広告

昨日自分の肩書を見つけてしまった。

私は「ネガティブ・プロフェッショナル」である。
基本生きてるだけで発想がネガティブなのだ。
自己価値が低いし、自己肯定感も低い。
1年前に比べたら、「怒り!」みたいな感情には振り回されなくなった。
それでも、根幹にある「生きてるだけで発想がネガティブ」は別に変わらない。

え、意味が分からない!!っていう人もいると思う。
でも、たぶん「わかる、めっちゃわかる!!」っていう人もいると思う。

そもそも「ネガティブ・プロフェッショナル」ってどこでできたの?

それは、昨日「早起きできなくなってる」っていうブログの記事を書いているときにでてきた。
文章がすっと書きだされて、「これだ!!」って思った。

もともと自己肯定感、自己価値も低いし、なにかにつけてネガティブ。
今日はこれをしよう、というタスクリストを達成しても、「達成して当然じゃないの。」みたいな感じになる。
できなかったら、できなかったで「なんでできなかった」と落ち込む。
できてもできなくても結果が全部ネガティブに向かっていく。
ネガティブ・プロフェッショナル蒼、の本領発揮か、これは。

引用:夜型に戻りつつある原因とは。1日の満足度をあげて幸せに眠ることを目指そう!

そう私は「できてもできなくても、結果的に、全部ネガティブ思考」になる人間なのである。
自分に厳しいといえばかっこいいが、単に自分に愛がないし、やさしくない。

あと、基本的に「リスクを恐れる」「やったことないことは恐怖」「未来を考える時は、大概暗い」とかいろいろあるんですけど。

でもなんか、昨日「ネガティブ・プロフェッショナル」って思いついたら、なんかスッキリしちゃった。
ネガティブ・プロフェッショナルだと思ったら、「もう間違いなく、私この分野、めっちゃプロ」って思った。

自己探求するネガティブ・プロフェッショナルになりたい

ネガティブ・プロフェッショナルだから、じゃあ今後も人生を暗く生きるのかというと、それは違う。
別にそんなつもりはない
私は人生を楽しみたいと思っているし、自分が決めた道で生きていきたいと思う。
幸せになることをあきらめるわけじゃない。

基本がネガティブだとしたら、どうやって生きていこうか?ってこと。
ネガティブと手をつないで歩くにはどうしたらいいか、ってこと。
どうしてこんなにネガティブなんだろうか、とか。

そういうことに自己探求するネガティブ・プロフェッショナルになりたい。

「私ってなんでこんなにネガティブなんだろう。」って思う人はたくさんいるはず。

ネガティブって世の中的にはマイナスで。
本屋さんにはネガティブをなくす方法を書いた本があふれている。
人間関係でうまくいかない、自信がない、なんとなく毎日がもやもやしているとか、そりゃあもうたくさんの種類がある。

みんな、何かしらネガティブな気持ちを抱えて生きていると思う。
でも堂々と「ネガティブ」っていえないでしょ。

人前で明るくふるまって、人に好かれている人だって「私は八方美人なだけ。」って思っていたりする。
褒められても内心は「こんなのほんとは誰にでもできることなんだよ。」って思っている。
昨日はできなかった皿洗いを今日はできても、「みんな毎日当たり前にできるのに」って思ってしまう。

そういう人は世の中にたくさんいる。
隠れている。

ネガティブなくそうってもがいては、なくせなくて、よりネガティブになるんだ。

だって仕方ない、「生きてるだけで発想がネガティブ」なんだもん。
みんなネガティブ・プロフェッショナルになればいいんだよ。

なんか悲観的になったり、落ち込んだりしたら、
「さすが私、プロ」って思えばいいんだ。

この運動広めたい・・・。

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告