計算された記事を書くことができない、という悩み

広告

ここ数日、ブログがどうもかけない。
なんだか、しっくりこないのだ。
毎日書きたいのはこういう内容ではなかった気がする、と思ってうんうん悩んでいる。

好きなように書いていればいいってもんでも、もうないだろ!っていうあせりかもしれません。
ただ書いていても、読まれるわけではない現実も知っている。

「書きたいことを書く」、ことと、「読まれるように書く」、は、実はちょっと才能が違うように思います。

「文章を書くのが好きだ、ということか私にはない」とよくいうと、「書けない人だっているのだから」といっていただける。
そうかもしれないけれど、そのままではいけないんだよねぇ。

Twitterやブログの「PVをあげる」「稼げる」系の記事を読み漁ってみた。
ちょっと絶望しかけて、倒れそうになるぐらい、私にはハードルが高かった。
「高いといってる時点で、負け犬じゃん」という、なんか黒くて目がつりあがっているキャラクターがいうわけですよ。
「お前には無理だな。」と高笑いされているイメージが脳内にできあがりつつあります。

読まれるように書く。
ごく一部の超カリスマメッセージ系の人をのぞいては、論理的に書くこと、と認識しています。
結論ファーストで序文書いて、構成だてて、見出し付けて、みたいな。
SNSのように短く、早く、ささっと流して読めることが優先されるので、画像も入れ込んだほうがいいとか。
書く前に「勝てる」記事をかくためにキーワードを検索していれこむとか。

正直に言うと、私はこういうのがすごく苦手。
(というか、読んでくださっている方はとっくにご存知かもしれません)

 

私はそういう「計算された記事」は書けないのです。
「計算」している間に、私の心はもうどこかにいってしまう。
心のない記事を、私はもう書くことができません。

 

私は事前に記事を下書きしたり、構成を考えることも苦手です。
準備をしておけば、記事はいくらでも早く書けるし、構成で頭を悩ませることはありません。
明らかに早くなる。
クオリティも高くなる。

なのにそれをやれない。
やらない、のいいわけなのかな。
なんて自分を責めたり。

きっと、今1本の記事を書くときにこういうことを、脳内で一瞬ぐるぐるぐるって回っている。
それが、書けない原因だろうなぁ~。

そういう風に思って、今日はあえて思いっきり

構成も無視して
画像入れ込んでとか、
読まれないとダメとか、

そんなことはいったん、どうでもいいやと思って書いてみました。

何も考えずに、構成が整った文章を書ける人って才能だな~と思います。
私は何も考えずに、頭に思い浮かんだ内容を文章に起こすことができます。
それも才能かもしれません。

人は自分にないものをねだってしまうものなんだなぁと思っています。

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【徒然と日常を綴るツレヅリスト/書店員】
●2018年5月31日、自分を大切にしない働き方をやめました。
●現在は書店員(料理・手芸など以外の実用・芸術担当)
●ご機嫌に毎日を過ごす方法にチャレンジしてます。

twitter:@yazumi_aoi
Instagram:@aoi_2re2re

広告