広告

3月。
明らかに生活が停滞しだしている。
家でソファーで寝落ちしてしまったり、ご飯を食べる気が起きなかったり。
ちょっとパワーがいることにヤル気が起きなかっなり。
どんどん生活が崩れていっていて、辛い。

理由は明らか。
生活リズムがめちゃくちゃなのだ。
元々夜中まで働く生活をしてたが、これまでは通勤時間もそれほど長くなく、ある程度の時間的な統一感があった。

3月からそれが乱れだした。
まず、朝まで働くシフトが入ったことが大きい。
正直、二つ前の職を退職した理由の一つが、昼夜逆転生活の生活で体が悲鳴を挙げたことにあり、もう二度とその働き方をするつもりはなかった。
なかったんだが、気づいたら現場研修のシフトがそうなっていた。
朝まで働いて次の勤務が夕方まえ、ということもあり、、体が辛い。
以前もそういう睡眠時間が短い勤務をしてたが、通勤時間が全然ちがう。
昔は片道10分、今は片道1時間だ。
正直なところ、睡眠時間がガタガタだと辛い。
もっと若かった頃に辛かったのだから、今はもっと辛い。

体力削られると、どんなにネガティブ心理が少なくなったとしても、頭が痛い、体がだるい
など、不調がでてきて、ポジティブでは早々いられなくなる。

そう考えると、やはり生活リズムをきちんと整えることが、自分の人生を取り戻す最良のことなのだと思う。

今願うのは、朝に起きて、夜寝るというシンプルなこと。
遅くても1時には寝たい。
3食をほぼ同じ時間に食べたいし、ご飯の時間はゆっくり取りたい。
ゆっくりご飯を食べられないのも、ストレスである。
ご飯を食べながら気を休めたい。
早く寝なきゃとか、早く出かけなきゃとか、そういうご飯は望んでない。

というか、転職した理由としては、そういう生活を手に入れたいということも大きかった。
やりたいことと、自分の体と向き合って働き続けるということをかんがえていた。

立ち止まってみて、転職した理由がかなっているか?とおもうと、今はまだかなっていない。
かなってない理由は諸々あって、なかなか難しい。

でも昔ならただ我慢していた気がするけど、今はそういう訳では無い。
自分が大切だ。
自分の健康は自分で守らなくては!

人生を取り戻すためには、生活リズムは大切だ。
私は私の人生を大切に生きると、決めたのだ。

via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告