広告

12月は、過去に働いた会社の入社月であり、Facebookの過去投稿をみるたびに、胸が締め付けれる。

「どんな上司にも耐えられるように」
という理由のパワハラ的な指導に耐えたり、
「半日以上働くのに休憩30分なの?」
というその分お金が払われてるからいいじゃない、みたいなとこだったり。

読むだけでなんか、記憶の底までざっくりクワでおこされて、血が吹きでそう。

その環境で出会った人達とのいい思い出もあるし、それはそれ、これはこれなんだけど。

ただ、「やれるやれる、だってもっとひどいこと経験してるし」というマインドでいる過去の自分が悲しい。

ひどいことと、ひどいこと比べても、ひどいこと以外のなにものでもないんじゃないでしょうか。

「今から殺しに行く」というお客さんの罵声と「お前は30過ぎて、デブで未婚だから人として終わってる」という上司のパワハラと、どっちがマシかなんて、比べるだけつらい。

今の生活は幸せですか?と聞かれると、答えにつまる気もするのですが、少なくともパワハラやセクハラもないし、休憩はしっかりとれるし、残業もそこまでないし、残業の裁量もこちらにある。それはいいかなーと思っている。

それとお金が見合えばいいんだけどね。
そこは私の生き方なんかな。

でも、ひどいことと、ひどいこと比べて、まだいけるって、言い聞かせていない。

この一点に置いては、今幸せだとおもう。
via PressSync

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告