広告

会社員/ブロガー

スラッシャー的に肩書きをつけるなら、、こうなるだろう。
でも、この2つの肩書に違和感があったので、その表記をしてこなかった。
もう10年以上ブログを書いているけれど、自分をブロガーだと思ったことがなかった。
たまたまブログという場所に書いているだけであって、ブロガーとして食べていこうとかがつがつした思いはあまりなかった。
一時期がつがつしてみようとして、広告入れたりアフリエイトはったりしていたけれど、なんかの拍子に広告が表示されなくなったりしたから、もうよくわからなくて、いったん放置していて、なんかそれはそれでいい気がしている。
読者としてほかのサイトにいくたびに、興味のないネットコミックの広告に出会うことが増えて、割とげんなりしているからだ。

なので、このブログから収益がでることはない。

文章で食べていきたいと思っているけれど、ブログから広告とかアフリエイトで広告を得られるような類の内容は興味もないし、書けないので、ブロガーとしては致命的な気がしていて、余計に名乗れなかった。
(買ったものを紹介するとか、ガジェットレポするとか、、、)

同じくもう10年以上会社員をやっているのに、何かの書類に会社員と丸をつけなくてはいけないときに、ずっと違和感があった。
会社員って平日スーツ着て働いている人のイメージだったので、時間も休みも不規則な自分が会社員だという気がどうしてもしなかった。
店で働いている人、勤め人みたいなイメージ。

昔も今もあまり会社に属している・・・という気持ちがない。
その会社で働いているという認識はあるし、果たすべき責務や役割の対価としてお給料をもらっているわけなので、しっかり仕事をしてきたつもりだし、今もしているつもりなのだが、どうも、心の底からなじめたことがない。
外からみるとすごくなじんでいるように見えるらしいのだが、心中はいつも透明なガラス越しに会社をみている感じだ。
中2病的な言い方をすると「どうやらここは自分の居場所ではない」という落ち着かない気持ちが常にある感じだ。
(そういう気持ちが仕事とプライベートをガッツリ分けたいと思うのかな。プライベートで店を利用してうんぬんって言われると、抵抗があるのはそのせいだと思う。)

「自分の名前で仕事をする」という宣言を最近した。
その時に気づいた。
私はブロガーにも会社員にもなりたくなかった。
自分の名前で(それは本名なのか、長年ネットの世界で生きてきた蒼という名前なのかはともかく)生きていきたかった。
それがどんな手段であれ、自分で生きていきたい。
ブログという世界に限定せず、会社という組織の中で生き続けるのも違うのだ。

社会の歯車として、私の代わりは数え切れないほど存在する。
今後それは自分の名前で仕事をする、といったところで同じことだろう。

どこで生きていても、私の代わりは存在する。
一つミスをしたら、取引をしてくれた人は新しい人を探すだろうし、
ミスをしなくてももっと腕がよく、価格が安い人を見つければそちらにいくだろう。

でも自分の生き方の代わりは誰にもできない。
私の人生において、誰かの、組織の歯車になって終わってはいけない。
やれることをやってるだけの世界は終わりにして、やりたいこと、魂が喜ぶ生き方へ今年はシフトしていく。

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告