広告

「いつもあの人を怒らせてしまう」
「また、話がかみ合わなかった」

そういう時、こんなこと考えてないだろうか。

「私の何が悪かったんだろう」
「何か私に問題があるから、こういうことが起きてしまうんだ。」

こうやって自分を悪者にして一方的に責めていないだろうか?

でも、でもちょっと考えてほしい。

「本当にそれは、自分が悪いんだろうか?」って。

いつもあの人をいらつかせてしまう

なんとなくいつも、話しているといらつかせている人がいる。
何を言っても、やっても「そうじゃない。」といわれたり、期待外れみたいな目で見られたり。

私もそうだった。
自分の言動によって変わる表情や顔色を過剰なほど意識していた。

今日もあの人を怒らせないように、
今日もあの人を怒らせないように、

でもそういうことを意識しても意識しても、全然うまくやれない。

そのたびに、「私がだめなんだ」と思って責めていた。

あの人がいらつくのは、本当にあなたのせい?

でもそこで、ちょっと考えてほしい。

「あの人がいらつくのは、本当に自分のせいなのか?」

例えばだけど、結論をださないといけない話があるとする。

Aさんは「プランAと、ダメだった時のプランBがすいすい思いついて、その過程に必要なことも見えてしまう」

Bさんは「熟考を重ねて、リスクがない一番ベストな道筋を見つけたい」

Cさんは「とりあえずやってみればいいし、失敗してから考えればいい。時間がもったいない」

もっといろんなパターンがあるだろうけれど、人によって考え方はこれだけ違う。
誰もがみんな「こういう考え方するの当たり前でしょ?」って思っているから、相手に裏切られたような気持になるだけ。

イラつかせている相手と、自分が全然思考パターンなだけかもしれない。
あなたがBさんで、相手がCさんだったら結論を出すまでのスピードが全く違う。

たぶん、それだけのことだったりしないだろうか。

最初からみんな、全然違う思考回路と、性格を持った人間なのだ。
というか、異星人ぐらいに思って生きていると楽かもしれない。

あなたは、あの人にないものをもっているのかもしれない

あの人があなたにイライラするのは、心の底であなたをうらやんでいるからかもしれない。

例えば
「笑顔で常に楽しそうに仕事をしているあなた」が、あの人にはうらやましいのかもしれない。
本当は仕事を楽しくやりたいのに、心にゆとりがなくて楽しめない

例えば
「あなたが書く字がとても美しい」ことがに劣等感を抱いているのかもしれない。
いつも「字が汚いよね」っていわれて、顔で笑って心で泣いているのかもしれない。

あなた自身が「え、私仕事楽しくない」とか思っていても関係なくて。
あの人にどう見えているか、というただそれだけのことなのだ。

あなたが悪いんじゃなくて、あの人自身の問題ということになる。

異星人ぐらい思考回路が違う、と思って観察してみるぐらいでいいかもしれません!

おススメ&関連する本▼

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告