広告

小さいころ、ちょっと芸能人になったつもりで脳内取材をやっていた。

「最近お忙しそうですが、学校もちゃんと行けてる?」
「そうですね、今はお仕事が忙しいので宿題やるの難しいんですけど、えへへ。」

みたいなことを、宿題でやりながら想像してにやけていた。

なぜか小さいころから、トーク番組が好きで私は大人になったら、そういうものに出られると信じていた。
「徹子の部屋」、「笑っていいとも」のテレホンショッキング、「ごきげんよう」などなど。
全く持って疑いなく、いつかは出られると思っていたんだが、いつの間にか終わってしまう番組も増えた。

最近はそんなことをやってなかったが、今日「インタビューワーク」っていうものを知った。
「1年後の理想の自分になってインタビューに答える」というものだそうだ。
なにそれ、めっちゃ楽しそう。

誰かとやってもいいらしいが、自分でやってもいいらしい。

なので、河原でウォーキングしながら自分にインタビューしてみることにした。
結構楽しくてにやにやした。

未来のことを想像するのが苦手なので、最近のことについてインタビューしてみた。
(ちょっと赤裸々すぎるので、感じだけ再現してみた)

「最近何か、おもしろいことしてるんですって?」
「そうなんですよ~、実はホメホメ&感謝日記のグループをはじめたんです。」
「えぇ!そうなんですか?どうしてそういうことをはじめたんですか?」
「実は、自分が変わりたいと思ったのではじめたことなんですけどね、これがすごくよくて!」
「ほうほう、なるほど。」
「みんなとぜひやってみたくなったんですよね~~」
「へ~そうなんですか、どうです、何か大変なことはありますか?」

みたいな。

しゃべってると、思ったこともないようなことをぽろっといったりする。
あぁそうか、私ってこんなこと思ってたのかぁ~ってしゃべった瞬間に呆然としたり。

河原には歩く人、走る人、自転車に乗る人、犬を散歩してる人、いろいろいる。
そんな中で一人でしゃべりながら歩くなんて、どんな心臓してるの?!と思われたかもしれません。

でもみんな、大概イヤホンしているから大丈夫だと思います。
自転車の人は一瞬で通り過ぎるし、気を付けるのは犬を散歩してる人ぐらいかな。
それに今って、パッと見「ひとりごとかしら?それともスマホで話してるのかしら?」ってわからないと思うんで。
案外大丈夫なんじゃないでしょうか。

それでもちょっと恥ずかしいわ~っていう人は、おうちでやってくださいね。

私は今度は・・・インタビュワーを徹子さんだと思って想像してみるつもり。

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告