広告

経験して気づくことがある。

例えば、夜締めにいくだけだからまぁ、21連続で店いくけどやれるだろ、、って思ってたけど、7連勤ぐらいでマジで病むとか。
いや、6連勤までですね、、ギリギリいけるの。
それ以降は全てが憎いって思うのを超えて、私はこんなところで、、何をしてるのかしら、なんて人生において無駄な時間を過ごしてるのかしら、という境地になる。

借りたものをきれいに返すのは当たり前だと思っていたけれど、レンタルDVDを毎回子供に遊ばせてるのか、盤面傷だらけで再生不可になる人がいて、レンタル前と後できっちりチェックしてから、やんわりと指摘したらキレられたり。

逆にたくさんの人が手に取るものだから、状態が悪いこともあるよね、と思って利用していたけれど、人によっては「俺のこのDVD見れなかった時間はどう保障してくれんだ、てめぇ、殺すぞ!」みたいに怒る人もいる。

セクハラのニュースが世を騒がせてた頃、私の周りにはそれほどそういうことを言う人はいなくて、そんないるもんかなーって思って、居酒屋で働きだしたら、まさかの毎日レベルで下ネタいわれたり、手を握られたり、あげく、お姉さんいくら?とまでいわれる。酔っ払いがやることだから、笑ってあげてね的な雰囲気が当たり前にあることに死ぬほど驚き、これまでの自分の生活圏って幸福だったのだと思った。
周りにステキなジェントルマンのお友達がいなかったら、男性全てに殺意がわくレベルだったよ、いくら?って聞かれたの。

お客様には快適な環境で過ごしてもらうことを大切にして、そのためにサービスを徹底することをよしとしているので、そういうお店が好きで、お客様ファーストにできない環境は、どうしても違和感や、雑に接客してる感じになってしまって慣れないなとか。自分が行くお店もやっぱり、丁寧に接客されるかを気にして言っているなーとか。

自分に誠実である以上、相手に対しても誠実にできないようなことは、私にはできないなーとか。

いろいろ経験したことを書いてみたけど、こういう経験が価値観の指針になるのかなーと思う。もちろん事前に気づけたら、どんなにいいかしら、、と思うけど、やってみて傷ついてわかることもある気がする。

これを昔は失敗ととらえて、あの時こうしていれば、とか、あの人が教えてくれないから!とかもうそりゃぁ、人生を呪ったものだけど、今はただ、そういう経験が私の軸をより強固にして、世界をしっかり作り上げ、自分で自分を信じられるようになるのだと、思える。

ただ、当時の自分にこのアドバイスしても「今がしんどいねん!」ってキレられると思うんだけどね。特にセクハラ。そんなもん今後一生関わりたくない。

経験が軸を作り上げ、
わたしの中で言葉になり、
それを世界に向けて紡ぐ。

ブログやネットを通じて発信する人にとっては、大切なことなんだよな、と私は思う。

via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告