広告

昨日の夜、ベッドに入ってから気づいてしまった。

「え、Amazon Primeビデオにセーラームーンあるじゃん!!!」

そうあった。

美少女戦士セーラームーンが!

最近改めて原作に忠実に作られた「セーラームーンCrystal」はあるのは知っていた。
でも昔の、私が子供時代に見ていたものはなかった。
映画が数本あがっているから、それは見られたけれど、やはりテレビシリーズへの思いでは別格だ。
原作とは設定が少し違うし、アニメオリジナルの話もあるけれどそのすべてが好きだった。
何よりも劇伴が大好き。
あの音楽を聴いた瞬間に、わっと当時のテンションが戻ってくる。

大人になった今見ると、いろいろツッコミどころが多い設定が多い。
多いけれど、特撮と同じくらい私にとって大切なことを教えてくれた作品。

セーラームーンは私に「慈愛」を教えてくれたから。

アイキャッチはちょっとチョコレートの色がセーラームーンっぽいので。

今見るとよく親とみていたなぁ~と思うアニメである

私が小さいころ、土曜日の19時に放映されていた。
頼み込んでみたとはいえ、父親もそろってみてる食卓で見るには・・・なかなか攻めている。

変身するときは大体裸だし、シーンによっては全裸とかもあったし。
キスシーンとかも多いし、昔からすると女性同士の恋愛も結構堂々と書かれているし。

父親が見ているとぶつぶついってて、「黙ってて!!」ってよく怒っていた(汗)

父について思うことはいろいろあるのですが・・・これに関しては一言いいたい。
申し訳ない!!
つまらないならいざ知らず、目のやり場に困ったであろう・・。

これは家族で見るにはちょっと、攻めすぎてますよねぇ(笑)

昔かっこいいと思っていたタキシード仮面が、今見ると全然違う

昔、タキシード仮面様って、かっこいいと思ってたんですよ。
ピンチに必ず助けにきてくれるし。

でも、ふと昨日「おぉ、セーラームーンじゃん!!」って発見していろいろストーリーを思い出してみて気づいてしまった。

「あれ?そんなにかっこよくない?」

大体どの話でも、さらわれて操られるし。
原作だとかなり顕著。
操られていなかったら、もっと簡単に解決できそうな気がする。

アニメに至っては、バラを投げるところはかっこいいが、そのあとに一言いうセリフの意味がわからない(笑)
迷言集にしたら、結構面白いと思う。

映画を見たら、決め台詞を言った瞬間に敵に「は?」っていわれてた。
私も敵と同感でした。

どうしてこういうキャラ設定にふっていったのか、大人になると疑問です。
仮面をつけると人が変わるのかしら。

今も見ると胸が熱くなるのは、友情がほしかったんだよなぁと思う

そんないろいろ「え、裸!」とか「なにいってんだ、この人」とかいろんなツッコミはあるけれど、それでも今見ても胸が熱くなる。

それはこれを見ていた、当時の私が友情に飢えていたからだ。
学校生活になじめていなかった。
友達はいたけれど、どうしても1枚壁があるような感じだった。

まず、周りの人間と話題があわなかったし、何を話しているかわからなかったのだ。
我が家は厳しく、テレビはNHKだけ。「ドラえもん」や「サザエさん」、そして「特撮」と「セーラームーン」だけが民放で見れた。
でも高学年になっていくと、周りはバラエティやドラマを見始める。
そういうことが一切わからないから、浮くのだ。

門限も厳しかった。常に5時までに帰らなくてはならず、外で友達と遊んでいても、先に一人だけ帰る事も多かった。
それもつらくて、だんだん外にも遊びに行かなくなった。

だから私は、友達が少なかった。
いたけれど、深い付き合いをできるような友達はできなかった。

セーラームーンは同じ学年の女の子たちが、世界を守る。
命を預けられる友情って、いいなぁ・・・うらやましいなぁ、自分にはないなぁ。
そういう気持ちでいたんじゃないかなぁ。

もちろん当時は、セーラームーンの世界観とか、悪に向かって戦うとか、そういうのが好きだったと思う。
単純にいつかは自分も特別な何かになれるんじゃないか、と思ったりしてたんだと思う。
セーラー服をきたいという夢はなかったけれど、変身はしたかった。

セーラームーンの世界にある慈愛が好きだ!

セーラームーンは初代のプリキュアみたいな肉弾戦はない。
圧倒的な強さ!みたいなものは、それほどない。

でも、何かを信じぬいてこそ発揮する強さとか、慈愛は宇宙クラス。
未来を守り始めた時もすごいなぁとおもっていたけれど、最後の最後は銀河を守っている。

信じぬく力、私もほしい。

しばらくはセーラームーン、、見ようと思う。

今日紹介したセーラームーンのおススメはこちら▼

私のおススメの映画はこれ、クライマックスはセーラームーンの世界観がすべてでている▼

原作ももう一度読みたい▼

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告