自分の中の「健全な部分」が削りとられていた時の対処法

広告

新しい仕事をはじめた。
大枠の部分は掴んた気がするし、なんとかやれそうな気はしている。

そういう感触を持つ一方で、何かが削り取られてることに無頓着だった。
体よりも、、心の健全な部分がなくなってきていること。

かっこよく言うと、、クリエイティブなところがなくなり、対人のキャパが全部小さくなる。

いつもがグランデサイズなら、今日はショートサイズ。

受け止められない。

そういう時はひたすら、2468というゲームを無心にするか、2時間サスペンスを見る。

適度に悪い人と、適度に事情のある人と、
適度な罪の告白がある。

私とは全く違う遠い世界。
決して関わることの無い世界。

眩しくもなければ、
暗すぎることもない世界。

それでよいのである。
via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【徒然と日常を綴るツレヅリスト/書店員】
●2018年5月31日、自分を大切にしない働き方をやめました。
●現在は書店員(料理・手芸など以外の実用・芸術担当)
●ご機嫌に毎日を過ごす方法にチャレンジしてます。

twitter:@yazumi_aoi
Instagram:@aoi_2re2re

広告