広告

目標がたてられない人間である。

会社員だったころ一番困った質問は「3年後にはどうなっていたいですか?」というもの。
そういう時はいつも「未来のことなんて誰にも分らないのに、なんで聞くんだろう?」と思っていた。
今、目の前の仕事を一生懸命やっているのに、なんでそこは評価されないんだろうと。

それが最近ようやくわかった。

未来が見える人じゃない自分を責めなくてもいい。
目指す目標がないことを責めなくてもいい。

私はこれまで通り、目の前のことを一生懸命、誠実にやっていく。

未来のことを考えられない人は、生きてちゃいけないと思っていた。

私は未来のことを考えられないことを、ものすごくコンプレックスに思っていた。
逆算手帳を買ってみたものの、全然ワクワクしないので使いこなせなかったり。
「こういう未来を目指してるから、その道筋がわかるから、歩いていくだけ」というような人に出会うたびに、生命の危険を感じていた。
大げさではなく、未来のことが考えられるのが普通だと思っていたので、それができない自分は死ぬんじゃないか、と思っていた。

その昔、会社のキャリア面談があった。
日々の積み重ねがすべての私も、体調が結構ぎりぎりでつらい季節だった。
だから思わず、上司との面談の時に
「私、未来のことなんて考えられません。どうなってるかなんてわからないし。とにかく生活費のために働いているんです!」
といったことがある。

その時に上司が心底憐れんだ顔をして「・・・だったら、バイトか派遣で生きたらいいんじゃない?」って一言。
シフトに穴もあけず、むしろ終わらない仕事や、スタッフのやりたい仕事のフォローなんかもめちゃくちゃやっていた時期だった。
でも、そんなことは全く評価されずに終わった。
あの面談を私は・・正直今も忘れない。

どれほど今の仕事を頑張ってやっても、未来の目標がないだけで評価されないんだ!ということは、心にぐさりと突き刺さった。

それから遠くの未来への目標を考えてみたり、一応設定して頑張ってみたりした。
でも、続かなかった。

全然楽しくないし、つらいだけだった。

だから、私はなにかの欠陥人間だと思っていた。

「目標」がない私って、もしかして死ぬんじゃない?!

ある日、たまたまなのだけれど、私のFacebookのタイムラインが「目標達成」系のものが連続で流れてきた。

目標達成のためにどうするのか、問題点書いてみた
目標を達成するために、自分の日々のログをとってみる
目標達成のために、この手法をやっていく

とかとか。

ちょうど私はその頃、「どうして私は目標を立てられないんだろう?」って悶々としていた時だった。
久しぶりに、「目標」と書かれている記事に傷ついたり、怒ったり、絶望したり、した。

コーチに相談して「目標達成できる人は、それほど多くはない」という情報を教えてもらって、少し気が楽になった。
でも、それでもだ。
フリーになって、目標がないって、イコール「私このまま、死ぬんじゃない?!」という恐れが消えなかった。

いや、正直もっと前からこういう恐怖には出会っていた。

やぎぺーさんのツイートに出会って、肩の力が抜けて目の前が拓けた

「目標」というよくわからないものにからめとられて、鬱々としていた時、やぎぺーさんのツイートに出会った。

二度見した。
え、「適応性」ってできないの?!
「適応性」が上位5つ入る私。

「出来ないので頑張る必要ないよ。」
という言葉に、肩の力がすっとぬけた。

積み重ねで成長していう人、それはまさに私の事だった。

あぁ、それでいいんだ。
今積み重ねて、また、積み重ねて、でいいんだ。

ストレングスファインダーに出会って、「未来志向」「戦略性」「目標志向」「達成欲」などが強みではないとわかっていたのに、
それでもつい、昔のあの憐れんだ目をされた痛みに引きずられていた。

こういうことをしたいから、こんなことをやってみる、

そういうことの繰り返しを積み重ねていけばいいのだ。

振り返ったら、ちゃんと私には積み上げてきたものが残ってきたのだから。

だから、これからも目の前のことをひたすら誠実にやるべし!!!

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告