この「絶望」も淡々と生きると終わると知っている

広告

パタッと調子が悪くなることが多い。

それは悪い事がきっかけならいいが、いいことをきっかけにしてもおきる。

私の場合、それは、10月から仕事を新しくすることから始まったのかもしれない。

なにもわるいことはなく、むしろいいことなんだが、5月の爽快感とはちょっと違っていた。

そして、その気持ちが落ちた頃に追い打ちをかける、悪天候。
雨、気温が下がる、気圧も下がる。

体を動かす体力もどこかへ行ってしまい、家では久しぶりにソファーで死んでいる

でもなんとなく、これに終わりが来ることを知っているから、淡々と過ごそうと勤めている。

それで乗り切れなかったことは無い。

大丈夫。

大丈夫だと、私は知っている。
via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【徒然と日常を綴るツレヅリスト/書店員】
●2018年5月31日、自分を大切にしない働き方をやめました。
●現在は書店員(料理・手芸など以外の実用・芸術担当)
●ご機嫌に毎日を過ごす方法にチャレンジしてます。

twitter:@yazumi_aoi
Instagram:@aoi_2re2re

広告