広告

「鉄道捜査官」は沢口靖子さん主演の2時間サスペンス。
前回ご紹介した「警視庁機動捜査隊216」が沢口靖子さんの”陰”の代表作だとしたら、この作品は明るい”陽”の作品だ。
どこかの部署とやりあうわけでもないし、部下もお調子者で美人に弱かったりする。
部署は架空の「警視庁鉄道捜査隊東京駅分駐所刑事課」というところだ。

1作目と3作目以外は「西村京太郎サスペンス」と銘打たれているが、実は西村先生が「鉄道捜査官」というシリーズを書いたわけではない。
原作は「十津川警部」シリーズで、主人公の捜査チームなど、起きる場所なども全部変えて作り替えられているのだ。
場所も違う。例えば河口湖が舞台のドラマの原作が、伊勢志摩だったり。
こうなると、全然別物ともいえるだろう。

西村京太郎サスペンスといえば、やはり鉄道トリック。
存分に楽しむことができます!

では、ご紹介します!

「鉄道捜査官」の面白さは、なんといっても鉄道トリックを暴くのが楽しい

鉄道といえば鉄道トリック。
鉄道が舞台のサスペンスも多いのですが、案外「鉄道の中で殺人が起きただけ」というものも多い。

でも、「鉄道捜査官」はがっつりトリックを暴く。
自分たちが現場に足を運んで、検証する。
電車に乗っていたアリバイを、いろんな交通網を駆使しして崩していく。
鉄道も使うけど、バイクも、モーターボートもなんでも使って崩していく。

捜査員同士が「一人は被害者の行動路線」「一人は犯人が使ったと思える路線」を使って検証する。
「なんで間に合ったんですか!!」
って一緒に、見ているこっちも驚く。
なるほどね、そういう感じでね!っておもうとおもしろい。

ちょっと不満があるとしたら、沢口さん演じる、主任の花村乃里子のひらめきがすごすぎることかな。
もっとダイヤを見比べたり、ネット検索を駆使したりして、必死に調べてほしいような気がする。
でも花村さんは「もしかしたら・・」とさらっとトリックを破ってしまう。
それほど「鉄子さん」でもないのに・・・。

でも、沢口靖子さんが解くと、なんかそれだけで説得力があるんだよな(笑)

鉄道詳しくないけど、ローカル線を車窓を見るのをが楽しい

私は鉄道詳しくないけれど、この舞台は地方の路線をたくさん走る。
日本の風景って、雄大だなぁ~と毎回思う。
渓谷とか、日本の川の流れとか。

私は旅行をしないから、そういう風景を見ることがほとんどない。
知らないで死ぬかもしれない。
でも、こうやって見ることができる。

2時間サスペンスは、全国各地で起きるから、旅行気分で味わうことができる!

沢口靖子さん演じる、花村乃里子派手な捕り物を見ることができる!

東京駅構内のパトロール中に、スリやひったくり、盗撮犯をとらえるのが冒頭に必ずある。
そこで、華麗な捕り物をみることができるのだ。
ちなみにクライマックスでも見ることができる。

沢口さんのイメージというと「科捜研の女」なので、体を使ったアクションがあるのは新鮮です。
(前回取り上げた「警視庁機動捜査隊216」もアクションがあるのですが、こちらは骨太です)

山村紅葉演じる、ママの神出鬼没すぎる

コメディー要素で欠かせないのが、山村紅葉さん演じる、小料理屋のママ。
8作目からでてくるのだが、インパクトがすごい。
もともとは売れっ子の新橋芸者だったらしくて、「あぁ、その人なら!」とかいって情報を教えてくれる・・ダメの役だった気がするのだが。
最近は捜査現場に堂々とやってきて、鉄道捜査隊が目を白黒させる、というのがお約束だ。

ママの何より不思議なことは、財力がすごいのだ。
ただ旅行に来ていたのよ~というだけならわかるが、着物や高そうな小物を爆買していたりする。
大物の方と知り合いだったりするので、捜査にさりげなく協力してくれる。

小料理屋のママと、山口竜央さん演じる大沢次郎さんが、小料理屋で「いい感じでネタを落としてくれる」。
お二人の魅力だろうが、押し付けがましく感じないところが、何よりステキ。

最新作が2018年5月放映、まだまだ続くといいな

「警視庁機動捜査隊216」と同じように最新作が2018年に放映されている。
2時間サスペンスがどんどん少なくなっている中、明るい話題だ。

メンバーの魅力も際立っているからかもしれない。
亡くなられた地井武男さんが初代の課長だったが、引き継いだ筧利夫さんの2代目の課長も風変わりで面白い。
元捜査一課の人間で、いろんなところに顔が利くとぼけているようで、最後の捕り物でも存分に実力を発揮する。

主任とよくコンビを組む、立花広太郎もお調子者で親しみがわく。
美人に弱く、「美人が相手だとフットワークが軽いなぁ」といわれるんだけど、いやらしい感じがない。
「いるよね、こういう後輩!」という感じだろうか。
演じる金子昇さんに、クリーンなイメージがあるからかもしれない。

他にも大塚千弘さんや、長谷川朝晴さんがいるが、それぞれ魅力的だ。

原作が限られているわけでもなく、これからもたくさん作られるといいなぁ~と思う。

鉄道捜査官をもっと知りたい方はこちら▼

Wikipediaで詳しい情報をどうぞ▼

Amazonでも最新作を見ることができます▼

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告