広告

有名な本だったのですが、ようやく読む機会を得ました。

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たちを実は勝手に「うつになり・・長い道をかけて、ようやくぬけました」という一人の人の話を書いた本だと思っていました。

でも読んでみると、いろんな方がいろんな事情でうつになり、そして「うつとつきあっていく」というお話でした。

ひとくくりの病名になっていることが不思議になるほど多種多少

「うつヌケ」は、いろんな人の体験が集まった話でした。
なので、最初は拍子抜けしたんです。
ですが、読めば読むほど「いろんなきっかけがあるんだなぁ。」ってひきこまれました。。

「うつ」とか「うつ病」ってひとくくりで病名がついているけれど、全然違うんです。

仕事が原因になる人もいれば、仕事がきっかけでうつヌケの方向に向かっていく人もいる。
成功したことが原因になるかもしれないし。

もうきっかけなんて、全然わからないものなんだなぁと思いました。

私自体は心身を病んだときは、完全に仕事環境が原因だったので、「環境が合わない」「人があわない」時に追い詰められるのかなぁと思っていました。そしてその職場や会社を辞めた時に、楽になりました。

でも、そういう見方すら危ないのかもしれない。
そんな風に思いました。

自分を好きになること、がとても大切!

このマンガで、うつになる原因は「自分をきらいになるから」と書いています。
人間は本質的に「自分が好き」「肯定されたい」「必要とされたい」から、それが弱まってしまうと心が弱くなってしまう、と。

だから「自分が好き」「肯定されたい」「必要とされたい」をちゃんと満たしてあげるのが大切なんだなぁ~って。

他人に気を使うのと同じくらい自分にも気を使ってあげて!!

という言葉にはっとさせられました。

他人にばっかり目をやっていると、自分になんて全然目がいかない。
だから、他人に目を向けてあげるぐらい自分も大切にしてあげたいです。

私は自分の気持ちに正直に日々を過ごしたり、やりたいことをやると幸せです。
人から見ると「無計画」「未来からもっと目標もって」って思われると思うけど、それでいいんです。

私は幸せで、大切にしているのです。

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告