広告

ブログの文体は難しい。

レポートや報告書を書くようなものでもない。
かといって、カフェでおしゃべりするようなラフさでも伝わらない。

微妙なブログの文体がある。
でもそれは万人共通というわけではないと思う。

そこが、その人の色、ということなんだろう。

今日は私の大好きなブログを紹介しながら、その人の文体について感じることを書いてみようと思う。

文体が大好きなブログ3選

1,「自分の心を殺してはいけない」しずかみちこさん

あまりにも素晴らしすぎて、嫉妬すらできないのがしずかさんのブログだ。
食、野球、ストレングスファインダーと幅広いのだけれど、全てにぐっと心をつかまれる。

なんというのだろうか。
もう「ぐっと心をつかまれる」以外の表現が見つからない。

私はしずかさんの愛してやまない野球には、まるで門外漢。
正直・・面白いと思ったことが人生で一度もない。

にもかかわらず、しずかさんの野球の記事を読んで涙を浮かべることがよくある。

先日更新された小野谷栄一さんの引退に関する記事▼

昼仕事の合間に休憩室で読んで、まさか泣くとは思わなかった。
だって、大変失礼ながら全然存じ上げない。
野球選手をほぼ誰も知らない。いま現役の人で知っている人は皆無である。

にもかかわらず、この小野谷選手の野球人生を紹介されて泣くのである。
その人の辛さを思い、その人と関わってきた監督を思い、チームメイトを思うと、胸が熱くなった。

しずかさんには、圧倒的な世界がある。
一度も交わることのない私と、野球の世界をやすやすとつなげてしまうだけの世界が。

2,「ファーストクラスで月へ行く」末光 咲織さん

さおりちゃんは、私と同じ時期に立花岳志さんのブログ塾、B塾にかよっていた同期生だ。
平日と休日というコースが違って、当時はあったことがなかった。

初めて読んだときは衝撃だった。

日常を繊細に切り取る文章。
同じ日常を過ごしたとして、こんなふうに文章を書けない。

嫉妬に狂いました。

重すぎることもなく、軽すぎることもない、絶妙な「さおり調」。
それを手にすることはもう諦めたけれど、今でも憧れています。

さおりちゃんのブログは、夜寝る前に、一息つきながら読みたい。
もしくはお風呂に入りながら。
心をリラックスさせてくれるブログです。

3,Kozmik Lodge@人生の一時停泊所 さとうよしをさん

よっちゃんのブログは別次元だ。
時々読んでいて、頭が破裂しそうになることがある。

よっちゃんのブログは見出しが襲ってくる。
最初は面食らうんだが、それが快感になる。
どMの気分になる。

よっちゃんのブログはどこに向かうかわからない。
なんかよくわからんが、読んでしまう。

よっちゃんのブログは感覚的だ。
感覚を文章で表現することができることを、よっちゃんのブログで知った。

よっちゃんは言葉の魔術師だ。
いや、本当に魔術師かもしれん。

そう信じてしまう。

心の内面を、こんなに詳細に書ける人を、私は知らない。
一面を切り取るんじゃなくて、全部書ける。

真似したいとか、うらやましいとか、ではない。
別次元なのだ、とにかく。

おまけ:私のブログには、文体の統一感がない

3人の素晴らしいブログを紹介したので、最後に自分のブログついて。

私のブログはなんなのか、と言う質問があったら。

「私です」としか答えられない。

文体が統一されているかどうかも、ちょっとわからない。
「ですます」で書くときもあれば、今日のように「である」形式で書くこともある。
ハイブリッドするときもある。(国語的にはNGのはずだ)

その時の頭の中次第だ。

頭の中で「~ですよね、そう思いませんか?」と思考すればそのように書く。
「~ではないのか。そうとしか思えない!」となればそのまま書く。

私のブログの文体が好きだ、というのはそれほどいないのではないか・・と思っている。
だって統一感ないし。

だから、憧れるんだろうな~、3人のブログに。

ご紹介した3名のブログ、大好きで大好きでたまらないブログです。
もしも、もしも、まだ読んだことがなければ、ぜひ読んでください!

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告