書くという呪い

広告

半月前にブログをやめると宣言した。

いろんなところのリンクも外して、Facebookページもとじて、ブロガーという肩書きも消し去った。

で、半月経って戻ってきた。
早くね、、、と思う。

でも半月の間、私のしていたことといえば、

note書く
Twitterの書き込み増やす
誰も使ってなさそうな終末のブログサービスに書く

とかで、結局何かしらかいていた。

私にとって書くことは、呪いみたいなものなんだな、と思う。
踊るのをやめられない赤い靴みたいな。

復活させるときに、決めたことがある。

120%自分のために書くことにする。
いろんな夢を見て、さらに自分に呪いをかけたけれど、私は私のためにかいていた。
それ以上は私は求めてなかった。

叶えたい夢も、未来も、元々信じてなかったのだから。
あると夢見る呪いをなくすことは出来ないけれど、呪われたままでも生きることはできる。
Show must go on。
(ちょっと意味違うけど)

ブログをかきはじめることは、とても悲しいことだと思う。
書いても書いてもなお、渇くばかりで悲しいことだと思う。

それでも書くのは、、呪いという以外表現できない。
via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【徒然と日常を綴るツレヅリスト/書店員】
●2018年5月31日、自分を大切にしない働き方をやめました。
●現在は書店員(料理・手芸など以外の実用・芸術担当)
●ご機嫌に毎日を過ごす方法にチャレンジしてます。

twitter:@yazumi_aoi
Instagram:@aoi_2re2re

広告