広告

久しぶりに来た駅。
最寄り駅からちょっとだけ電車に乗る。
住んでた頃はお気に入りで、休日いりびたっていた。

映画館があり、大きな本屋があり、カフェとフードコートがある。

4年振りに来たら、ちょっと変わっていた。
うわっ、昔働いてた某喫茶店が進出してる。
どこだ、運営している会社は。
あそこか?それともあそこか?と思わず当時の苦い気持ちがよぎったり。

今日はZOZOスーツと、体重計がもたらした現実と向き合うべく、ランニングシューズを購入。

苦手な店員さんとのやりとりを経て、購入。
そのままUNIQLOにいって、運動用のものを購入。

ご飯には痩せる気なさそうな、野菜たっぷり皿うどんを食べてしまったけれど。
カフェでお茶を飲みながら、本を読み、あれやこれやとノートにかく。

今日の私の時間とお金は、すべて私に使われている。

当たり前だけど、私が私のために使っているお金と時間である。

何だかとても尊い気がする。

これまでは時間が欠けてた。
こんなところに座ってる暇があるなら、あれしなきゃ、これしなきゃ!
ならまだしも、

そんな時間がなかった。

週に1度の休み。
相方が合わせてくれるから、2人で過ごせる大切な時間だったけど、やりたいことを入れる時間をやりくりするのが難しかった。
なにか予定を入れると、相方は少ししょんぼりする。
それに痛む心。

それの繰り返しだった。

やりたいことをやっても、
やりたいことをやれなくも、

心が満足しなかった。

すべての時間が自分の手の中にある。
叶えたい100の願いを書き出した時、

自分に主導権のある人生、
自分のスケジュールを握っている

と書いてあった。

握った分の自制心や、目標に向けての行動とか、課題はたくさんあるのだと思う。
でも今はただ嬉しく思う。

このぜいたくな時間に。

via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告