広告

毎日言葉を紡ごうとしても、全く出てこない。
疲れているんだろうと思う。

今日は気分転換に喫茶店に行って本を読もうとしたら、数ページも読めなかった。
びっくりである。
縦書きの文字を、終えないのである。

あぁ、無理だ。と思う。
横文字の短文スクロールのSNSは読めるし、かける。
でも、小説でもなく短編エッセイなのに読めなくなっている。

集中できないのだ、文字を追うことが非常に疲れる。
字面を追うんだけど、なんだか全然入ってこない。

それでもなんとか読み切ったのだけれど、心はのっぺりとしたままだった。

文字がどうしても書けないし、読めない時がくるなんて、正直驚きだ。
だって私は「自分の頭の中を文字化できないってどういうこと?」って思っていた人だからだ。
「今日は書くことがない」という書き出しで2000字書ける人だった。

それがいま、ここまで書くのもしんどい。
その前にも何度か消したり、お蔵入りさせたり。

書くことをやめないように毎日細々と続けている。

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告