広告

こんばんは。真夜中のブロガー、蒼です。

今日も今日とて、転職活動をしています。
「会社員の自分=成功していない=不幸」という心の方程式を昨日見つけてしまった。
それでも、今日も続けてみるのです。

書類選考に応募する会社を決めていく時に感じる不毛感

エージェントを4社利用していますが、今、それほどワクワクするような会社には出会っていません。
(というか、1社めっちゃわくわくしたところから、ものすごくご縁がない感じで終わったんですよ。)

紹介される一発目の求人が一番、豊富で数が多いのだから、ここから選ぶのよ!という圧力をかけられるわけですから、
一応今、私に提示されているのが「お前にとってベスト」ってことなんだろうと思います。
他人が選んでくれた求人票を前に、「これが選ばれた、ベストの選択なのか・・・」とちょっとため息ついたり。

しかも言われているのです。
「合格率を上げるためには、最低20社ぐらい書類選考に応募してくださいね。」と。

そういわれて、もらった求人票をいろいろみるのですが、「お、これならいいかなぁ。」と思うものだけ選ぶと10社も行かない。
「じゃあまぁ、これもいれとくか。」みたいな感じでなんとなく増やす。

それでもその「なんとなく」という失礼な増やし方をした企業からも「お見送りです」といわれたりすると傷つくんですよね。
前回がそうだったので。
自分のそういうめんどくさいところは、100も承知でやる、このポチポチ。
(冷静に考えると、ほぼ合わないかもと思って応募して、お見送りされたら、お互いにとって幸せなんだけどね)

「あぁ~~~~~不毛!!」って思わなくもない。

それでも転職活動を続けてみる理由

そんな「不毛!!」って思ったり
「シフト作ったりしないといけないのに、暇がない!」
「やりたいこと他にもいっぱいあるのに、なんで転職活動してるんだろう!」
みたいな気持ちになりながらもなんで続けるか。

やっぱり進まないと変わらないからだと思います。
毎日同じ日々をこれからも過ごすことは簡単です。
腕が痛い、腰が痛い、人がいない、つらい、疲れた、つまんない、店長仕事しろ!って毎日7割ぐらい思っている。
それでも時々、常連さんと楽しい会話をしたり、スタッフの成長に目を細めたりがあって、やっていける。

そう、きっとやっていけるんです。
だってそれが今の私の日常だから。
日常はどんなにつまらなくても、安定感がある。
惰性でもこなせるから、実は楽なんですよ。

でも、何も進まないです。
もしかしたら会社から、いつかは「蒼くん、来期はちょっと本部で働いてみないかい。」って異動の打診があるかもしれません。
いつかはね。

でも、いつかは自分では選べないんです。
そして永遠に来ないかもしれないんです。

転職活動は自分で選べます。
「会社変える!」って自分で選べます。
結果的に第1志望に入社できなくても、自分で選んだ会社にひとまず入れます。
自分が選んだ事に少なくとも「挑戦」できます。

もしも「やっぱり転職しない」って選んだとしても、それも自分で選んだことだといえると思うのです。

職務経歴書、数字もっと入れませんか?ってやっぱりいわれて頭をかきむしっている夜に。
ちょっと思ったことを書いてみました。

全社比較してみるとよくないですか?って簡単に言うけど、基本的に現場はそういうことうちの会社はやらないんだよ・・。
やってもいいけど、指標が一般的じゃないから書けないんだよ~。どうすんのさ!!
イライラしつつ、今日はもう寝ます。

そう、イライラしているけれど、結局のところ私が選んだことなので。
転職活動、続けよう。

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告