結局・・誰もやらないんじゃもっと面倒なことになって、会社を首になるかも」というふたりにドラさんは語る。
「面倒なことが起きるぐらいなら、その山積みの仕事をやったほうがいいだって?じゃあ、君たちはその仕事をやるほうを選んでいるじゃないか!」
全ては自分で決められる。「やりたいのか」「やりたくないのか」
やりたくないなら、やめることを自分で決めることができる。「やらされてる」ことなんてない!

4章を読んで・・・・思いをはせる

確かにドラさんの考え方からいうと、私が3時半までサービス残業して、明日の準備を万全にして、
「最近みんな、あいさつできてないよ?意識しよう。当たり前のことをしっかりやっていこう」という連絡ノートを書いて、
朝のスタッフ宛に引継ぎをA4、1枚で6項目ぐらい書いたり、したくてやってるってことになる。
ゲームしたいし、ブログも書きたいし、もっと早くお家に帰りたい。だって、もう明け方じゃない。
でも、だからって中途半端にして、スタッフは困るわ、お客さんには迷惑かかるわ、・・・って考えるとやっぱり踏みとどまる。
お客様に迷惑をかけたくない!だからやりたい!は・・・自分の「やりたい」になることは・・なんとなかなる。

でもしてこないと、明日みんなが困るから・・・そういうのは嫌だな・・と思うと、やっぱりやる。
やっぱりやるんだけど、嫌々というか・・・「あいさつできてないよ?」という本音は「私語してんじゃねぇよ!」だし、
「基準温度は-18℃以下だからね。-16℃はだめだよ?」の本音は「数直線でもかいて説明しないとわかんねぇのか、あぁ?」だし、
本音を超オブラートに包んで・・・そういう注意事項ばかり担当することは・・・やめたいのです。
以前の店長の場合は立場上、怒ってしまったらいろいろ大変だから・・・その前に自分たちがやるべきことを防波堤のようにやって、
前店長にはニコニコしていてもらおう。(怒ると・・・めちゃくちゃ怖い・・という理由もあったはあった。泣く人がでると困る)
そういうつもりで、「まぁまぁ蒼さん・・」ということを店長がいってくれるぐらい、びしびしとやっていたし、そういう意図があってやっているということを、前店長や先輩社員が一緒に理解してくれていたから成り立っていたことだと思う。

今・・・蒼さんが怒ってくれるから・・・僕おこんなくていいや~、みんなと楽しくお店やりたいし。主婦さん怒るの苦手だし、
みたいな店長のスタンスが如実に伝わってくる。
「怖いし、口うるさいやつ、」って大概嫌われるものだから・・・やりたくてやっているわけではない。
そういう立場がお店にいないと・・・しまらないだろうなぁ・・・と思っているのだ。
店長にはそういうこともやってほしい・・とSVにちらっといったら「店長なんかいらん、自分がしきるからいいねん!って思ってやれば?」
といわれてしまった・・・。え・・・そういうことなのか?

注意事項担当ばっかりやってたら・・・・なんか最近とてつもなく怒りっぽいし(研修生効果もあるけども・・・)、性格がどんどん悪くなってきている気がする。以前はちょっと天然な人とか「癒されるわ~」とか思ってたのに、最近「前もいったじゃん、なんなの?」とかとげとげしくなってしまっている。
人のいいところよりも弱点ばかりが目について、イライラする、お店の悪いところも目につく、イライラする、みたいな感じ。
直していきたいけど、それを「直せよ!!」という脅しとか頭ごなしで人が動かないのは重々承知なので、それをぐっとこらえて
「●●はよくなってきているから、今度はこっちをがんばってほしいんだよね。できそうかな?」とかいうのがしんどいぐらい、怒っている。
私は・・・このままどんどん性格悪くなっていってしまうのか?

でも・・「気づいてしまったら注意する」ことをやりたいと思ってるんだよね?とドラさんに聞かれたら、
「そうです!」って答えになると思うし。きっと「怒り役」は続けてしまうんだろうなぁ・・・と思う。

相方にこの話をしたら

「もう数直線でもかいたろか?-18と-16ってどっちが温度高いか、バカでもわかるだろ!!ってそういう間違いをする人をみて・・反射的にもう思って、もう、超怒だよ!・・。性格悪くなっていくばかりだからさ、辞めたい、この仕事!!」
って電話で涙ながらに訴えたら、超爆笑された。
「それはもう・・・そういうのひっくるめて、蒼だからさ(爆)」

・・・何をひっくるめて、蒼なんだよ(;一_一)

蒼の若葉マーク、モンハンXX攻略記録【総プレイ時間8:05】

モンハンXXの攻略サイトが、恐ろしい勢いで埋まっていき,twitterでは、HR999までいったので、いったんストップですっていう声をみかけたり。世の中のガチのハンターさんたちに頭が下がります。こんばんは、蒼です。

蒼は、ハンターランク9になりました~~。

装備

装備:
武器:双剣 エルダーダガー
防具:ディノS (防御力:455)

武器をG級にしましたが、防具はまだ作れていません。G1で相方と2人でいくなら・・・余裕です。
(余裕なのは、俺が・・・助けてるからだぜという声が聞こえてきそうだ・・・

よわくてもいいので、いったんG級の防具を作ろうと思ってます。

クエスト

今日は相方とG級をあけることを目的としてひたすら実施。なので、今日は相方と2人プレイを存分に楽しみました~。
(腕ならしに上位の簡単なのを何個かやりましたが、そちらは割愛。)

・その腕前、噂通りかしら・・・?(ディアブロス)→G級のキークエなので、相方と計2回プレイして、2人でG1の扉をたたく!
・つつかれて、またつつかれて(イヤンクック)
・奪われて、追いかけて(ゲリョス)
・砂中からのサプライズ(ドスガレオス、ダイミョウザザミ)
・ドスの威信を賭けた戦い(ドスギアノス、ドスファンゴ)
・水獣たちの争い(ロアルドロス×2)

後は個人でちょこちょこと。私はG級の採集クエストを2個ほどやりました。
G2へのキークエでてるんですが、2時半を回ったので来週の休みに持ち越し。
後は各自で、レベルアップです。

感想

G1は、上位7よりモンスターの耐久が高いけれど、野球でいうところの2軍クラスなので、まだいけそうでした。
それよりも・・XXになってから・・・増えてる上位の新モンスターに震えがとまりません。今まで名前しか見たことがなかったアマツマガツチとかいるんですけど・・・蒼は過去そのレベルになったことないのですけど!!!

震えが止まりません。

あと、オトモをこれまで育て上げてきた子ではなく、新しく雇用したビーストタイプの子をつれていきました。なかなかです。楽しいです。

もしアドラーが上司だったらを読んで、研修生問題に思いをはせる

もしアドラーが上司だったら、をものくろさんがブログで紹介されていた。書評ブログで心を揺さぶられたのは、正直初めてだった。

今読まないといけないんじゃないかと思って、そのブログをよんですぐに、amazonで購入。翌日には届いていた。
すぐに読んだ。

読んだのだけれど、読んですごくすごく気が重くなって・・毎日ちらちらとページをめくっては・・・いいしれない気の重さと向き合っていた。
ずっとどこが気を重くさせているのかは心ではわかっていたのかもしれないけれど・・・ちゃんと認めるまで時間がかかってしまい、
今日ようやく、勇気を出して書いている。

私の気を重くしていたのは「5章 成績の悪い僕は劣っている。負けている」だ。

この章は主人公の、リョウくんが同期に負けてしょんぼりしているときに、上司のドラさんが
「君は君のままで(Being)で十分すばらしい。」といってくれる話が書かれている。
同期のツヨシくんと、自分を比べてうなだれているリョウくんに「2人とも人間として平等なんだ!素晴らしい存在なんだ!」ととても熱く語る章で、この本の流れの中でも山場の一つなんじゃないかと思う。

自分自身を考えてみるとは、会社の成績で劣っているとか、負けているという感覚はない。
というか、「もともと料理はできないし、不器用なのだから、キッチンスキルは私よりアルバイトがうまくても仕方ない。自分は自分が得意とする方でがんばればいいし、うまい人がいたらそいつの技術を私が盗むのだ!」ぐらいの感じ。
中途入社で入ったので、特に同期もおらず(唯一の同期だった関西人のおっさんは、部長とけんかしてやめていったし)、
競争相手となる人も特にいない。
店長は年も若いし社歴も下だが、この会社にアルバイトから入っているので・・経験年数は彼のほうが上だから、別に店長として着任されたからといって、どうこうというわけでもない。

包丁技術が急に神業みたくうまくなることもないけれど・・・急に1時間50人ぐらいのスナックを一人で作れるようにもならないだろうけれど、だからといって、それができない私は負け組とうなだれることはない。努力はしているし、フロアやお客様対応に自信を思って日々ベストをつくしているし、そういう自分もOK。

プライベートには5章が当てはまるけれど(結婚してないし・・・子供もいないし・・・という古来の負け組意識に苛まれることはある)、
でも私の心を波立たせたのは、職場での私だった。

じゃあ、なんで5章なのか・・・。

それはもうここに何回も書いた・・・研修生についての問題だ。
明日でたぶん今度こそ卒業していく(というかもう時間がない)はずの研修生は・・最後の最後まで意味不明だった。
突然脈略のない話を放り込んで来たり、あれほど指導したのにとんちんかんなメモをだしてきたり・・・
誰にもいわずに休憩に行ったり(なんでいくかな!と怒ったら、めっちゃ笑顔でそうでしたね!といわれた)、
今日も明日の卒業試験第2回目に向けて、あれはちゃんとやったのか?なんでやれなかったのか?いや、今更なんでそんなことを?みたいな
やりとりを3時間ぐらいしたのだけれど・・・。

私は・・・この研修生を「人として素晴らしい」と受容したことがあっただろうか?ということに、5章で我に返ってしまった。
仕事だから「能力」をのばして、そこで評価をしていくのだろうけれど、研修生の「能力」だけでその人の価値をはかってばかりいたのではないだろうか。

お前はそれほどまでにえらいのか、目の前にいる一人の人間を、たかだか一つの仕事という側面でしか見なくていいのか?
もしかして、そういうお前の態度が、目の前の人の「能力」を発揮させなくなっているんじゃないのか。
その人が包丁が下手だろうと、ソフトクリームが全然上手にならなくても、メモがとれなくても、その人は変わりなくすばらしいんだよ・・・って思えるのか?思えないだろ?むしろ下にみてるんじゃないのか?
くらいついてくるしかない人間を仕事ができないことを理由に踏みにじってないか?
というか踏みにじって自分を上におくことでしか、自分の存在価値を満たしてないか?それがお前自身のレベルなんじゃないのか?

5章を読んで、自分の頭の中でそういう声がぐわんぐわんこだましている。
こだましたまま、最後の研修生との日は終わった(と思う・・・たぶん・・明後日出勤したら普通にいたりして)

本来の5章は、自分の「機能価値」と「存在価値」の話だ。

お互いが平等で、素晴らしい存在なんだ!というのを本で読んで、そうなんだよな、と思うのは簡単だ。
現に私もそう思ってさっと読み進めた。
でも実際はどうなんだろう。ちっともやれてない。やれてないのに、育たないなんて・・・おこがましいと思わないか?
という自分も、受け入れられるだろうか。

あぁ・・・終わらなくなりそうなので、ここで強制的にやめようと思う。
実は第4章についても、最近はっと気づくことがあったので・・・また書こうと思う。

50記事目になりました~モンハンXX両立への道も大事。

明け方の投稿になってしまいました。気づいたら、50記事目になっていました。途切れた日もあったけれど、書き続けて50記事目。
ちょっと感慨深いです。

今日遅くなったのは、きのう書いた記事の通り、「モンハンXX」やってました(*ノωノ)
村クエをコツコツと進めておりました。昨日は2連敗したけど、今日はちゃんと勝てた・・・(というか挑んでるクエストのレベルが違うんだけどね・・)苦手なモンスターばかりが、先に進むためのキークエストになっていたので・・・ちょっと心臓がバクバクしていました。

昨日のモンハンXXの記事、Be塾のいろんな方からいいねを押していただけてうれしかったです。
いや・・・なんせ・・・日記ブログ・・・暗いからなぁ・・・

しかし・・・あれですね、こうなってくると・・・モンハンXXもブログに紐づけていくってのもありかもしれないですね。
ネタバレという心配もないし。
今日は職場のお客様でモンハンXXをやっている2人組の男性の方がいらっしゃいまして・・おそらく6時間はいらしたでしょうか。
ひたすらすすめてましたね、二人で。
もう通るたびに・・今何やってんだろ・・って気になって気になって。
スタートダッシュをたくさん決める方が大勢いるので、蒼の更新なんてもはや若葉マークです。(攻略サイトもありますしね)

蒼の若葉マーク、モンハンXX攻略記録【総プレイ時間2:32】

装備:
武器:双剣
基本、歴耀双刃ペルミア(無属性) ブラキディオス戦だけ、ホーリーセーバー(水属性)
防具:ディノS (防御力:455)
※今、護石がいいのがなくて・・・スキルが調合率20%ですよ・・・風圧とか・・ほしいの。

村クエオンリー

・黒き衣を纏う竜(ゴアマガラ)
・剛拳爆砕!ブラキディオス!
・廻り集いて回帰せん(シャガルマガラ)
・調査隊初陣!遺群嶺の桃毛獣(ババコンガ)※バルファルク一瞬だけ登場

ここまでは下位なので、がんがんやられても、全然平気です(苦笑)
それでもチキンなので、活力剤もってってますからね~~~いやいや・・・。

ちなみに双剣以外やったことないです・・・・ちょっと練習したりしたんですけど・・・当たって砕けろがモットーです。
(というか、当初は砕け散りまくってますけどね・・・)

今回の4クエストを終わらせたことで、村クエの上位が開かれました。ここからが本番です。
気を引き締めて、防御力をかためつつ、武器のレベルも磨きつつ進んでいきたいと思います!!

モンハンもブログかけるんだ!!
ネタが増えたってことでラッキー!!

モンハンXX狩猟解禁!!

3/18。待ちに待ったこの日がやってきました。
そう、「モンスターハンターXX」の発売日です!!
予約して指折り数えて、コツコツと装備のレベルなどをあげて、待っていました。
とうとう手元にやってきました。

モンスターハンターとは

モンスターハンターは歴史のあるゲームで、今回は3DSのソフトでの販売ですが、いろんなハードで展開されています。
すごく簡単に言うと「ハンターになって、モンスターを狩っていこうぜ!」っていうところなのですが、その一言では言い表せない楽しさがあります。だって、敵を倒すっていうゲームはたくさんあるでしょ?

モンハン(モンスターハンターを略してこう呼びます)は、ストーリーを追っていくモードもありますし、ただレベルを追い求めるだけのモードもあるし、倒したり、条件を満たすと勲章がもらえたりとか、やりこんでいる時間、人によっては1000時間を超えたりします。

そもそもモンハンを始めた理由とは

私の家は、ゲーム禁止でして・・実際に私がゲームを始めたのはなんと社会人になってから・・・なので23歳ぐらいのときでしょうか。
同じくゲーム禁止で育った弟が、大学時代一人ぐらいをしているときにはまったのが、モンハンでした。
幼少期から何かをやりこむのが苦にならない性格の弟は、それこそ1000時間クラスでやりこんで、おもしろさを語りまくるわけです。
ゲームをやったことのない同じ家庭環境で育った身としては、1000時間もささげるゲームに興味をいだきました。

それで、初めてやってみたのがPSPで発売された「モンスターハンターポータブル3rd」でした。
ひどかったですね・・・・私の腕。
まず、ゲームをやったことがないので、主人公を操作させることもままならないし、
途中まで武器が弱すぎて相手にノーダメージだったことにも気づかずに10回以上戦って泣きそうになったり。
タイムアップぎりぎりで負けたり・・・ゲーム機を布団に投げて悔しがったものです。

それでもコツコツと続け、当時付き合い始めたばかりの相方も一緒にやるようになったので、レベルもあがっていき
「ゲームってやりがいあるわ!!」って思って楽しんでいました。
(ちょうど・・・当時いた職場でうまくやれていなかったのですが、ゲームを通じては普段しゃべれない人ともしゃべれたりした)

その後は新作が出れば必ず!というわけでもないのですが、3DSになっても続けています。
今回の「モンハンXX」は、前作の「モンハンX」の進化版。前作のストーリーにさらに、もっとレベルの高いクエストが追加されたり、新フィールドがでてきたり、モンスターも新しく追加されたり!

このモンハンXは過去にでてきたキャラクターや拠点、戦うフィールドなどがたくさんでてくる、ちょっとお祭り的なソフトなのが楽しいです。私が始めた時の拠点だった「ユクモ村」がでてきて、そこでのクエストをなんなくこなしていると、10年たてば、私の腕前も多少進歩してるぜ!と胸をはってしまいます。

そう当時やられまくって、いまだに音楽だけ聞くと背筋がのびる、ジンオウガだって私ちゃんと一人で倒せるよ!!

モンハンでつながる家族の絆

モンハンがあることで、普段あうことのない弟と、たまにあうとお互いゲーム機をだしてきて一緒に狩りにいきますし
(弟はモンハンの世界ではめっちゃ強くて、私が30分とか戦う相手を5分とかでさくっとやっちゃうんですよ)
相方は昔ゲーム好きだったので、モンハンは私と一緒にやってくるので、休みの日に一緒にやるのが楽しいです。
(相方もうまいから・・・多少おいていかれるのがせつない・・・)

諸事情で相方とうちの家族は・・・接点がないのですが・・・・唯一弟だけが、相方にあったことがありまして、
その時も会話に困って・・・3人でモンハンをしました(笑)
いや・・・・モンハンあってよかった・・・。

弟も転職して・・そんなにモンハンやりこめないだろうとおもったけど、さっきtwitterで堂々の
「解禁だ!!やりこむぜ!」
とか書いてたので、・・・やりやがるな、あいつ。

さて、でもすでにフルボッコにされてます。

今日予約しておいた「モンハンXX」をとってから出勤したのですが、1時間余裕があったのでゲームを開始したのですが、さっそく負けまして、さっきやったらまた負けました。まだ白星とれてません・・・2連敗。
獰猛化という特殊なやつに、調子に乗って挑んだ罰です。ここは・・・コツコツとストーリーモードである村クエをやりこんでいくのが吉かもしれません。がんばろう!!

・・ゲームとブログの両立をめざして!!

今日の仕事で起きた、もやもやな出来事

2:09。帰宅が早いのは、仕事をもういいや!って切り上げて帰ってきたからである。休日を乗り越えてなお、もやもやした状態が続く。もやもやした状態で、楽しくないから、楽しくない事ばかり起こるのかもしれないよ・・・と自分に言い聞かせたぐらい、もう引き寄せまくっている、もやもやの種。いや、たぶん引き寄せの法則というものがあるというから、これは私が引き寄せているんだろうなぁ。

というわけで、本日私が引き寄せた、もやもやネタはこちら。
(・・ふと思うと・・割と私の中であるあるネタのような気がする・・・同じネタ引き寄せてる?!)

1、本部の上司とガチンコトーク

この間「きみの日報さ、やりすぎじゃね?」といわれたという日記を書いたが、その上司が巡回と称して、研修生を見にやってきた。
出勤したところで、ちょうどあったのだけれど
「どう、この間の電話の件納得できてる?」
ときかれたので、はあ・・・まぁ・・・と濁そうと思ったのだけれど
「なんか・・ものすごい距離感を感じるんだけど・・・納得してない?」
といわれたので、一瞬建前で「大丈夫です!」といおうか逡巡したが、いや、出世なんかいいから、言いたいことを言おう!に切り替え。
「そうですね、納得はしてません。」
といいきった。ちょうど通りかかった店長が、凍りついた顔で私を見ていたが(店長はこの上司が苦手で常に直立不動)、この際無視。
「そうか、じゃあちょっとはなそうや~。」
と1時間ほどガチンコトーク。

“今日の仕事で起きた、もやもやな出来事” の続きを読む

心が満足しない

1:54。3/15~/16・・・なんとなく心が満足しない2日間を過ごしていました。休みだったのになぁ・・・。
なんかもやもやしてるんですよね。
でも原因がわからない。原因がわからないけれど、なんとなく・・・もやもやしているから、心から楽しめない。
たぶん、楽しめてないので、楽しくない現象が目の前にひきおこされる。

(ランチに行ったら、横でほこりを立ててマットをたたまれる、とか、ヘアサロンいったら、後ろのお客さんの愚痴の舌鋒の鋭さに、自分を重ねて暗い気持ちになるとか・・)

できているところに注目しよう!!という「もしアドラーが上司だったら」の1章の課題すらうまくいかないところです。
できているところなら「今日頑張って料理した!」とかもっとむねをはってもよいぞよ、蒼。

どこからきている、このもやもやよ。
もやもやしているから、影響されるのか、影響されるから、もやもやするのか。
たまごが先か?ひよこが先か?
さぁ、どっち!!

ちなみに、アイキャッチの写真は、今日蒼が、作ったトマトスープです。具だくさんがとりえのスープです。

バルバラスィータブルにいってきました

今日は、バルバラスィータブルのご紹介です。
3/15にいってきました~。相方がホワイトデイということで、ケーキをご馳走してくれることになったのです!!

バルバラスィータブルは、大宮駅のLUMINE2の1Fにありまして、今は産休に入ってしまっている私のお店のスタッフさんの旦那さんが働いているということで、クリスマスケーキを予約させていただいたりと、非常にお世話になっているところです。

16時過ぎに入ったのでソファー席と、テーブル席をえらぶことができましたが、めったに座れないソファー席にしてみました!
昼ごはんもまだだったので、食事とデザートのセットにしました。

セットメニューにすると、1品目のサラダまで10分ほど待つのが・・ちょっとだけ難点かな。でも待ったら待っただけの美味しさに出会えるのも、事実!!

頼んだメニューを紹介してみます!

 

サラダ

いろんなベビーリーフなどが入っているので、苦味もあったりして、楽しめました。

自家製トマトポロネーゼ 牛ひき肉と筍のパスタ。

筍は意外でした。しかもポロネーゼに筍!お肉の味もしっかりして、相方も私も大満足でした!

そしてお待ちかねのケーキ!相方がセット以外にも1品ケーキを頼んでいいといったので、・・2品いただいてしまいました!!

シフォンショート・フレーズ

ここのケーキは、スポンジだけ食べてもとてもおいしいと、相方も絶賛です。スポンジが美味しいからこそ、定番の苺のケーキ食べたい!と思わせてくる。

 

レアチーズとベリーのベイクドシフォン

こちらは相方チョイス。私はレアチーズが苦手なのですが、一口もらったらさっぱりしていておいしかったです!これは、ちょっと食べてみたい!!

苺とピスタチオのタルト

前回売り切れ、で今回もラスト1個という激戦をくぐりぬけていただいた1品。クリームになっていてもピスタチオの香ばしさがとても伝わってきます!!タルト生地もおいしい。

デザートの時にコーヒーを頼みました。なんと、コーヒーについているミルクも温めてだしてくれるのが、うれしい。

ちなみにクリスマスにお願いしたケーキも紹介しちゃいます!

スポンジとクリームと苺が何もかも美味しくて、相方と二人で1/2ずつペロリ

(私のために・・1/4ぐらいで辞めるかと思ったら、うまいうまいとぺろりと食べられてしまった・・・そんなことめったにないのに)

今年もさいたまにいれば、クリスマスケーキを絶対に予約しようと思ってます!!

おすすめのお店です!!

 

ミッションとはなにか。

ラーメン花月嵐 黄金の味噌ラーメン

2:22。相方と本当に久しぶりの休みの前夜恒例の「らあめん花月嵐」にいってきました。
今回は蒼の中では定番の「黄金の味噌ラーメン トッピングもやし」です。本当はニンニク豚めしも食べたかったけれど、なんとご飯系が軒並み品切れ・・・。仕方なく・・・餃子とラーメンとなりました。うまかった・・・久しぶりの花月。
研修生来てから、明け方まで帰れなかったりすることも多くて、ご飯とか全然食べに行けなかった・・・

さて、おや、楽しそうなのに・・なんで2:22という時間スタートなのか?という点に気づいた方は、もうこのblogを愛してくださってるんだろうなぁ・・なんて。

えっとまず、今日の大事件をいうと「研修生Bが卒業試験2日前に退職しました」ということでしょうか。
このタイミングで?!ということにびっくり。最終日、社員不在の中、前回大クレームを引き起こしたことと同じミスをし、それ以外にもスタッフと相当もめ、体調が悪いので早退するといっていなくなったBが退職・・・・。
正直なところ、こんな人が店長をやるなんて・・と思っていたのでほっとしたのですが・・・なんとなく後味が悪い結果になりました。(残った・・私がメモの取り方を教えたほうは・・・今日もいつも通りで・・しっちゃかめっちゃかだった・・しな・・・)

夜、会社の先輩とLINEして思ったこと

それとは別に、13日に誕生日だった会社の先輩にLINEギフトを贈ったことがきっかけで、ふと会社のことの話になりました。
先輩と私の見解は一緒で「今後もこういう研修生がやってくることに変わりはないだろう。」ということでした。
先輩といっても年は若く、アルバイトからこの会社に入った彼は、この会社にいても外では通用しないということに危機意識をもっているようで、資格をとろうとしているといっていました。
二人で、結局自分で能力を開拓していくのが何にせよ、人生にとって必要だという結論になりました。

・・・この先輩は私が入社したとき、それはもう厳しく教えてきた人でしたが、同時にうちの会社を、うちの会社のサービスをとても愛しているというのが伝わる人でした。自分の仕事に意味を見出し、目標を定め、周りに「楽しくない?一緒にやろうよ!」といえる人でした。それが・・・会社に対してシビアな視点で・・気持ちはおそらく外に向いている。(真面目な人だから今の仕事をないがしろには、しないだろうけれど)そういう節目みたいなのが会社に来てしまったんだな~と

私が入社したころから、たぶん節目は来ていたのだろうと思います。
前職でも、中核や幹部クラスの人がとあるフラッグシップ店がオープンする前に大挙してやめていったこともありました。
そういう節目に会社は来ているのでしょう。いい意味で血液が強制的に入れ替えられることかもしれません。
でも血液とともに、魂とか・・・会社のミッションみたいなものがなくなっていっているのではないでしょうか。
私は中途入社で、社員2年目の会社の中ではまだまだよそ者みたいなものかもしれませんけど、そんな私ですら、会社のミッションがないがしろにされていることに憤りを感じるのですから、生え抜きの社員の人たちの中にもそういう思いを感じている人がいるのでしょう。

この先輩に「もう思い切ってこの1年で辞めようか・・こんな研修生くるなんて・・仕事の意味がわからない。」といったら、止められるのかなと思ったけれど、逆に「僕は毎日そういうこと考えてます!」という返答がきてしまってあせってしまいました(笑)

自分の人生においてのミッション・・・中核になるものは何だろう・・・そういうことを見つめなおす時期に来ているのかもしれません。

じわじわと心が傷ついた日。

3:21。昨日とんとんざくっ!と切った指が痛むミッドナイト。今日の蒼は、この時間書き出して推察されるように落ち込んでおります。落ち込んでいる自分にも落ち込んでいます。こんなことで落ち込むなんて、と思うものの思考回路が切り替わらず・・・落ち込んで仕事をしていたのでした。

研修生にはあわなかったのに、研修生に振り回された日

今日は出勤してみると、研修生Bはいませんでした。なんでも早退したのだとか・・・。
なんとなく・・・明日明後日と地元に帰省する用事があるから・・そこに早く行くために車を運転したかったからじゃないかと、思われた。
しかも・・・引継ぎノートを開くと、先日研修生Bがおこしたクレームと同じミスをし、しかもそれをうちのスタッフのせいにしたりしたということがしたためられているではないか。

・・・・・午前中社員がいなかったのをいいことに、そのほかにもスタッフに反論したりいろいろしたようだったので・・・本部の担当トレーナーに電話をしました。早退したこともあわせて報告すると・・・そのほかにもなんか聞いてないような事態が起きていることが発覚。
なんだそりゃ・・・。

一通り共有しあって、電話をきると、そこから30分刻みぐらいに次々と本部の関係者から電話が。
トレーナー部門の課長、研修生のお店の担当になるSV、そして自店のSV。

特に自店のSVにいわれたことに、その場は納得いかない!という怒りがこみあげたものの、徐々に怒りよりも傷ついた・・という気持ちがさきにでてきてしまいました。

SVに言われて傷ついた・・・と自分が思っていること

毎週研修生の報告を、提携のFMTと、研修生が書く日報をPDFにしたもの、で本部の人たちと共有することになっています。
この簡単なようで、ちゃんと評価したりすると意外に時間がかかる週次ルーティンを、私は研修生の報告を担当するようになってから、非常に大切にしてきました。
提携のFMTは、担当部署全員に送るけれど、日報は本当に担当しているトレーナーやSVに送られるので、そこにFMTや日報からでは伝わらないことを、所感と明記して報告をしていました。
例えば、どのような指導をしているとか、どこをポイントとして苦手としている、とか、いいことがあればそのエピソードなども書いていました。
本部のトレーナーは常に数店舗受け持っており、店舗研修中お店に顔をだすことは稀で、私たちや研修生との連携が課題なのでは・・と常々感じており、せめてその助けになれば・・と思ってやっていました。SVに至っては、開店以降まで顔をあわせないこともあるので、人となりを知っていただければ・・というように感じていました。

本来、自店のSVには送る必要のないものなのですが、以前うちのトレーニングに対して、あることないこといわれたこともあったので、保険としてCCで送っていました。

確かに・・・今回の研修の所感は過去最高に辛辣な部類だったと思います。まず・・・本当に褒める箇所が見つからなかったのです。
努力はしているかもしれないけれど、それを上回る・・・コミュニケーションの課題、研修態度、進捗のなさ・・・
正直店舗責任者としては至らないと思う、と正直に事実を書きました。(アルバイトととしても正直雇いたくないレベル・・とは書きませんでしたけど)

それについてSVから、以下の指摘を受けました。

・感情的なもので、もしこれを全員配信していたら、蒼の評価を大きく下げるだろう
(今回は担当の人にしか送っておらず、電話などで別途空気感まで共有出来ていたからいいと思うけれど)
・店舗責任者になりうるかは、蒼のジャッジではなく、トレーナーがするものである
・正直、この文章だけ読むと指導を投げているとしか思えない(もちろんそんなことはないと思うけれど)

・・・・・電話でこのようなことを言われたとき、、反省の気持ちは特にありませんでした。事実は事実やろ。なので、納得いかんと真っ向から対立はしませんでしたが、謝罪はしませんでした・・。

ただ、じわじわと・・・電話を切った後に・・・何かが重く心にのしかかってきて・・・・だんだん・・・落ち込んできたのでした。
確かに・・・今回はあきれ果てているということもあったので、所感どころか主観で断罪していたのだろうか。
良かれと思ってしてきたことの意味はあっただろうか。(過去に所感についてコメントされたことはなかったし・・・)
いや・・・そもそも人を断罪するような心を持った私がよくないんじゃないだろうか・・・パーフェクトな人なんていやしないわけで。
・・・・全部私が悪いんだろうか・・・。

ついでに・・・SVから、「この間の各店ごとの担当者になんで立候補しなかったのか?」と暗にやる気がないんじゃないかといわれたことも、じわじわと暗く広がっていきました。
・・・まぁ・・ちょうど立候補募集のメールがきたときに、もうこんな研修生ばかりがきて、この仕事になんか意味があるんだろうか・・やめたい・・・と思っていた時期だったので、全くやろうと思っていませんでした。なのでやる気がないんじゃないか!といわれても否定はできませんでした。自分でやる気がなくても・・・人からいわれると、また違うものですね。

なんかダメな自分の側面しか見ることがなくて・・・今日は1日・・・口数も少なく・・・淡々と働いてしまいました。