blogはヒトナリ

こんにちは、蒼です(‘◇’)ゞ
ただいま「B塾 初級平日コース 第2講」に参加しております。陽気な顔文字つけちゃうだけあって、はっきりいいましょう、
今は久しぶりに明るい気持ちで、blog書いてますよ~。

blogが等身大すぎて、あせる。

いざ、「こんにちは~!」って明るくB塾のみなさんにあいさつするも、トイレで突然我に返る。
はっ、私の毎日のただのくら~~い日記をみなさん読んでる方しかいないんじゃないの?
(自分でblog投稿しましたとか、やっておいて、いまさら気づく)
・・・・この人常に、人を怒っている人なのよね・・とか思われているのかしら・・・とか、
いや・・・メモの取り方すら教えられないのかしらとか、
トイレの鏡でまじまじと自分の顔を見つめました。

B塾関係の方は初級、中級問わず、blogが更新されれば拝見しているのですが、お会いしたことない方、お会いしたことがある方、
様々ですが、やっぱりblogを通じて
「こんな感じのことに興味がある人なんだな~」
「こんな文章を書く人なんだな~」
って伝わってくることがたくさんあるわけです。

だから、1カ月ぶりにお会いしても、「あ、この間の●●楽しそうでしたね!」みたいなお話しできるけれど、
私の場合「1カ月・・つらそうですね。」でした。(怒ってましたね、とはいわれなかった・・・みなさんやさしい・・)

これがブランディング

blogに何をかくのか、どういう書き方をするのかも、ブランディングなんだよな・・・と肌で実感してしまいました。
いやね、私も、普段ゲームやったりとか、本読んだりとか、特撮見たりとか、楽しくやってるんですよ!
でも書いてないと、日々日々つらそうな「蒼さん」が出来上がるんですよねぇ・・・。

蒼は日々、仕事はつらいですけど、一応、楽しいこともやってるんですよ。
仕事辞めたいぐらい、研修生に発狂しているけれど・・仕事に遊び心も忘れてないつもりです。
「辞表風引継ぎ」とか「家出風探さないで引継ぎ」とか「店長に果たし状送ってる風引継ぎ」とか。
みなさん、店長に果たし状送って喧嘩売ってる蒼さんじゃないんですよ~~!!

早く帰りたいとか思いながら、「果たし状だもんな~手書きだと字がいまいちだから、両面印刷でやろ~~」とか、思ってますし、
毎日おいたら写メとって、職場のスタッフに「どう、今回の!!」とか見せてますからね。
(置かれた店長は・・一応嫌いじゃないとはいってくれてるから・・よしとしよう。いや、引継ぎをみろ!という圧力は常々かけていく)

蒼は怒っているだけじゃないということを伝えよう。

結論として・・蒼は毎日つらい・・・事ばかり書きすぎてるなって反省です。
つらいのはつらいし、自分の考えも整理したいから、今後も書いていくと思うけれど・・楽しい蒼も書こう。
とりあえず・・目標5記事中1記事ぐらいは、楽しい蒼になろう。

いや、今日気付けてよかった・・・。

人とは思い通りにならないと・・・あきらめなければ

3:52.B塾2講前夜というか、10時間前。私は何をしているんだろう・・・。

・・・っていう境地ですね。今日はできれば悟ってしまいたいです。

日曜日の深夜、メモの取り方を説明した

最近ずっと書いている・・研修生問題。この間メモの取り方から説明したという話をblogで書きました。

再度書くと、「マニュアルになるメモ」の作り方はこんな条件が必要である、と説明し、下記の説明事項を書いた紙も渡しました。

・最低限、明日の自分がみてできる状態である(人がそれを見ても同じようにできることがマニュアル)
・作業のメモには、工程順に番号を振る(1、2、3でも、a、b、c、でもいい)
・作業のメモをまとめるときには一定のルールを設けること(ボタンやキーは、文字を四角で囲む。大事なところは波線をひくなど)
・補足事項は、※などを使って、工程の途中に記入すること
(例)3、ガラケーで電話をかける際、電話帳の相手を選択するとかかる
※電話番号を直接入力する場合は、入力後受話器のマークを押す

こういうふうにまとめれば、絶対に一人でも再現することができる、他の人がみてもある程度理解できるのだ、という話をして
なんなら、他の作業項目のメモは私が「1、~を押すと書いてください」と指導して書かせたりもしたのです。

で、「とあるレジ操作の方法をまとめてきてください、あなたなりのまとめ方ではだめ。私が渡したメモの条件をの説明事項をみてまとめてください」と、宿題をだしました。
とあるレジ操作は私を含めて最低4人が説明しているけれど、メモはぐちゃぐちゃ、何回やってもできないという操作で、
その宿題を出した時も、その人のメモに赤ペンで添削をいれて、「ここの過程がぬけてるので、書くんですよ、書く内容はこうですよ」と説明したのだった。

そして今日、メモをみせてもらった

結論から見せよう。メモを見せてもらったら・・こんなんだった。

・・・・これを殴り書きを清書したというんだ。あなたに何回もいっていることはこれなんだけど!!という絶望感が降臨。
「・・私の渡したメモの説明書きどこですか?あれをもとにまとめてっていったよね?」
といったら、とってあります~っといって別のところからでてきた。いや、とってあるじゃない。使ってくれ。
「これの条件を満たしてまとめてきてくださいっていいましたよね?ではやってください。このメモをみて書いて!!
家で書いてきてといった、私がばかだった!!!今日はちゃんとしたメモがかけるまで帰るな!!!!」

そして・・・案の定・・全くかけませんでした。その項目見てもそれがボタンなのか、作業なのか本人がわからないのです。
わからないだろうということを、もう1回知らせたくてやらせました。
ペンをもって、新しくまとめるようにと言い渡したA3レポート用紙の上で硬直する研修生。
そこから先は?とうながしても、全くわからない。
30分経っても・・・ペンが動かないので、仕方なく・・もう1回私がその作業をやってみせることにしました。
この作業はクレジットカードと現金で途中作業が分岐するのですが、両方ともやりましたし、レジの練習モードではできなかったので、
私がお金をだして、教えました。

書けるまで何度も作業をとめ、書き終わったらすすめ、また次の作業でとめ、書かせ・・・で1時間。
店はあいているし、新人TRもしながら、接客もしながら、もう10回以上説明している操作方法をやりました。

マニュアルの下書きができたので、今度はそれをもとに清書してくるよう指示。
これで2往復。最初のメモから、マニュアルができあがるまで・・・3時間かかりました・・・。
で・・ようやく・・・これです。(詳細が加わったので、一部だけの画像です)

そして、今・・・思うこと

人にメモの仕方を教えるなんて初めてでした。で、これだけ説明したからできるだろうなんて、まだまだ甘かったことを知りました。
どんなに教えても・・・全く届かない人には届かない。
この研修生は決して不真面目なほうではなく、覚えて帰りたいと常々言う。
でも・・・できない。
ご迷惑おかけしてすみません・・・って何かにつけていうのだけれど、じゃあ迷惑をかけないようにしようって思ったら・・・
もっと行動って変わるもんじゃないのかな・・とか・・なんかすごく思います。
口先だけの謝罪はクレームをもっと大きくするんだよ・・とかそういう感じがします。

でも・・・・もうあきらめたほうがいいのかもしれないです。
他人は変えられないって、たくさんの人がいっているのは、こういうことなんだろうな、と。

私は研修生を受け入れた以上、お店をあけたら困らないように、お客様に喜んでもらえるように、と思って教えてきたけれど、
結局のところ・・・自分が痛い目みないと・・・変わらないのかもしれないです。
このレジ操作の方法も、自分で失敗してお客様に怒鳴られたりしないとできるようにならないのかもしれません。
そしてどうにもできなくて・・謝りに謝っても許してもらえないとか、そういうレベルになって身につくのかもしれません。
(レジ操作の方法・・・自分のお金をだして練習したことほとんどないもの)

昔、研修生に厳しく接したことで本部に当時の店長と私の指導方法にクレームがあがったことがありました。
正論をいわれすぎていて、怖い・・と。
その時に本部の上司から「お店開けたら本人が痛い目みてわかればいいじゃない。研修中は厳しくしないでよ、楽しくやって。」と。
正直反発したけれど・・・今日、あのメモを見た時に、上司の言葉が正しいような気がしてしまったのでした。

AM3時の悲しさ

とうとう・・・blogの更新が途絶えてしまった・・しかも2日も。
というのも、一昨日、研修生に夜中あまりにも何度も指導してもできないことが、うちのスタッフに対しても失礼だし、その割に空気が読めないところに割り込んでくるとか、あなたは人におもてなしを指導できる立場になる気があるのか!と叱ったところ、AM1時すぎに号泣された。そこから、もう一人の研修生対する不満とか、プレッシャーとか、なんだかんだ愚痴をめいっぱい聞かされて、なだめてアドバイスして、研修生を帰したのが3:15、そこから5時まで発注と仕込みと自分の仕事を片付けて明け方5時に帰宅。

もうさすがに、こちらも泣きたい気持であった。自分が腹が立ちすぎると食欲がなくなるなんて想像もしていなくて、blogを書く体力が残っていなかった。ふらふらとお風呂に入って、そのままばたんと寝た。昨日は泣かれなかったが、やはり想定外の相談をうけて、職場をでたのが3時すぎていた。

こんなこと教えないとだめなのかの嵐が私に上陸。

正直・・・こんなことを・・・60歳近い人に指導しないといけないのか・・・というのは衝撃的であった。
未だかつてこういう方に出会ったことがなかったので、衝撃とともに絶望気分。

「殴り書きを清書する」=「まとめなおす」ではない

その場で殴り書きして、あとでまとめるということは、誰にでもあることだと思う。殴り書きをまとめているときに「おや、ここってどうだったかな?次に聞こう」となるのが私の中では普通だったのだが、「殴り書きを清書する」のを「まとめる」って思っている人がいることにびっくりした。もちろん殴り書きがきれいな字で丸写しされているだけなので、他人はおろか、自分ももうよくわからない状態であるが、本人がそのことに全く気付いていない。

メモのまとめ方を指導

再現性のないメモはメモではないのですよ、とだけしかいってこなかったが、あまりに「自分でわからないメモ」を毎日まとめてきては、うちのスタッフが発狂しそうになるほど、同じことをまちがったり、つまずいたりするので、とうとうメモのまとめ方を昨日指導した。
「自分なりにまとめてきます!」を禁止した。「100%あなたのまとめ方ではできないことが証明されている!」と言い渡した。

・最低限、明日の自分がみてできる状態である(人がそれを見ても同じようにできることがマニュアル)
・作業のメモには、工程順に番号を振る(1、2、3でも、a、b、c、でもいい)
・作業のメモをまとめるときには一定のルールを設けること(ボタンやキーは、文字を四角で囲む。大事なところは波線をひくなど)
・補足事項は、※などを使って、工程の途中に記入すること
(例)3、ガラケーで電話をかける際、電話帳の相手を選択するとかかる ※電話番号を直接入力する場合は、入力後受話器のマークを押す

質問するとポイントを必ず外して返してくる。

見事なまでに・・・ポイントをずらして返してくるのはわざとなんじゃないか、と思うぐらいで、スタッフがこの人を嫌いになってしまっている大きな理由なんだが・・・本人は悪気がないから・・・困るんだよなぁ・・・

(例)
私「○○さん、ヒレカツプレートと、ミニのヒレカツプレートの違いをお客様にどうやって説明しますか?」
研「・・え~と・・・・・・・・パンの数が2個と1個です。」
私「いや、そもそもヒレカツの数が5個か3個でしょうが!お客さん肉が食べたくて注文するのに、なんでパンで説明するかな!」
研「あぁ・・・そのほうがよかったですね(^◇^)」

・・・・そこ満面の笑顔でいうとこじゃないよ・・・・隣で休憩食べてたスタッフが口をあんぐりあけて、異星人見るみたいに見ている。

とうとう最近では「いいですか、人の質問に対してポイントがずれたことを返すと、相手は必ずえ?何?この人私の話聞いてた?って不愉快になるんですよ、これからせっかく採用したあなたの店のスタッフに嫌われたくないでしょ?」とはっきりいうレベルになってきた。
人にあなたは不愉快な人だと思われてますよ、と1日に3回いうだけでも、結構自分が傷つく。

作業の説明や、目的が全く説明できない

人を指導するんだから、いろんなタイミングで「なんで?」とか「どうしてですか?」「どうやって人に説明しますか?」ときくんだけど、
まぁ・・メモがまとめられないし、ポイントを見事に外す人なので・・説明できないんだよなぁ・・・。
(例)
研「この作業って2回やるんですよね?」
私「そうですね、2回やりますね。ではアルバイトスタッフさんに教えてるときに『1回でよくないっすか?』っていわれたらどうします?」
研「・・・(突然語調を強めて)やってください!!!!といいます。」
私「いやいや!!!!確かにあなたが上司だからそれでもやってくれると思うけど・・相手はどう思います?『なんだよ、うるせぇな・・』って思ってそのうちやらなくなりますよ。」
研「・・・そうですか?」
私「『確かに1回でもいいけど、見てみて、ここにこんなふうにまだ汚れが残っちゃうんだよね~。だから2回やるとこの部分も落ちるんだ。だから、2回やってほしいんだよね。でもちょっと熱いから気を付けて作業してね』とかいうと、なんでやらないといけないのかわかるから、2回ちゃんとやってくれますよ!。」
研「なるほど、気を付けての思いやりが大切なんですね(^◇^)」
私「違うわ!!」

こうやって文字に起こすと・・・漫才みたいだけれど・・・実際に毎日、数十回とやると・・すりへるんだよなぁ・・・

そんなすり減っているAM3時が一応昨日で終わって(研修生はまだいるけれど、夜勤は終わった・・)ちょっとほっとしました。

で、写真がなにかというと

あまりに最近研修生に絶望して、店長にやめたいやめたい!と連呼して、あげくに・・店長が私のホワイトボードの引継ぎをみてもくれなかったりすることが続いたので、「明日辞表を机の上に置いて帰りますからね!」と眼光で人を殺せるぐらいの威圧感でいってやったので
引継ぎをそれっぽくかいて帰ったのでした。朝一、店長の度肝を抜くことに成功したらしい。
「昨日の話もあったから、まさか本気だったのか!」って血の気が入り口でひいたらしい。
それがキャッチアップの「辞表風引継ぎ」
文の中のは「小学校のノートの書き方の授業か・・・という絶望を感じたので、失踪した置手紙風の引継ぎ」です。

・・・それぐらいしか、楽しくない毎日。

blogが面白くないことは知っている。

3:48。

今日も研修生を思いっきり叱ることがあったが、もうその話はやめようと思う。
だが一つだけ。
昨日私が結構な勢いで帰れ!!と叱ったのを目撃したスタッフが、
「いや~今日は万が一があったら、マジで羽交い絞めでとめて。」
って一応冗談のつもりだったんだけど・・・
今日も思いっきり叱ったから、もしかしてって思ったらしくて研修生が帰るまで事務所で待機してくれていた。
・・・・いや・・・本当に恥ずかしい。

毎日、毎日、伝えても伝えても届かない。届かないけれどやるしかない。
そんな研修生が半年に2回ペースで入れ替わりくる。
届かない研修生を繰り返し受け入れては、送り出していくその過程、それは・・・
「穴を掘ってください。そしてその穴を埋めてください。」
という意味のないことのように思えて・・・今日出勤20分前まで家を出る気になれなかった。
仕事の意味ってなんだろう・・・この仕事をしなくてはいけない意味ってなんだろう・・・と思っていた。
(実際店長は店で、まさか・・来ないのではとひやひやして時計をみていたそうだ。それぐらいぎりぎりで、店のドアをあけた。)

最近のblogが面白くないことは知っている

そんな話ばかり書いている最近のblogが、自分が読んでも人が読んでも楽しい類のものではないことは承知している。
全世界の人が読むものなんだ、blogは!と声を高らかに宣言したけれど、今なんでblogを書いているのかというと120%自分のためだ。
怒りで頭が破裂しそうになっている時には気づかなかったことを、文章を書く段階で整理している。
きのう書いた「すべての仕事には意味があるんだ、目的があるんだ。」は帰れ!っていったときには・・・ちゃんといわなかった。
だから、今日はちゃんと言おう。いや、その人がちゃんと意味を理解してやっているのか店長に見てもらおう、とか、そんな風に翌日の自分の支えになるのが、このblogの時間だ。

この時間を削って寝て、早く起きてたまった仕事を片付けにいくのもありなのかもしれないけれど、というか、いろんな仕事がものすごい滞っているので、そうしたほうが会社員的にいいのかもしれないけれど、たぶんそれだとつらくて本当にやっていけない。
いや、早く寝て・・早く起きてまだ何も起きていない楽しいblogを書いたほうがたぶんいいんだと思う。
ネタはある。(キュウレンジャーでしょ、健康診断でしょ、スタバで買ったタンブラーの話でしょ、GCCXのことでしょ!)
でも・・・夜ここで、今日の自分の本当の想いを見つけ出してからでないと・・・整理がついてからでないと・・。

最後に一つだけは良かったことを書こう。

新人さんを5人ぐらい採用したのですが、とてもいい人たちです。教えたことを一生懸命行おうとする姿勢、
大きな声であいさつできること、それはお客様に対しても、同じスタッフ同士に対しても。
新しいことをどんどんできるようになろう、と向き合ってくれる姿勢が、本当にいいね、と思っています。
教えたことだけでなく、教えてくれる人の行動を見て、真似をしてみる、こうしたほうがいいと思って率先してやってみる、
そういうことができる人が少ないなと感じているなか、今回そういう方ばかりきてくれたので、大切に育てようと思います。
教えるのは大変だし、新人さんを抱えているとミスが起きる確率はかなり増え(現に今日・・・危うく大クレームになりかけたけど)
それはそれで神経をけずることではあるけれど、新人さんのひたむきな姿勢がそれを打ち消してくれる。未来への投資。
「俺だっていつかできるようになるのに、いちいち怒ってくるお前らがうざい。いずれこいつらいなくなるし、店では俺の天下だぜ。」的な研修生ばかり最近来て、教えることにマイナスなイメージを抱きがちだったけれど、真剣にお仕事をしてくれる新人さんを前に、気持ちが新たになる気がします。

4:14。お風呂にお湯が入った。寝よう。

この仕事には何の意味があるのか?を考えて働いているか!

3:49。
今日は健康診断のため休みにしていましたが、夜締め作業ができる人がいないので、閉店後に店に向かう。
(健康診断もまた、初バリウムなので楽しかったです・・・あぁ・・これがバリウム・・・と32年来の疑問が氷解)

今日は帰ってください、といった

昨日blogに書いた研修生に、「点検と締め作業をやってください。昨日までにしっかりやったので23:30までに行ってください。」
と指示。
「わかりました。」
と昨日とは違うメモが出現して、レジに向かう研修生。
インフルエンザ、体調不良で、明日2名欠勤がでたので後輩とシフトの打ち合わせをしに事務所に。
一度もそういえば質問とかに来なかったが、順調だったろうか?
23:30に「終わりましたか?」と様子を見に戻る。

目を疑う光景がそこにあった。
レジは閉設されていて、データがもうサーバに送信されている。
だが、伝票などはすべてささったまま。ひとつも整理されている気配がない。
「・・・・この伝票などは全部放置されていますが、点検をしてずれていないか確認していますか?」
と恐る恐る聞く私。
「・・・・して・・・ないです。」

頭に血が上りました。というか、月、水とかけた6時間ぐらいの時間が走馬灯のようにかけめぐる。
「点検をして、締め作業をする手順だと教えたと思うのですが・・・なぜしなかったのですか?」
「・・・・締め作業・・・のことしか頭に浮かびませんでした・・・。」
「・・・・何もチェックしないで、万が一この伝票にずれが発覚したら・・・もう直しようがないんですけれど。」
「・・・すみません・・・チェックしたほうがよかった・・・ってことですよね・・・」

このあとなんで?と聞いても「締め作業しか考えてなくてすみません。」しか言ってくれなくて・・・私は昨日と同じことを繰り返す。
「お客様に割いているはずの時間をあなたたちに割いているんです。ここはお客様が払ってくださるお金以上のサービスや感動を提供するところです。学校じゃないんです。あなたはただ言われたことをメモをとっているだけですか?」
もう何度目かの「締め作業しか考えてなくてすみません。」が繰り返されたときに、私の中で初めての言葉がこぼれでた。

「今日はもう帰ってください。」

愕然とした顔の研修生。
「これからレジは締まってしまったけれど、伝票の確認などは私が全部点検しますから、今日はもう帰ってください。もう一度、何をしにきているのか、何が足りていないのか、本当は何がわかっていないのか考えて、また明日来てください。」
「いえ、お手伝いさせてください。」
食い下がられる。
「本当に今日は帰ってください。今このまま作業をもう一度やっても無駄だと思います。なので、もう帰ってください。」
そのあとも何度も食い下がられたけど、断固として拒否して帰ってもらった。

作業にも、仕事にも意味がある。

仕事には・・それぞれ意味がある。作業にもちゃんと意味がある。
例えばトイレがきれいかどうか1時間に1回チェックし清掃するのは、「お客様に気持ちよくトイレを使ってほしいから」
元気で、明るいトーンで、笑顔でいらっしゃいませ!というのは「お客様にきてくれてありがとう、の気持ちを伝えたいから」
マニュアル通りに量とスピードで作成するのは「お客様においしいものを、ベストなスピードでお届けするため」

もっと広い範囲でいうと
スタッフに一つの作業ができたら評価し、次のステップを与えるのは「スタッフに目的をもって仕事を楽しんでもらうため」
スタッフに仕事を頼むときに説明したりフィードバックするのは「きみの仕事にはこういう意味があるんだ、とても大切なんだ。と知ってもらうため。」
まだまだたくさんある。

研修生には「人に理解してもらわないといけないんですよ。」「あなたが教えていくんですよ」と何度も伝えて、指導している。作業の意味を説明を逐一しているわけではないが、すべてにおいてちゃんと意味があることであると最低1回は伝えているはずだ。
でも、上辺だけしか知ろうとしていないから作業だけなぞっている。
お手本を見せようとしているスタッフの後ろに立っているのに、メモだけとって、スタッフの表情や気配りは一切見ていない。
お客様のクレーム対応だってできないだろう。だって・・その人のことをいっぱい考えて想像しないとできないことなのだから。

とはいえ・・・今日の自分の「帰ってください」は決して褒められたことではなく、上司には報告とともに謝罪の連絡をいれた。
でも思わず、電話口で本音がぽろり。「店長・・私もう・・無理です。この仕事の意味が分からないです。やめたいです・・・」
電話で二度絶句した店長になだめられて・・今日の1日が終わった。

そんな1日をゲームセンターCXの録画が癒してくれる。久しぶりにちゃんと笑って眠れる。

自分の仕事の意味を疑った日

3:12.昨日と大して変わらない時間。

研修生に一昨日1時間かけて説明したことを、実践してもらおうとしたら2時間かかりました。
私が教えていた時にとったメモが、あまりにいろんなページにぐちゃぐちゃと書き込んでいたので、
きちんとまとめて自分でできるようにしてください、とアドバイスしたところ、

「きれいにそのまま清書」してこられたのでした。

・・・・わからないところは空白。後半なんて「精算」とか「締める」とかしかかいてなかった。

「書き写していて、この精算、という言葉だけで自分この作業をできるのかと疑問に思わなかったのですか?」
とこみあげてくる怒りを押し殺して聞いたところ、
「思いました・・・やっぱり・・できな・・・かったですね・・・」
との返答。

わからないことを積極的に聞くことができるという姿勢と
とりあえずわかんないことは教えてくれるだろう、という姿勢は天と地とも違うのだ!!ということを、
自分の年の2倍は言っている人に教えないといけない現実にちょっと絶望しました。

ただ書き写すだけなら、汚いメモと変わらないのですよ。
「そのメモなり、まとめたものをみて、再現できるかどうか=マニュアルとして使えるものかどうか=人に説明できるかどうか」
を意識したら、こんなことにならないのではないかと・・私は思って今日は悲しくなりました。

あなたがたは今後はお店の責任者になる方です。右も左もわからないアルバイトさんを教育しておもてなしをするのです。
自分だけわかるとか、人に伝わらない話し方とか、ではダメなんですよ?人をトレーニングすることも仕事なんですよ!!
ともう何十回もいったけれど・・・もう伝わらないもの思ってあきらめてしまいました。

でも、これだけは伝えたくて。
「あなたにこの項目を教えるのに、私と店長で6時間ぐらいかけています。本来お客様にサービスをするために割かれる時間をあなたのために使っています。その間お客様に迷惑がかかっていることを理解していただけているのでしょうか?今日のあなたの態度には本当にがっかりしました。」

・・・もう一人の研修生は・・明日から店舗を開くにあたり必要な資格をとるのと、休みで3日もこないので
「今の現状を自己採点してください。」というチェックシートをそのまま忘れ、なんなら今後の予習復習に必要なファイルも全部おいて帰りました・・・。

・・・自分の仕事の意味ってなんなのか・・・この人たちがあけたお店に行って
たくさんの人ががっかりしてうちの会社の看板に傷がついて・・・とか考えると・・今の仕事の意味ってあるのだろうか?と
思わされました。

あなたたちのことなんてどうでもいい!!と私は叫びたい

こんばんは、なのか、おはようございます!なのかよくわかりません・・・朝3:49。さっき帰ってきました。
慢性的な人不足、月末と会社の決算が重なって、もういくらやっても仕事が終わらない、新人TRは入ってくる、分身したいです。
誰か私のふたご座のキュータマください(とキュウレンジャー感想がかけずに悲しいので、こことでネタをいれてみる)

前に書いた研修生ストレス・・・とうとうお店全員が匙を投げるような状態で、お店のサービスにすら影響が出る始末。
目をはなすととんでもないことをしでかすので、お客様にではなく、研修生に注意を割くから・・・サービスレベルが下がっている・・
(彼らがきてから・・立て続けにクレームが発生・・4件連続なんてワースト記録を更新。)
そんなの言い訳だけれど、彼らにその自覚が全くないことが・・・腹立たしい・・・。

できていないのに、「でも昨日よりできるようになりました。」と必ずいわれる。
でも「昨日より声が大きくなった」と自分で思っても「10人が10人聞こえない」という状況で、どんな説得力があるの?
ということを・・・理解してくれるのかな・・・。
毎日それを伝えようとしても、全く届かず、全員がイライラし・・・・そしてサービスの質が下がる・・・・。
うちの未来のお客様を失うということを理解してくれているのだろうか・・・。多大な損害を今、あなた方のために失っているのだということを理解してくれるのだろうか?
これは彼らが将来わかろうとわかるまいと、今、お店にとって失うもののほうが大きいんじゃないだろうか?

忙しいというのは、心をなくすとかく、とか、忙しいとかいってるのはホントは怠惰の隠れ蓑なんじゃない?なんて糸井さんもいっていたり、するので、あんまり忙しいんだよ!って言葉を使いたくないのですが・・・
でも、「伝わらない人たちに割いている時間なんて1秒もない!忙しいんだよ!」と一度いってしまいたい・・気がします。
話している最中に、突然どっかにいなくなられるとか・・・もはや・・・聞く耳がないのかもしれない。

・・・あのね・・・たぶんね・・・いろんな人にこの話をしてどうしたらいいんだろうって聞くのだけれど・・・
これって本人たちの問題で、私にはどうしようもできないってわかるんです。研修生が未来でありとあらゆるクレームがおきても対応できなくて、悪い評判ばんばんよんで、スタッフも育たなくて辞めちゃうんだろうな、ってその時になってわかることだと思うのです。
でも、今、私の店が彼らによって乱されて、お客様が離れてしまうかもしれない状況で・・・彼らに何を言ったらいいのだろう。
届く届かないはともかくとして、引導を渡してしまってもいいものだろうか・・・。
だが引導を渡すようなことは、研修店舗として許されない事じゃないか・・。
いや、私たちの指導方法とか、心構えが悪いんだろうか・・。
とかとにかく、毎日頭の中がぐるぐるぐるぐるかけめぐっていて・・・ちっとも休まった気がしないのです。

・・・そんななか日付的には明日、3/2、生まれて初めてバリウムを飲む・・・・、その不安もストレス・・・。

日付は過ぎたけれど

日付すぎちゃったから、今日は書かなくてもいいかな~と思っていました。2週連続で半休で、せっかく来てくれた相方はまちぼうけ。
しかも今日は無断欠勤はでるわ・・研修生との会話もかみ合わず・・・さらに思った以上に残業に。

二人の時間さいてまで、書かなきゃいけないblogなんてないな~と思って
「今日はblog書けなかったわ~明日からまたがんばる。」
っていったら
「寝る前にかけばいいのに。」
ってさらっといってくれました。
なので、お言葉に甘えて書きました。

写真とかないけれど、とりあえず、書きました。

いや・・・もう・・・・これはどうしたらいいんだろう・・っていうぐらい仕事は悩みがつきません。
研修生ストレスがあがってきているらしくて、夜中に歯をカチカチってうちならしているらしいです・・・
(そういう歯ぎしりの一種みたいなのがあるらしい・・)
この人たちができなくても私かまわないとはいっていられない・・だってクレームおこすんだもん!!なんで!!!!
今・・・お店全体が荒れ狂っています・・・。それをなんとかしなくては・・・・どうやったら解決するんだろう・・・
お客様が離れて行ってしまう・・。重圧・・・。

何か語らないときっと後悔する、の意味

こんばんは、蒼です。昨日は1日ほぼ何も食べられず、せっかく日曜日に休みだったのに・・何もやる気がなくて気が済むまでだらだらしました。でもたまった仕事を片付けるには今日・・休みだけど行くしかないって職場に4時間ほど・・・。

きのう書いたblogに、B塾のみなさんからやさしい励ましをいただいて、「とりあえず習慣に!」の段階だったと思い出しました。

みなさま、アドバイスと励ましありがとうございます。

何か語らないときっと後悔する、っていう意味

このblogのタイトルは「蒼の徒然」。でも「何か語らないときっと後悔する」というサブタイトルがついてます。
これは2004年にはてなダイアリーをはじめたときからずっとこのタイトルでやってきているのですが、
ふとなんでこういうのつけたんだっけな~って。
蒼が徒然書く日記的な場所という位置づけで、読むとゆる~い感じの日々のことがたくさんかいてあるけれど、
そこに「何か語らないときっと後悔する」とつけた意味。
とにかく「何者でもない自分」で終わっていくのが嫌だったんじゃないか・・19歳の夏・・・。
社会に出ることを意識し始めて、でも特に恵まれた才能とか、容姿とか無縁。
このままで終わることが嫌だったんだろうか。
時代に爪痕残さずに死ねるか・・みたいなとこか。

正確な理由はわからず、なんでそのサブタイトルつけたかは、blogをおいかけてみたけれど、全然わからなかった(笑)
でも、「何か語らないときっと後悔する」というサブタイトルを変えようとか、外してしまおうと思ったことはない。
だから、私にとって必要な言葉なのだと思う。

書く気が起きない時もある。
書いても誰のためにもならない時もある。
マイナス思考があふれ出てくる時もある。
背伸びをして、書いて、なんか違うわ~って思うときもある。
やってやめちゃうシリーズもあるだろうし、もしかしたらこれからこんなこと書けるって発見があるかもしれない。
書くことがつらいときもきっとあるし、反対に書きたくてたまらないときもある。

そういう繰り返しが「時代に爪痕を残す」かもしれないのだ!!

自分はblogで何をしたいんだろうか・・・

みなとみらい

blogを毎日書いて1カ月(にはまだ少し足りない)、ちょっとずつ手が止まることが増えている。
なんで手が止まることが多いのだろう。
いや、そもそも最近はPCの前に座ることが億劫だ・・・。
よく悪くもiphone買いに行ったらauショップがひどすぎた~とかはネタになるので、指もキーボードを走っていくのだけれど、昨日、今日はなんか書きたくない・・・みたいな気持ち。

ネタはある。キュウレンジャーの2話もみたし(もう3話が明日放映だから・・完全に感想乗り遅れている)、読み終わった本も2冊あるし、買って読んでない本もあるし。ネタがないわけではない。
でも、なんとなく書きたい気持ちにならない。
Amazonミュージックで気分があがりそうな、音楽をガンガン流しているが、今日はそういう気持ちになれない。

“自分はblogで何をしたいんだろうか・・・” の続きを読む