広告

ツレヅリスト、蒼です。
今年の秋から書店員もやっております。

クリスマスも近づいてきて、プレゼントに困っているあなた。
本なんていかがですか?

「え、本?そんなん趣味合わなかったらどうするんだよ、子供へのプレゼントか何かかよ!」

とおもうかもしれませんが、難しく考えすぎなんじゃないでしょうか。
レジにいるといろいろありますよ、雑誌をラッピングしてほしいとか。
その雑誌もアイドルが表紙の限定本とかではなく、「お得100選!」みたいなやつで、雑誌の表紙に値段が大きく印刷されてるとか。

もっとハードル低くしてみるといいと思うんですよね。
眺めて楽しむぐらいのものでも、いいんじゃないかと、私は思っております。

そんな私が、今年プレゼントにいいんじゃないかと思っている本を5冊ほど紹介したいと思います。
何かの参考になれば幸いです。

蒼が気楽に選んでみたBEST5

世界の美しいボタン

手頃な小ささの本です。「世界の~」のシリーズはいろいろあります。
ブローチではなく、ボタン、というのが私は好きです。
ボタンは洋服に無くてはならないもので、必需品におしゃれ魂を盛り込む。
日本で言うところの、櫛とか、かんざしとか、印籠とかかな。

小さいものでキラキラとしたものが好きな方におすすめです。

くるみ割り人形

映画が流行ってるから?っていわれそうですが、そうではなく。
マリメッコのデザイナーさんが挿絵を書いている本で、表紙を見せて飾っておくだけでもおしゃれです。
シリーズに「雪の女王」とか「モミの木」もあって3冊そろえるのもかわいいかと。

ノーム 不思議な小人たち 新装愛蔵版

小さい頃「森の妖精ノーム」をBS2のアニメ放送で見ていました。
母親が本を持っていたので、あわせて読んでいました。
それが少しサイズが小さくなり、ソフトカバーになりました。

もう一度読み返したい人には、ぜひぜひおすすめの1冊。
ノームもトトロも、今どこにいけばあえるのかな。

アニメを懐かしみたい方、昔読んでいた本を読み返したい方。
小人や妖精が好きな方に、オススメ。

Koyamori画集 grow

これは私がすごくかわいいな~と思って仕入れた画集です。
カナダの水彩画家さん。
Instagramで68万人もフォロワーさんがいらっしゃるのです。

淡い色使い、なんとなく寂しそうな横顔の女の子。
見ているとキュンとしてしまうんですよね。

インターネットで作品を発表している方って、ついついネットで見られるからいいじゃん、と思いがち。
でも、見てるよ、応援してるよ!を本を買うことで表明できるのもいいことかな~と思っています。

かわいいイラストが好きな方、少し寂しげな女の子を推してしまう方。
そういう方にオススメ。

ダルちゃん1巻&2巻

これは今週発売になります。
資生堂のウェブ花椿にて2017年10月~2018年10月に連載されていたものです。
これは・・クリスマスプレゼントには重いかもしれない。
読んでいて辛くて泣いたこともあります。

お友達がtwitterでおすすめしていて、そこから1日で1話から読んだんですが。
幸せってどういうものなのか、つらいのに清々しい、そんな感じ。

「普通」を擬態して生きる、という描写に私を含めて多くの人が共感したんじゃないかな。
これは改めて記事にする予定です。

2018年12月8日追記:ダルちゃんの感想記事かきました▼

本を贈るときもちょっと肩の力を抜いて、選んでみるといいよ。
そんなオススメでした。

このブログが気に入ったらいいね ! をお願いします。
更新情報をお知らせします。

Twitter で

広告

この記事を書いた人

蒼(あおい)

蒼(あおい)

【灯台ブロガー】
●接客業を11年半やって、2018年5月31日で会社員を卒業しました!
●かつての私のように人生って暗闇だよねって思っている人に、灯台のように、北極星のように、そっと道を照らしてあげられる文章を書いて生きていきたい。

twitter:@yazumi_aoi

広告