広告

先日、ブログ仲間のみこりんさんによる「ユメカキnote」のトライアル講座に参加してきました。
イラストや色を取り入れたワークを楽しくやっていると、気が付いたら「自分のミッション」が掘り下げられてました。
楽しく取り組んでいるのに、気が付いたらめちゃくちゃ発見があるんです。

しかも、その発見が自分の中からでてくる、というのがすごく幸せな気持ちになります。
色を塗ったり絵をかいたりする、自分が苦手だったはずなのに、いつの間にか楽しく手を動かしている。
絵も基本的な書き方を教えてもらえるから、なんとなくそれらしくなるから、うれしくなるし。
すごくステキなワークショップでした。
これ、私が書いたんです。絵を公開なんて人生で初!

そこから学んだことは、たくさんあります。
脳の働き方、マインドフルネスのやり方、そしてユメカキのやり方。

今日は印象に残ったエピソードを1つ。
自分が好きになったキャラクターを掘り下げていくと、自分を知ることになるって大発見です。

自分の好きなキャラクターを知ると、自分を知ることになる!

このワークショップには一つ宿題がありました。
「あなたが一番感動した、大好きな作品は何ですか?」という質問。
え~と、何にしようかなぁ~とすごく考えていったんです。
これがまさか、感動の展開になるとは!

好きな作品の登場人物や、感動したシーンなどを質問に答えるシートがあるので、それに書いていきます。
それが終わると、ペアになってシェアです。

シェアしていくと、とてもおもしろいのです。
なんだか、相手が選ぶキャラクターだったり、感動するポイントが、「この人が選ぶだろうな!」という感じがするのです。
特に私はペアになった方と、このワークの前からお知り合いだったので、余計にそういう思いがしました。
他の方も聞いたのですが、知らない方でもなんとなく「らしい!」って。

すると主催のみこりんさんから種明かし。
「好きなキャラクターの魅力=自分のいいところ」というところじゃないですか!
人が好きになるキャラクターは、自分に近いキャラクターを好きになるんだとか。
その他にも「感動したシーン」などからは、自分のミッションやポリシーが見えると。

改めて自分がかいたキャラクターの魅力などを見ました。

・凛としているところ
・人を見る目があるところ
・深い愛があるところ
・行動力!

って書いていたんです。
こんな素敵な資質が自分の中にあるのか!って思うと、とてつもなくうれしくなりました。

自分を好きになる方法って意外に身近にある!

自分のダメなところって、たくさん目につきます。
私は特に、人と比べてしまったりして、劣等感に苛まれて苦しい思いをすることが多い。
自分のいいところを考えたって、秒で「でも人に比べて」なんて思いにすり替わってしまう。
かえって苦しい思いになるんです。

じゃあ、いいところを人に聞けばいいじゃない!ってよくいわれるけれど、そもそも人にそういうことを頼むのも苦手。
「私のいいところ、教えてください!」って聞けてれば、就活の時に自己PRとかスムーズだったと思う。
そんな自分のために相手の時間を使ってもらうなんて、申し訳なくて無理無理。

でもこの方法なら、過去に好きになった映画、マンガ、ドラマなどを思い返せばいい。
なんで好きになったんだろう、どんなキャラクターが好きだったんだろう?って。

自分が生きていれば必ず、何か好きだったそういうものがあります。
そこから自分を探せるなら、そんなに楽しいものはないんじゃないでしょうか。

別に映画やドラマじゃなくてもいいと思います。
実在する方で「こんなことにあこがれている!」って憧れているポイントを書き出せばいい。
それだけでも共通点があるのです。

いろいろ好きだったキャラクターを探求してみようと思います!

関連の記事はこちら▼

私の大好きで、尊敬しているブロガー、琴市しづかさんのブログに関連する記事がありました!
こちらを読むと、より理解が深まります。

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告