広告

ちょっと前の世代だとしたら、この組み合わせを見たら、「トレンディードラマじゃん!」って思うんじゃなかろうか。

だって、浅野ゆう子×柳葉敏郎だもの。

こんな感じで懐かしいんではなかろうか▼

が、このドラマにトレンディーな要素は皆無で。

浅野ゆう子さん演じる、雨宮瑠璃子は元銀行員の中途採用で警視庁に採用された、財務捜査官。
膝より長いスカートをはき、黒縁メガネでぼそぼそと話す陰キャラ。

対して、柳葉敏郎さん演じる村上徳郎は、キャバクラに命をかけている体力とカンで生きてる刑事。
キャバ嬢への電話とメールは常に怠らず、命かけてる。
「しもしも、むらかみちゃんだよ~」って柳葉敏郎がいうから、許せる気がする。

そんな凸凹コンビが、事件を解決していく。

見ていると安心感のある主演コンビと、その周りを固める俳優さんたちの個性が楽しいドラマです。

「財務捜査官 雨宮瑠璃子」のオススメシーンは、ギバちゃんがズボンを脱ぐところ!

「おめぇも刑事の端くれだろ!」
「おめぇじゃありません、あ・ま・み・やです!」

というお約束のやり取りを聞くだけでも、安定感抜群のこのドラマ。
浅野ゆう子×柳葉敏郎のコンビネーションへの信頼感は強い。

私はトレンディードラマ世代ではないが、このドラマを知ったとき「え、夢のコンビネーション!!」って思ったもんね。
きっと私よりちょっとだけ上の世代は、懐かしくて食いついちゃうんじゃないだろうか。

そのドラマで私のオススメシーンは、「ギバちゃんがズボン脱ぐところ!」です。

劇中、柳葉敏郎さん演じる、村上さんが、雨宮の横でズボンを一回おろして履き直す、という謎のシーンがある。
「セクハラですよ!」と雨宮が毎回、悲鳴と抗議の声をあげる。

このシーンが好物である。
振り向くと横で、ギバちゃんがパンイチなんだよ。
なんか、なんか、得した気分じゃん。

たぶんそれを、浅野ゆう子さんが演じるキャラクターが「セクハラですよ!」っていうから成り立つシーンなんだろうなぁ。
毎回このシーンを楽しみに見ているんです、私は。
「今回はいつ脱ぐかな、ギバちゃん!」って。

財務解析センターの同僚たちの、層の厚さもいい。

梨本謙次郎さん、津田寛治さん、伊藤正之さんが同僚、伊武雅刀さんが上司。
誰が刑事で、誰が犯人でもおかしくないぐらい、層が熱い。
帳簿と向き合うキャラクターだから、全員が雨宮さんみたいに陰キャラかというと違う。
細かすぎるぐらい細かい人、筋トレしてチャラい人、誠実そうな人、などなど。

そんな層の厚いメンバーで、「お茶にしましょう」っていって、帳簿の話をしながらおやつを食べている。
その風景もいいんだよなぁ。
課長がお菓子を差し入れてくれるとか、神じゃん!!

結構アクティブに、事情徴収にいくようになったり。
回を重ねるごとに、張り込みしたり、尾行してみたり。

何よりもみんな、とてつもなくいい人なんですよね。

職場が、こんなに絵に描いたようないい人たちが集まっていたら、さぞ幸せだろうと思います。

特に梨本謙次郎さん演じる松下さんが、「私が付き合いましょう」って、雨宮さんを快くフォローしてくれるあたりが最高。
仕事に対しても、仲間に対しても真摯なメンバーと働くことができる。
これほど幸せなことがあろうか!!

帳簿は苦手だけれど、この職場で働きたい!!!
と強く願います。
(おやつにつられているわけではありませんよ)

財務捜査官 雨宮瑠璃子をもっと知りたい方はこちら▼

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告