広告

今日、メンタルコーチとのセッションがあった。

最初は「大体のことって、2ヶ月も経つと燃え尽きて疲れてしまうんです、、」という相談をしていた。

でも深く話が進めば進むほど、違う感じになる。

例えば、メルカリも2ヶ月くらいたって売れる商品がなくなったころ、もういいかーと飽きた。
それは別にいい。

でも、、ホメホメ&感謝日記なんかもそうなのだ。頭では続けた方が実りあるかなーと思っていたりしても、投げ出したくなるぐらい心が限界になる。

私は、人と関わるのが一定のスパンが来ると消耗してしまうのだ。
関わることも、関われないことも、そういう全てに耐えられなくなってしまう。

それを私は今までずっと「一定のライン」と読んできた。きっとラインを超えるか超えないかのとこらまでくると、強固な防壁を作るのだと思う。

それをこの間、ブログに書いていた。

これ▼

それはビリーフだよ、とメンタルコーチにいわれた。

私は人と深く関わることを、無意識に避けるのだ。
所詮人とはわかりあえない、という思いを抱えているからだ。

私は長く付き合っている友達が少ない。
もちろんいるけれど、普段連絡をとったりすることはなくて、Facebookで近況を知るぐらいだ。

辞めた会社系の人間関係は、何一つない。
その瞬間に「過去」として、私の中では終わったフォルダーに片付けられるのだ。

会社の人とプライベートでご飯に行くとか、遊びにいくとかも、極端に少ない。
ないこともないが、誘われると後ずさりしてしまう。

だからみんなが、何かしらの思い出を共有している中、私はいつもどこか1人でみているポジションにいた。
お昼も1人で本を読みながら食べる。
みんなとワイワイ食べるのは居心地が悪い。

でも、決してその1人も居心地がいいわけでもないのに。

ネットもそうで、ご飯にみんなでいった!という情報をみると、「あぁ、誘われないポジションなんだな」と努めて淡々と眺めるようにしている。
そして、関係性をフェイドアウトしにかかる。
けれど、冷静にかんがえれば、深い付き合いを避けるような言動をとっているのだ。

それを反省して、何かしらやって見るものの、心が疲弊しきってしまい、、ネットから消えてしまうのだ。

ブログもそう。
私は自分に向かって本音の記録を書き綴ってきたけれど、誰かほかの人に向けて書く、ということは極端に少ない。
過去の自分にすら、気持ちが悪くて書けない。

今の私以外、私じゃないの。
という感じか。
過去の私すら、もう終わったものとして、私は興味を抱かない。

だからいうのだ。
「誰に読まれなくたっていいんです。」
「読んでほしいターゲット?いないんです。」
と。

その一方で、PVを伸ばしたいとかいうから、心がおかしな方向にねじれていくのだ。

小さい頃、テレビはずっとNHKだけだった。
サザエさんと、ドラえもんと、特撮だけ。
ドラマも、バラエティも見ることが叶わなかった。
門限も1人だけ1時間も早いし、友達の家に行く、というのも相手の親がいないと許可がおりないし、お小遣いもないから、駄菓子も買えずに、ずっと1人だった。

友達が何を話しているのか、みんながなにで盛り上がっているのか、わからない時代を過ごしているあいだに、私はこのビリーフを作り上げたのだと思う。

どうせ人とはわかりあえないのだから。
1人でいれば、それでいいのだから、と。

タイムマシンがあったら、当時の親をつかまえて、教育方針を罵倒しつくしてやるのになーと思わなくもない。
育て方を間違ってる、と、
子供時代はせまい世界で不幸だった、と。

でも、それが叶わないことも知ってるし、私は過去を変えられるとも思っていない。
親になんて、もう、なんの期待もない。

私は子供時代を本と、存在しえない向こうの世界を作ることで乗り切ってきた。

独り言が多いね、といわれてきたが、違うのだ、私は私の中の違うキャラクターと会話をすることで孤独を埋めてきた。

私はこちら側でどれほど孤独でもいい。
向こうに仲間がいるから。
そういうベースで文字を書き、創作をして生き抜いてきた。

でも大人になって、こちら側の世界に忙殺されるようになって、向こう側がなくなってしまった。

私は元の1人の世界に帰りたがっているんだろうか。
それとも、こちら側の世界で繋がりたがっているのだろうか。

あまりにも1人で、輪の外にいる人生を送りすぎていて、どう生きるのか今、よくわからないでいる。
via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告