広告

渋谷のハロウィンの惨状があまりにもひどい。
とチラホラ見かけるようになった。

既視感がある。

なんだっけ。

あぁ、成人式だ。

今もあるとは思うが、私が20歳になる時は全国的に成人式は荒れている、が始まったときだった。
式典嫌いだし、荒れてるなら行っても時間の無駄だ、と思って私はバイトをしていた。
(私を含めた同い年のグループが主戦力だったから、私以外はみんな成人式にいっていた)

みんな、仮装した(正装した)自分が主役だから、好き放題やっていい権利を持ってると勘違いする。
そして、日本人は楽しもうぜ、という時に酒を手放せない。

飲んで潰れようが、潰そうが、罪悪感みたいなものが恐ろしいほどない。

今日は無礼講、っていうのを間違えている気がする。
その意味を間違えているのは決して、20代とかの若者だけじゃなくて、40とか50とかの大人だってそうなんだから、日本人、全員ググってから生きていこうぜ、と呼びかけたくなる。

今日私のいった幕張メッセのイベントでも、アーティストさん主催のHalloweenパーティがあった。たまにドキッとしたメイクの人にすれ違うも、別にだから、何かが起きるわけでもない。

私が不勉強で知らなかったネット系のアーティストさんのイベントもあって、応援するメンバーのカラーやら、何かしらのグッズやら衣装やらの人たちもいた。
でもだからといって、何かが起きるわけでもない。

米津玄師さんのライブもやっていて、パーカーも着込んだクールな若者たちがあふれていたが、だからといって、何かが起きるわけでもない。

そしてゲームセンターCXのイベント。
老若男女そろいすぎて、逆に構成層がわかりにくいのにも関わらず、ある一定のアットホームさは揺るがない。

こんなバラバラなイベントがあるからといって、例えばファン同士争ったりする訳でもない。

たくさんの人が思い思いに集まるという点では、渋谷のハロウィンと変わらないけれど、平和だ。

誘導してくれるスタッフさんのご尽力ももちろんある。

だが、恐らくここにあるのは「主役達と、共に楽しむのが我らの務め。決して迷惑をかけてはならぬ」という共通のルールがあるからだろう。

自分たちが楽しむために好き放題やったツケは、もう二度とイベントが開かれない、アーティストが苦言を呈する、とか、悲しい現実として降り掛かってくるのだから。

今日のイベントを楽しみにしていた自分も主役だが、一緒に楽しむファンも主役だし、アーティストさん、課長、が主役である。

当たり前のことなのに、、なぜか、それが対象者が「自分だけ」に限定されると、この論理が崩壊するのが、日本人らしい。

成人式の主役?
俺、私。

ハロウィンの主役?
楽しんだもん勝ちでしょ=俺、私。

他に誰がいるの?
迷惑かけても、なんも損しねぇし。

みたいな。

そこにお酒が悪いブーストをかける。

ハロウィン、別に仮装して、普段と違う格好で冒険したっていいと思う。
楽しいよねー、私もまだ人生でしたことないけど、やってみたいよ、仮装。
いつもと違う自分って楽しいよねー。

でも。

そのハロウィン、あなた以外も主役だから。
仮装しないで普通に過ごす人も主役だから。
渋谷で働いてる人たちも主役だから。

みんな楽しい一日を過ごしたいのは、一緒だから。

あなたの家の前や仕事場の前がゴミ山だったら。
車を横転させる集団がいたら。
酒でそこら中につぶれて、ゲロ吐きまくるひとがいたら。

明日の朝生きる、あなたはどうですか。

via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告