広告

自分がかわいそうだと思うのは簡単です。
もうそういう人生だとあきらめるのも簡単です。

かわいそうだという証拠をどんどん作ればいいんです。
今回は、どうやって証拠を作るのかという方法と、どうやってその方法をやめたのか?という私の実体験を書きました。

「自分がかわいそうで、きっと世界が間違っていると思い込む簡単な方法」を10年やってきた

「自分がかわいそうだ」という証拠づくりは簡単です。
世界に向けてかわいそうだとアピールすればいいだけです。
SNSとかブログとかに「今日もつらかった」とか「私ってなんてだめなんだろう」って書いておけばいい。
かなしいね、とか押してくれるかもしれないし、「大丈夫?」って心配してくれるかも。
弱ってくれる人にみんな優しいから、それだけで心も癒されるし。
なのでまた、今日も書くとか。
「仕事がつらい。」「みんなわかってくれない。」

そのうち、その世界にいるのが当たり前になります。
楽になります。
だって、みんなが「かわいそう」「大丈夫?」って心配してくれるから。
必要とされている、みんなが私を愛してくれる、って。

「かわいそうな状況」に「怒りという名の正義」を織り交ぜていくとなおいいですね。
正義に共感してもらえるようになると、かなり快感です。
私が正しいのに、世界が間違っている!と自分に刷り込めます。

10年やってきたんで、私めちゃくちゃ自信があります、この方法。
ブログと、SNSで私はやり続けました。
何しろ「敵は世界」ですから、戦うヒロインモードはやりやすい。

強大な敵にぶつかって、傷だらけで倒れて、それでも「私は間違ってない」って立ち上がる。
ずっとその繰り返しで生きてきました。

これからも「自分がかわいそうで、きっと世界が間違っていると思い込む簡単な方法」をやりますか?

10年間「自分がかわいそうで、きっと世界が間違っていると思い込む簡単な方法」をやってきた私。
それを昨年末やめました。

続けて得られるものは、何もなかったから。

「かわいそう」ボタンを押してもらっている、自分の人生は変わったか。
「私は間違ってない」と叫び、そこに共感をしてくれる人はいました。
でも、何も変わりませんでした。
「大変だね」「なんとかなるといいね」っていう共感をもらって、終わるだけ。

10年続けて、もう疲れました。
自分の人生に怒っているだけの人生。
「かわいそう」といってもらえるだけの人生。

そして、「変わろう」と決めました。

本当の世界を受け止められる心になりたい。
自分の人生をあきらめて「かわいそう」と思わずに生きていきたい

だって、私の人生でしょ?
あなたはどうですか?

1週間に1個でもいい、「楽しいこと」発信しよう!

だからまず第1歩として、「かわいそう」とか「世界が間違っている!」ということを発信するのをやめました。
誰かに自分に変わって「かわいそう」って自分を裁いてもらうのをやめました。

もしも、これを読んでいる方で思い当たることがある方。

好きなことがたくさんありませんか?
本当はやりたいことがたくさんありませんか?

「自分がかわいそう」よりも、もっと発信したいことがきっとあります!!

まず第1歩として「楽しいこと」を発信していきましょう!
SNSやブログに書くこと、全部じゃなくていいです。
1週間に1個とか。
それぐらいから。
無理のない範囲で。

それが、「自分がかわいそう、きっと世界が間違っていると思いこむ簡単な方法」から脱出する第1歩です。

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告