広告

今日コーチングをうけて、小さい頃から好きなものが首尾一貫していることを知った。 あまりに一貫してて面白すぎた。

キーワードは
境界線、
人の心
好奇心
そして救いたい

リアルの隣にある、別の世界。
そういうものが好きだ。

リアルの地続きにふっとスピリチュアルなものが入ってくる吉本ばななさんが好き。

自分の心と犯罪者の心は常に紙一重。
なぜそうなってしまうのか、理由が知りたくて、クリミナル・マインドを見ている。
私はなぜシリアルキラーにならないのだろう?

人の心も好きだ。
辛くて読み返せないぐらい好きな作品である、
宮部みゆきさんの孤宿の人。
思惑が思惑を呼び、狂想曲のように動き出す物語は苦しい世界だ。

仮面ライダー龍騎で、願いを叶えるために他のライダーを殺すかどうか、迷う姿が好きだ。
答えなき答えを私に提示して、ifを考える時間が好きだ。

相棒のボーダーラインのような話に完全に同調して、心から苦しかった思い出がある。社会から孤立して、社会に殺されたと訴えなければならなかった人の心に共感して、死にたくなるぐらいだった。

私は知りたい。
あの人はなぜその道を選んだのか?
なんでそんなふうになっているのか?
答えはないと知ってるから、探したい。
答えを知りたいと願いながら、知らなくてもよくて探し続けたい。

好奇心。
探究心。
なんと呼ぶのだろう。
知りたい。

攻殻機動隊SACで、人はオリジナルなきコピーたちがオリジナルを叫ぶのに、タチコマはコピーを繰り返すごとにオリジナルが目覚めていく。

なぜだ、知りたい。

仮面ライダークウガで、グロンギという種族はなぜ殺しをヒエラルキーを決める文化にしたのか知りたい

リアルであろうが、架空であろうが関係なくて私は知りたい。探し続けたい。

知り続けたいという気持ちと、見つけようとする行動が文章になったら、私は救いたい。
1番最初に昔の自分を救いたい。
いつも自分を救いたかった。

そしてその救いたいというものが、誰かの心の中を救えたら。

それは嵐の中の灯台のように。
それは真暗な闇の中の北極星のように。

少しでも、自分の人生を迷いなく歩けるような灯りに、灯りのような文章をかけたら。

なれたら、と書いたけどなります。
そうするって今日決めたから。
小さい頃から文章で生きていく、って思ってました。
会社員じゃなくて、自由に自分の足で生きていくものだって。
だから決めた時もひゃードキドキとか、オラろワクワクすっぞ!とかではなく、「そうだよね、そうだったよね。」って静かに思いました。
怯えとかないの。
できないとも思わない。
ちょっと大変かなーとは思った。
でも2ヶ月くらい前に怖い、できない、私は常に2番手な人生と思い込んで妥協して生きていたあの思いは微塵も出てこなかった。

私は助けをたくさん借りて、変わった。

あの頃はちゃんとわかってた夢に、
自分の人生の目的をぎゅっと結んだ日。

人の心
境界線
好奇心
北極星
灯台
探求者

肩書きもってつくって軽やかに生きていきたい。
via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告