広告

摩天楼を創ろうとしたら、命が見えたんだ

摩天楼を創ろう、といいだしたのは誰だろう。
天に上って神様を超えようと、最初に思ったのは誰だろう。
神にもなれる!と人は日々、高く高く創っていったのだろう。

でも途中からきっと、神様なんてどうでもよくなったんじゃないか。
高くなればなるほど、遠くなっていく地上の灯り。
その灯りの下に集う、それは人生の灯り。
ここで果てが見えない天を仰ぐことと、地上で愛するものと人生を歩むこと。

あの灯りに帰りたい、
あの命の中に帰りたい、

1人ずつ、また1人ずつ、創り手は姿を消していくだろう。

それでも最後まで創ろうとする人はきっといて。
彼はどちらを見ていたんだろう。

天を見上げ続けたのか、
それとも

「摩天楼を創ろうとしたら、命が見えたんだ」
天に一番近い場所には、このメッセージが刻まれているという。

あとがき

高いビルは好きです。
未来都市のよう。
ルパン三世の「くたばれ!ノストラダムス」で超高層ビルがでてくる。
ビルの中に街がひとつできあがっていて、オリンピックだってできるビル。

夢があって高いビルや展望台は好きなのに、タワーオブテラーで一度、垂直落下パニックになってからは怖くなってしまった。
エレベーターで外が見えるタイプは、ほんとに苦手。
降りる時は多少足が震える。

スカイツリーぐらい高くなると、地上に自分がいたとは思えなかった。
ミニチュアカーが走っていて、地面は建物で埋め尽くされている、箱庭のようだった。
自分はどこへ来てしまったのだろう、地上には人がいるんだろうか?
そんなことを思ったのを、思い出しました。

こちらのお写真は、空気感フォトグラファーの花村貴史さんのお写真です。

購入はこちらから▼

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告