自分を偽らずに書くことは、才能だ

広告

いいこと書かなくちゃ、と、たまにあせる。

私はよく焦るのだ。
記事を検索されなくちゃ、とか、
こんな記事を書いて意味があるのか、とか。
読まれて恥ずかしくない記事を書かねば、とか。

そんなことを考えて、下書きにお蔵入りさせたりしてきた。

そして、「読まれて恥ずかしくない記事」とか思ってるって、自分にどれほどの自信があるのかと、ある日思った。

だって「読まれて恥ずかしくない記事」書けると思ってるんだもん、頑張れば。

そんなことはない。
むしろ頑張ったって書けない。
だって、記事を表に出てないんだもん。

恥ずかしくないように、って思える日まで眠らせてるんだもん。

恥ずかしくないように、と思うのと、
自分の記事のレベルは別問題なの。

堂々とやればいい。
毎日書いて、堂々とやっていけばいいの。

自分を偽らないで書くこと、それは才能だ。

via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【徒然と日常を綴るツレヅリスト/書店員】
●2018年5月31日、自分を大切にしない働き方をやめました。
●現在は書店員(料理・手芸など以外の実用・芸術担当)
●ご機嫌に毎日を過ごす方法にチャレンジしてます。

twitter:@yazumi_aoi
Instagram:@aoi_2re2re

広告